FXの自動売買のメリット・デメリット。仕組みやシステムトレードのやり方

FXの自動売買とは?システム取引だから初心者におすすめ

「FXを始めたいけれど知識がない」という方には、自動売買ツールを使った取引方法がおすすめです。
自動売買なら、専門知識がなくてもシステムが自動で取引してくれます。

今回は、そんなFXの自動売買のメリット・デメリットや種類について解説していきます。
自動売買の始め方も紹介しているので参考にしてください。

今回のポイント
  • 自動売買はシステムが自動で取引を行うトレード方法
  • 自動売買ならFXの専門知識は必要なく、24時間チャンスを逃すことがない
  • 自動売買システムでも相場に対応しきれないこともある
  • ツールやプログラムによって設定の難易度やシステムが異なる

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

FXの自動売買とは?システムトレーダーからの口コミ

FXの自動売買とは、設定された売買ロジックに沿ってシステムが自動でFX取引を行ってくれる取引方法です。

システムがトレードを行ってくれることから「システムトレード」とも呼ばれます。

自動売買ツールを提供しているFX業者で口座を開設して利用するのが一般的でしょう。
取引プラットフォームに自動売買のプログラムをダウンロードして使う方法もあります。

FXの自動売買には、以下のような使い方があります。

たとえば、「朝の9時〜10時に注文を入れたい」と考えていても、その時間帯に仕事があると取引できません。

自動売買ツールに「朝9時に注文を入れる」と設定しておけば、そのルールに沿って自動で取引してくれるというわけです。

設定を行えばあとはシステムが取引してくれるため、日中が忙しい方やFX初心者の方でも手軽にトレードにのぞめるのが魅力です。

また、FXで自動売買を行うトレーダーからは「少しずつ利益が出ている」という声もあります。
※自動売買は収益を保証するものではありません。

システムトレーダーからの口コミ

「システム任せで稼げる?」と思う方もいるでしょうが、相場の状況やツールによっては収益が発生する可能性はあると考えていいでしょう。

「自動売買」と「裁量取引」の違い

自動売買と異なり、システムを使わずに自分で取引を行うことを「裁量取引」といいます。

自動売買と違い自分で取引を行うため、チャンスを逃さないためにもチャート画面を見続けていなければいけません。

裁量取引には自分の判断で売買できるというメリットはありますが、FXを専業にしていないのであれば自動売買が向いているといえるでしょう。

FXの自動売買のメリット3つ

FXで自動売買を行うメリットが次の3つです。

  • 24時間自動で取引を行える
  • 感情に左右されず売買タイミングに迷わない
  • FXトレードの専門知識が必要ない

自動売買はシステムが取引を行ってくれるため、時間を気にせず適切な売買タイミングで取引できます

FXの手法に関する専門的な知識も必要ないため、FX初心者でも始めやすい取引方法でしょう。

メリット①:24時間自動で取引を行える

FXで自動売買を行うメリットの1つが、24時間チャンスを逃すことなく取引できるという点です。
自分が値動きを追っていない時でも、収益のチャンスを逃すことはありません。

仕事がある平日の日中や、ニューヨーク市場がオープンしている深夜から早朝の時間帯でも、自動で取引をしてくれます。

メリット②:感情に左右されず売買タイミングに迷わない

自動売買なら、システムに沿った合理的な判断でFX取引を行うことができます

「もう少しでトレンドが回復するかもしれない」と期待していると、損切りのタイミングを逃してしまうかもしれません。
自動売買なら上記のように感情に左右されることもないため、適切な売買のタイミングを見極めることができると考えられます。

メリット③:FXトレードの専門知識が必要ない

FX経験者は、テクニカル分析ファンダメンタルズ分析といった手法をつかい、売買のタイミングを予測するのが一般的とされています。

分析手法には経済状況の理解やチャートの指標分析といった専門知識が必要ですが、自動売買なら専門知識は必要ありません
取引条件を設定するだけで、システム的にトレードができます。

今まで投資をしたことのないFX初心者にも、自動売買でのFXトレードはおすすめといえます。

FXの自動売買のデメリット2つ

一方で、FXの自動売買には次のようなデメリットもあります。

  • 相場が急変すると対応しきれない
  • 自分に合った設定にするのが難しい

デメリット①:相場が急変すると対応しきれない

FXの自動売買は、どんな状況でも対応しきれるわけではありません。

自動売買はあらかじめ「どんな取引を行うか」を設定しているため、そのプログラムの想定を超える相場の動きがあると対応できないというわけです。

急な相場の動きには、裁量取引の方が対応しやすいといえるでしょう。

自動売買でFX取引を行うなら、現在の相場にあったプログラムを選び使い分けていくことが大切です。

デメリット②:自分に合った設定にするのが難しい

FXには、実に多くの自動売買ツールやプログラムがあります。

多くのツールやプログラムの中から自分の取引スタイルにマッチするものを選び設定する難しさは、デメリットといえるでしょう。

たとえば、世界的に有名といわれる「MT4」という取引ツールでは、EAというプログラムを自分で組み合わせる必要があります。

ただし、自動売買ツールの中には、条件を絞るだけで簡単に設定できるものもあります。
また、人気のプログラムのランキング掲載を行うFX業者もあるため、まずは設定の手軽さや人気のプログラムから検討するといいでしょう。

FXの自動売買の種類

自動売買は「ツール」と「プログラム」に分けられます。
ゲームでたとえるのであれば、「ツール=ゲーム機本体」「プログラム=ゲームソフト」といったイメージです。

自動売買のツールとプログラムにそれぞれ種類があるため、以下で解説していきます。

自動売買ツールの種類

FXの自動売買ツールには2種類があります。

【開発型システムトレード】

  • 自動売買プログラム(EA)をダウンロードして取り込み使用するツール
    ※「MT4」といった取引ツールが開発型システムトレードに当てはまります。
  • 自分で取引ツールにプログラムを取り込んで設定する必要がある
  • プラグラムを書き換えることで、自分に合った設定に変えることができる
  • 自分でプログラミングすることも可能

→上級者向けの自動売買ツール


【選択型システムトレード】

  • 自動売買プログラムが複数組み込まれており、条件を選択して使用するツール
  • 取引設定を細かく調整しにくい

→初級・中級者向けの自動売買ツール

MT4といった開発型の自動売買ツールは、自動売買のソフトを取引ツールに導入する必要があります
プログラミン言語を用いて設定することもあるため、プログラミングの知識が必要です。

プログラミング化されたソフトもありますが、導入後の設定は自身で行う必要があるため、FXの上級者向けといえるでしょう。

一方で、選択型のツールは、用意された取引ルールを選択するだけのため設定の手間が少ないのが特徴です。

取引ツールに複数の自動売買プログラムが組み込まれており、その中から自分に合ったプログラムを選択することで使用できます。

また、スマホのアプリを提供しているツールもあり、スマホで場所を選ばずに自動売買設定や取引状況の確認をすることもできます。

プログラムを変更することはできませんが、設定が簡単のためFX初心者におすすめといえるでしょう。

自動売買プログラムの種類

自動売買システムのベースとなるプログラムには3種類があります。

  • プログラム型
    →システムが一定のルールに基づいて取引を行うプログラム
  • リピート型
    →特定の通貨ペアの取引を繰り返し行うプログラム
  • トレーダー型
    →実際に成果を出しているトレーダーのロジックを元に取引を行うプログラム

プログラム型は、プログラミングで売買ロジックを設定してつかう自動売買プログラムです。
「朝の9時にドル円を買う」「移動平均線がクロスしたら買う(または売る)」といった取引条件を自分なりに設定することができます。

開発型システムトレード(MT4またはMT5など)に組み込んでつかう、「EA(エキスパート・アドバイザー)」などがプログラム型です。

リピート型は、特定の通貨ペアの取引を繰り返し行うプログラムで、自動売買プログラムの中でも人気の高いプログラムといわれています。

たとえば「1ドル100円になったら買い、1ドル105円になったら売る」といった設定にして、取引することが可能です。

トレーダー型は、成果を出している個人投資家のロジックを元にしたプログラムです。
プロの取引ロジックを取り入れることができますが、その人の取引方法が自分に合わない可能性もあります。

FXでの自動売買のやり方

選択型ツールと開発型ツールごとの自動売買の始め方が以下の通りです。

【選択型システムトレード】

  1. FX口座を開設する
  2. ストラテジー(自動売買プログラム)を選択する
  3. 条件を設定して取引を行う

【開発型システムトレード】

  • FX口座を開設する
  • 取引プラットフォーム(MT4など)をインストールする
  • EA(自動売買プログラム)をダウンロードする
  • EAをMT4やMT5に導入する
  • EAの設定を行い稼働させる

※MT4やMT5は、MT4・MT5に対応しているFX会社でしか利用できません。

選択型の自動売買ツールであれば、ツールを提供しているFX会社で口座をつくり、専用ページから自動売買プログラムを選択するだけです。

あとは、取引枚数などを設定すれば、すぐにシステムトレードを始められるでしょう。

開発型ツールはプログラム(EA)が外付けのため、EAを自分で見つけてくる必要があります
おすすめのEAを紹介するFX会社もあるため、チェックしてください。

FXの自動売買の注意点

FXで自動売買を行う際は、次の3つの点に注意してください。

  • 有料の自動売買プログラムもある
  • 悪質な有料プログラムもある
  • 自動売買ツールを使っても稼げない場合はある

自動売買のプログラムの中には、有料版もあります。
高額で悪質な有料プログラムも存在するため、購入の際は注意を払いましょう。

また、自動売買は必ずしも収益がでるわけではないというのも留意点の1つです。

有料の自動売買プログラムもある

一般的にFXの自動売買プログラムは無料で利用できます

しかし、企業や個人が提供している自動売買プログラムの中には、有料のプログラムもあります

FXの収益やトレードスタイルから、無料版を使うか有料版を使うかを検討してください。

悪質な有料プログラムもある

詐欺を疑う悪質な自動売買プログラムもあるため注意してください。
低クオリティーの自動売買プログラムを数十万円と高額で販売する企業・個人業者も存在します。

極端に稼げることをアピールしていたり、ソフトが高額の場合は、購入を避けた方がいいでしょう。

自動売買ツールを使っても稼げない場合はある

自動売買でFX取引を行ったからといって、必ずしも稼げるとは限りません
上述した通り、相場が急変するタイミングではシステムが対応しきれないこともあるからです。

また、相場や自分の取引スタイルに合っていないシステムを使えば、損失がでる可能性も考えられます。

自動売買とはいえ放置するのではなく、その時の相場に応じてシステムを調整することも重要といえるでしょう。

まとめ

FXの自動売買は、システムが自動で取引してくれる取引手法です。

FXの自動売買のメリット
  • 24時間自動で取引を行える
  • 感情に左右されず売買タイミングに迷わない
  • FXトレードの専門知識が必要ない
FXの自動売買のデメリット
  • 相場が急変すると対応しきれない
  • 自分に合った設定にするのが難しい

時間を問わず設定した条件に沿って取引してくれるため、日中は仕事をしている人や専門知識のないFX初心者の方におすすめの取引方法といえるでしょう。

FXに興味を持っている方は、まずは無料の自動売買ツールで始めてはどうでしょうか。