FXDDの評判は悪い?出金拒否の実態や安全性、スプレッドなどを解説

追証あり?ライセンス未取得?FXDDのメリット・デメリット

今回は、海外FX業者「FXDD」のメリット・デメリットについて解説していきます。

FXDDは、2002年に運営を開始した海外FXブローカーで、日本語対応のサポート体制や、最新プラットフォームMT5に対応している点が特徴です。

しかし、信頼性や安全性、スプレッドなどに関して不安が残るポイントもあります。

出金拒否の口コミやライセンスに関する安全性についても触れているため、口座開設を検討している方は参考にしてください。

今回のポイント
  • FXDDはライセンス未取得の可能性が高いため信頼性が乏しい
  • ゼロカットシステムはない可能性が高い
  • スタンダード口座のスプレッドは広め
  • 口座維持費や出金手数料といったコストが発生する場合もある
  • 日本語デスクのサポートを設けている
  • CFD商品から株式まで取扱銘柄が豊富

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

FXDDの評価まとめ

FXDDのメリットとデメリットをまとめたものがこちらです。

FXDDのメリット
  • 出金拒否のリスクは低い
  • 最大レバレッジが500倍
  • 入出金方法はクレジットカードからオンラインウォレットまで対応
  • 日本語デスク完備のサポート体制
  • 通貨ペアは67種類。金融商品が豊富
  • 最新の取引プラットフォーム「MT5」が使える
FXDDのデメリット
  • 金融ライセンス無登録で安全性に不安あり
  • 追証が発生した事例がある
  • ゼロカットシステムを撤廃
  • スタンダード口座のスプレッドが広い
  • ロスカット水準は証拠金維持率が100%以下と高い
  • 口座維持の手数料が発生する
  • 出金手数料がかかる
  • 入出金スピードが遅い
  • 顧客資産管理が分別管理のみ

上記の通り、FXDDは利用するにあたりデメリットの方が多い傾向にあります。

追証が発生した事例があったりライセンス未取得だったりという点は、不安が残るポイントではないでしょうか。

また、口座維持費や出金手数料が発生するケースもあり、利用コストも他の海外FX業者よりもかかってしまいます。

一方で、日本語サポートが整っていたり取扱銘柄が豊富だったりするのはメリットといえます。

最新プラットフォーム「MT5」も導入されているため、多くの銘柄を裁量取引したい方は検討の余地はあります。

FXDDの9つの弱み・デメリット

①金融ライセンス無登録で安全性に不安あり

FXDDは、金融ライセンスを所持していない無登録業者の可能性が高いです。
一般的には公式サイトにライセンス番号が記載されていますが、FXDDにはライセンス番号は見当たりません。

また、公式サイトに「バミューダ金融庁に登録されました」と記載もありますが、バミューダ金融庁で調べたところFXDDの登録情報は見当たりませんでした

fxddはバミューダ金融庁に登録情報がない出典:BERMUDA MONETARY AUTHORITY

 

※英字のサイトを日本語訳表示にしています。

海外FX業者の信頼性を表すとされるライセンスを持っていないという点は、不安が残るポイントといえます。

ラインセンス取得の海外FX業者を選びたい方は、こちらもあわせてチェック↓

②追証が発生した事例がある

FXDDの大きなデメリットの1つが、当時、追証なしのゼロカットシステムを採用しているにもかかわらず、過去に追証が発生した事例があることです。
※口座残高を超えるマイナス損失の支払いを請求するシステム

海外FX業者の中では最大手であったFXDDが2015年1月15日に起きたスイスフランショックでいきなり追証を請求してきた記憶はまだまだ新しいものです。

(引用:FXDDの追証問題について考察

上記の通り、スイスフランショックの際に強制ロスカットが間に合わずマイナスの損失が生まれてしまい、顧客に追証を請求する事態があったようです。

しかし、このスイスフランショックでは多くの海外FX業者がゼロカットシステムを執行したといわれています。

こういった事例があることから、今後同じように経済的に大きな動きがあると、追証が発生する可能性はゼロではないと考えられます。

③ゼロカットシステムを撤廃

前述したスイスフランショック以降、FXDDはゼロカットシステムを撤廃したといわれています。

ゼロカットシステムは、口座残高を上回る損失が出ても、そのマイナス損失をFX業者が負担してゼロにしてくれるサービスです。

このゼロカットシステムがなくなったということは、FXDDでマイナス損失が出てしまうと追証が発生してしまうことになります。
仮に残高を10万円も超える損失が出てしまうと、その10万円はあなたが支払う必要があります。

大きな損失が出ると追証発生のリスクがあるため、FXDDでの取引には注意が必要です。

追証をなしにするゼロカットの仕組みについてあわせて読む↓

④スタンダード口座のスプレッドが広い

FXDDでは、【スタンダード口座(STP)】【プレミアム口座(ECN)】の2種類の口座タイプが用意されています。

この中でもベーシックな口座といえるスタンダード口座は、スプレッドが他海外FX業者よりも広いです。

↓FXDDのスタンダード口座と他業者のSTP口座の比較

通貨ペア FXDD Titan FX AXIORY XM
USD/JPY 2.2pips 1.33pips 1.5pips 1.6pips
AUD/JPY 3.4pips 2.12pips 2.1pips 3.0pips
EUR/JPY 3.1pips 1.74pips 1.7pips 2.6pips
GBP/JPY 3.5pips 2.45pips 2.7pips 3.5pips
EUR/USD 1.8pips 1.20pips 1.3pips 1.6pips
GBP/USD 2.5pips 1.57pips 1.9pips 2.3pips
AUD/USD 1.8pips 1.52pips 2.1pips 1.8pips

↓FXDDのプレミアム口座と他業者のECN口座の比較※

通貨ペア FXDD Tiatn FX AXIORY XM
取引手数料
※1ロットあたり
往復0.598pips 往復0.7pips 往復0.6pips 往復1.0pips
USD/JPY 0.898pips
(0.3pips)
1.03pips
(0.33pips)
1.10pips
(0.50pips)
1.10pips
(0.10pips)
AUD/JPY 1.498pips
(0.9pips)
1.82pips
(1.12pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.80pips
(0.80pips)
EUR/JPY 1.298pips
(0.7pips)
1.44pips
(0.74pips)
1.30pips
(0.70pips)
1.60pips
(0.60pips)
GBP/JPY 1.598pips
(1.0pips)
2.15pips
(1.45pips)
2.30pips
(1.70pips)
2.10pips
(1.10pips)
EUR/USD 0.798pips
(0.2pips)
0.90pips
(0.20pips)
0.90pips
(0.3pips)
1.10pips
(0.10pips)
GBP/USD 1.198pips
(0.6pips)
1.27pips
(0.57pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.40pips
(0.40pips)
AUD/USD 1.298pips
(0.7pips)
1.22pips
(0.52pips)
1.20pips
(0.60pips)
1.30pips
(0.30pips)

※プレミアム口座は海外FX業者が介入しないECN方式のため、別途取引手数料が発生します。
取引手数料抜きのスプレッドは、カッコ内に記載しています。

上記の通り、スタンダード口座はほかの海外FX業者よりもスプレッドが広いのがわかります。

一方で、プレミアム口座は、他業者と同等か少し狭いスプレッド設定が特徴です。

スプレッドはスタンダード口座よりも狭いですが、取引手数料が別途発生する点は注意してください。
取引手数料は、メジャー通貨で往復0.598pips/1ロットその他の通貨ペアでは往復0.989pips/1ロットとなっています。

通貨ペアごとの取引手数料

【片道手数料:0.299pips】

  • EUR/USD
  • GBP/USD
  • USD/JPY
  • USD/CHF
  • AUD/USD
  • EUR/JPY
  • GBP/JPY

【片道手数料:0.499pips】

上記以外の通貨ペア

ベーシックなスタンダード口座はスプレッドが広いため、取引コストを抑えるならプレミアム口座を選ぶといいでしょう。

⑤ロスカット水準は証拠金維持率が100%以下と高い

FXDDのロスカット水準は、証拠金維持率が100%以下の時です。

一般的な海外FX業者のロスカット水準の平均が証拠金維持率が20%以下のため、平均水準と比べるとかなり高い設定といえます。
ある程度レバレッジをコントロールしないと、強制ロスカットされやすくなってしまうといえます。

高いレバレッジを効かせたトレードを好む方だと、ロスカット水準100%以下というのは使いにくさを感じる点かもしれません。

ロスカットの仕組みや強制決済の対処法についてもあわせて読む↓

海外FX業者「iFOREX」はロスカット水準0%のため、ギリギリまで取引できます↓

⑥口座維持の手数料が発生する

FXDDでは、3カ月間トレードを行っていないと口座維持費が発生します。

1月1日、4月1日、7月1日、10月1日の時点において直近3ヶ月間(90日間)、全くトレードをしていないライブ口座に対して口座維持費が掛かります。

(引用:FXDD

口座維持費は、取引が行われていない期間によって変動します。

期間別の口座維持費
  • 取引なしが1年未満:40ドル
  • 取引なしが1年以上2年未満:50ドル
  • 取引なしが2年以上3年未満:60ドル
  • 取引なしが3年以上:70ドル

ただし、口座残高が口座維持費を下回る場合、口座維持費は発生しません

FXDDで取引を長期間行わないのであれば、口座内の資金を引き出しておくのが賢明でしょう。

⑦出金手数料がかかる

FXDDでは、以下の条件で出金手数料が発生してしまいます。

  • 同月内で2回目以上の出金をした
    ⇒出金ごとに50ドルの手数料
  • 100ドル以下の銀行振込での出金
    ⇒その月の出金回数にかかわらず毎回25ドルの手数料

その月の初回の出金は手数料無料ですが、2回目以降からは毎回50ドル(5,000円相当)の手数料が発生します。

また、100ドル以下を銀行振込で出金する場合、出金回数に関係なく毎回25ドル(2,500円相当)の手数料がかかってしまう点にも注意が必要です。
銀行出金の場合でも、100ドル以上を出金するのであれば手数料は無料となります。

仮に100万円以下を2回目以降に出金しようとすると、《50ドル+25ドル+リフティングチャージ(3,000円〜4,000円)=10,000円相当〜11,500円相当》の手数料が発生することになります。

100万円以下の出金では手数料が高くなってしまうため、できる限り100万円以上のまとまった金額を出金するといいでしょう。

⑧入出金スピードが遅い

FXDDは入出金のスピードが遅いといわれています。

FXDDで用意されている入出金方法と、それぞれの反映時間がこちらです。

入金の反映時間 出金の反映時間
クレジットカード
(VISA)
1営業日 10営業日
銀行送金 3〜5営業日 3〜5営業日
bitwallet 1営業日 1〜2営業日
NETELLER 1営業日 1営業日

上記の通り、即日で入金できるといわれているクレジットカードやbitwalletでさえ、入金反映までに1営業日は必要です。

出金だと銀行送金で最大5営業日、bitwalletでも最大2営業日は必要となっています。

利用者の口コミからも「出金に時間がかかる」と不満の声が見受けられます。

入金してスムーズに取引を始めたい方にとってはネックとなるポイントではないでしょうか。

⑨顧客資産管理が分別管理のみ

FXDDの顧客資産の管理方法は「分別管理」となっています。

分別管理では、業者の運営資金と顧客資産を別々の口座で管理しているだけで、管理者自体はどちらもFXDDとなります。

そのため、万が一FXDDが倒産した場合、顧客資産も差し押さえられてしまい、返済されない可能性があるというわけです。

また、管理先の銀行名が公式サイトに明記されていないのも不安が残る点です。

FXDDの6つの強み・メリット

①出金拒否のリスクは低い

ライセンス未取得ということもあり、出金拒否の可能性を考える方も多いのではないでしょうか。

「詐欺を疑うような悪質な出金拒否をされた」という口コミはほとんどなく、利用者からも「出金できた」という声がありました

ライセンス未取得のため不安は残るものの、運営歴18年以上ということもあり悪質な出金拒否のリスクは低いと考えていいでしょう。

②最大レバレッジが500倍

FXDDの最大レバレッジは500倍となっています。

海外FXでは平均的ですが、国内FXの最大レバレッジ25倍と比べると資金効率よくトレードできるといえます。
国内FXの20分の1の証拠金で、同等のポジションを持つことが可能です。

ハイレバレッジ取引のメリット・デメリットもあわせてチェック↓

③入出金方法はクレジットカードからオンラインウォレットまで対応

先に触れた通り、FXDDでは4種類もの入金方法が用意されています。

手数料 入金反映時間 出金反映時間
銀行送金 無料 1営業日 10営業日
クレジットカード
(VISA)
無料 3〜5営業日 3〜5営業日
bitwallet 無料 1営業日 1〜2営業日
NETELLER 無料 1営業日 1営業日

※上述で触れた通り、2回目以降の出金、100ドル以下の銀行振込での出金では出金手数料が発生します。

中でも、「bitwallet」に対応しているのはメリットといえます。

bitwalletを利用すれば、VISA以外の《JCB、Mastercard、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、Discover Card》といったクレジットカードからもFXDDに入金することが可能だからです。

bitwalletは、維持費無料で口座開設自体も10分程度あれば完了します。
FXDDを利用する方は、bitwalletもあわせて開設しておくといいでしょう。

bitwalletの手数料や入出金方法について詳しく見る↓

④日本語デスク完備のサポート体制

FXDDは、日本語対応のサポートデスクを設けています

【対応時間】

  • 米国夏時間:日本時間(月)午前6時00分〜(土)午前5時55分
  • 米国冬時間:日本時間(月)午前7時00分〜(土)午前6時55分

【問い合わせ方法】

  • 電話
    《(+1) 212 720 7200》
  • メール
    《support.jp@fxddtrading.com》
  • チャット
    ※公式サイトから利用可能
  • コールバック
    ※公式サイトから利用可能

月曜日と土曜日、定休の日曜日以外なら、平日24時間対応しているそうです。

海外FXがはじめての方でも、わからないことがあれば日本語で問い合わせられるのは利用しやすいポイントといえるでしょう。

⑤通貨ペアは67種類。金融商品が豊富

FXDDは、金融商品の取り扱いが豊富です。

  • 通貨ペア数:67種類
  • 貴金属:7種類
  • エネルギー:3種類
  • 市場平均:12種類
  • 株式:23種類

FX通貨ペアは60種類以上も揃っているため、メジャーペアだけでなくマイナーな通貨ペアも取引できます。
通貨ペアのみならず、株式まで豊富に揃っているのはFXDDの魅力といえます。

⑥最新の取引プラットフォーム「MT5」が使える

FXDDでは、MT4の後継版となる「MT5」が利用できます。

MT4とMT5の特徴

●MT4

世界で最も普及しているプラットフォームといわれており、EAやインジケーターの数が豊富という点が特徴です。


●MT5

MT4の後継版で、動作スピードがMT4よりも向上しているといわれています。
また、時間足表示がMT4より多く、より詳細なチャート分析がしやすいのも特徴です。

インジケーターやEAを多用するシステムトレードメインのトレーダーなら、「MT4」が適しているでしょう。

一方で、裁量取引メインのトレーダーであれば「MT5」を使うのがおすすめといえます。

今すぐMT5のメリット・デメリット、評判を見る↓

まとめ

FXDDは信頼性や安全性に懸念を感じるものの、サポート体制が整い取引銘柄の豊富な海外FX業者です。

FXDDのメリット
  • 出金拒否のリスクは低い
  • 最大レバレッジが500倍
  • 入出金方法はクレジットカードからオンラインウォレットまで対応
  • 日本語デスク完備のサポート体制
  • 通貨ペアは67種類。金融商品が豊富
  • 最新の取引プラットフォーム「MT5」が使える
FXDDのデメリット
  • 金融ライセンス無登録で安全性に不安あり
  • 追証が発生した事例がある
  • ゼロカットシステムを撤廃
  • スタンダード口座のスプレッドが広い
  • ロスカット水準は証拠金維持率が100%以下と高い
  • 口座維持の手数料が発生する
  • 出金手数料がかかる
  • 入出金スピードが遅い
  • 顧客資産管理が分別管理のみ

ただし、金融ライセンス未登録の可能性があるため、口座開設は自己責任でお願いします。

ライセンス取得済みの海外FX業者を選びたい方は、以下のページも参考にしてください。

FXDDの基本情報

【会社情報】

詳細
所在地 Clarendon House,2 Church Street,Hamilton HM 11,Bermuda
ライセンス 無登録の可能性が高い
サービス開始 2002年
資産管理 分別管理
日本語対応 あり
サポート・問い合わせ
  • 電話
    《(+1) 212 720 7200》
  • メール
    《support.jp@fxddtrading.com》
  • チャット
    ※公式サイトから利用可能
  • コールバック
    ※公式サイトから利用可能

【口座情報】

スタンダード口座 プレミアム口座
最大レバレッジ 500倍 500倍
スプレッド
(ドル円)
2.2pips 0.3pips
取引手数料 無料 往復0.598pips/ロット
ロスカット水準 証拠金維持率が100%以下 証拠金維持率が100%以下
ゼロカット なし なし
取引プラットフォーム ・MT4
・MT5
・MT4
・MT5