FX手法のダブルトップ・ダブルボトムとは?だましを回避する方法も解説

ダブルトップ・ダブルボトムとは?見つけ方とダマシ対策について

今回は、FXのトレード手法の1つである「ダブルトップ」「ダブルボトム」の見つけ方や使い方について解説します。

FXのチャートの動きには法則があると考えられており、ダブルトップ・ダブルボトムもチャートの動きから読み取る分析方法です。
チャートの形から分析できるため、FXの分析手法が未経験の方でも取り組みやすいといわれています。

FXの手法を身につけたい方は参考にしてください。

今回のポイント
  • ダブルトップやダブルボトムはトレンド転換を狙った分析手法
  • ダブルトップは「売り」の判断材料になる
  • ダブルボトムは「買い」の判断材料になる
  • 相場の“だまし”には注意

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

FXの手法「ダブルトップ・ダブルボトム」とは?

ダブルトップやダブルボトムとは、価格が上昇から下降、または下降から上昇に変わる「トレンド転換」というテクニカル分析手法の1つです。
(関連記事:FXのテクニカル分析とは?意味ない?指標の種類とチャートの見方、注意点を解説

FXだけでなく、株価のチャート分析でも広く活用されているといわれる手法です。

冒頭でも述べた通り、チャートの形で分析できるためテクニカル分析がはじめての方にもおすすめの手法といえるでしょう。

ダブルトップの見つけ方

FXのダブルトップとは、チャートの形が「M字」に見えるのが特徴です。
ダブルトップは、上昇トレンドが終わるタイミングに現れるといわれています。

ダブルトップでは、以下のような動きとなります。

  1. 価格が上昇
  2. 一定の価格まで上昇すると、ネックライン(価格の最安値となるライン)まで下降
  3. 再び、前回上昇した価格まで上昇
  4. 同じく一定の価格まで上昇すると下降

価格が上昇しきった部分を「天井」と呼びます。

チャートが2度天井に当たると、2度目に価格が下落してネックラインを割り込むことでダブルトップとななります。

ダブルボトムの見つけ方

一方、ダブルボトムはチャートの形が「W字」になるパターンです。
ダブルトップとは逆で、価格が上昇するタイミングに現れるといわれています。

ダブルボトムでは、次のような流れでW字を形成します。

  1. 価格が下落
  2. 価格が一旦上昇
  3. 価格がネックラインまで上昇すると、再び下降
  4. 前回下落したラインまで達すると再び上昇

ダブルトップはネックラインの上でM字となりますが、ダブルボトムではネックラインよりも下でW字の動きをします。

1度ネックラインで上昇トレンドが押し戻され、2度目の上昇でネックラインを超えるとダブルボトムとなります。

ダブルトップ・ダブルボトムの見方・判断基準

続いて、ダブルトップとダブルボトムの使い方について解説します。

この2つは売りなのか買いなのかを判断する分析材料となります。

  • ダブルトップ:売りサイン
  • ダブルボトム:買いサイン

ダブルトップは売りの判断材料

ダブルトップでは上昇トレンドから下降トレンドに変わった時に現れるため、「売り」の判断材料となります。

ネックラインを下回るとダブルトップとなるため、ネックラインを超えたらトレンドが下降傾向であると判断できるでしょう。

売りのタイミングは、天井からネックラインまでの値幅と同じ下落幅に差し掛かるラインといわれています。

チャートがダブルトップになれば、天井からネックラインまでの値幅と下落幅をチェックしておきましょう。

ダブルボトムは買いの判断材料

ダブルボトムは下降から上昇トレンドに変わるタイミングに現れるため、「買い」の判断材料となります。

ダブルトップとは逆で、ネックラインを超えるとダブルボトムとなるため、ネックラインを超えるとトレンドが上昇する可能性があると分析できるというわけです。

ダブルボトムもダブルトップと同様に、最安値からネックラインまでの値幅と同じ分だけ上昇したラインが買いサインとなるといわれています。

ダブルトップ・ダブルボトムは”だまし”に注意点

FXでダブルトップまたはダブルボトムを活用する際は、“だまし”というものに注意が必要です。

だましとは、トレンドが上がったと見せかけてすぐに下降するといったフェイントをかけるようなチャートの動きのことです。

たとえば、チャートがダブルトップの動きになっていたとしましょう。
ネックラインを下回ったことで売り注文を入れたものの、だましですぐに上昇トレンドに戻ってしまい逆に損失を生んでしまうというわけです。

相場の動きは確実なものではなく、トレード手法の法則に反した動きをする場合もあるため、「ダブルトップ・ダブルボトムを意識していれば確実に稼げる」というわけではありません。

ダブルトップ・ダブルボトムのだましを回避する方法

FX取引でのだまし対策は、以下の2つのラインがポイントとなります。

  • ダブルポイント
    →レジスタンスライン(チャートの上昇を抑えるライン)
  • ダブルボトム
    →サポートライン(下落するチャートが反転するライン)

ダブルトップの場合、レジスタンスライン付近でダブルトップのM字が形成されているとだましが起こりにくいといわれています。

一般的には、レジスタンスラインは相場の上げ止まりの水準とされているため、売りの勢いが強くなる範囲と考えられているからです。

一方、ダブルボトムの場合は、サポートライン付近でダブルボトムのW字が形成されているとだましがおこりにくいといわれています。

サポートラインは「これ以上価格が下落しないと考えられるライン」とされているため、買い注文が増えて上昇しやすくなると考えられています。

具体的には、レジスタンスライン付近に出現したダブルトップと、サポートライン付近に出現したダブルボトムはセオリー通りになる傾向があります。

(引用:みんなのFX

だましを回避してダブルトップ・ダブルボトムでの勝率を高めるなら、レジスタンスライン付近とサポートライン付近での出現を狙うといいでしょう。

まとめ

チャートの動きでダブルトップまたはダブルボトムを見つけることで、売りや買いのタイミグを見極めることができます。

【ダブルトップ】

  • チャートの形が「M字」になるパターン
  • 売りサインの判断に役立つ

 

【ダブルボトム】

  • チャートの形が「W字」になるパターン
  • 買いサインの判断に役立つ

基本的には、天井やネックラインを基準にチャートが形成する形に注目するだけのため、FXを始めたばかりの方も取り組みやすいと思います。

だましに注意しつつ、ダブルトップ・ダブルボトムを活用してトレードを有利にしていきましょう。

その他の分析手法を知りたい方は、こちらもチェック↓