海外FXのハイレバレッジのメリット・デメリット。国内FXと必要証拠金・利益を比較

ハイレバレッジトレードは危険?知っておきたいメリット・デメリット

国内FXでは2011年のレバレッジ規制以降、レバレッジは最大25倍までに制限されています。

しかし、海外FXなら100倍〜1,000倍のレバレッジをかけたアクティブな取引が可能です。

今回は、海外FXのレバレッジが高い理由ハイレバレッジのメリット・デメリットについて解説していきます。

今回のポイント
  • 海外FXはレバレッジ規制がないから高いレバレッジをかけることができる
  • ハイレバレッジトレードによる大きな損失に備えて「ゼロカットシステム」を採用した海外FX業者が多い
  • ハイレバレッジトレードなら、少額資金でも大きな利益を出せる可能性がある
  • ポジション量をコントロールできないと大きな損失がでるリスクもある

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

海外FXでは100倍〜1,000倍のレバレッジをかけることが可能

海外FXの魅力の1つがハイレバレッジのトレードができるということです。
海外FX業者で異なりますが、海外FXなら100倍〜1,000倍のレバレッジをかけて取引することができます。

一方で、国内FXでは2011年のレバレッジ規制により、最大レバレッジが25倍に引き下げられています
※参考:店頭FX業者の決済リスクへの対応について

国内FX業者だと、どこを利用しても最大25倍までしかレバレッジをかけることができないというわけです。

しかし、海外FX業者には国内FXのようなレバレッジ規制はありません
そのため数百倍から数千倍という高いレバレッジをかけて取引することが可能となっています。

海外FX業者ごとの最大レバレッジを比較

以下は有名といわれる海外FX業者の最大レバレッジを比較したものです。

海外FX業者ごとのレバレッジ倍率について知りたい方は参考にしてください。

海外FX業者 最大レバレッジ
FBS 3,000倍
HotForex 1,000倍
GEMFOREX 1,000倍
IS6FX 1,000倍
Milton Markets 1,000倍
BigBoss 999倍
XM 888倍
Titan FX 500倍
FXGT 500倍
LAND-FX 500倍
Tradeview 500倍
iFOREX 400倍
AXIORY 400倍
MYFX Markets 400倍
IFC Markets 400倍
FxPro 200倍

海外FXでは追証なし「ゼロカットシステム」を採用

海外FXの多くの業者では《ゼロカットシステム》という制度が採用されています。

ゼロカットシステムとは、残高を超える損失が出てしまってもマイナス損失を海外FX業者が負担して、マイナス分をゼロにしてくれる制度のことです。

高いレバレッジをかけたトレードで負けてしまうと、損失も大きくなってしまいます。
しかし、ゼロカットシステム採用の海外FX業者を利用すれば損失は“投資資金までに止まる”というわけです。

一方でゼロカットシステムがない国内FXだと、マイナス分の損失の支払い請求(追証)が発生してしまいます。

海外FXのハイレバレッジトレードの3つのメリット

海外FXのように数百倍と高いレバレッジをかけたトレードのメリットを以下で解説していきます。

  • 少額資金でも大きな金額でトレード可能
  • 大きな利益を狙いやすくなる
  • 強制ロスカットまでの許容pipsが大きくなる

高いレバレッジをかけられる環境であれば、少額資金でも大きなトレードが可能です。
たとえば、レバレッジを100倍に設定していれば、10万円の資金で1,000万円相当のトレードを行うことができるというわけです。

また、運用する金額が大きくなるほど利益が出た時のリターンも大きく、証拠金維持率も高くなりやすい傾向にあります。

①少額資金でも大きな金額でトレード可能

海外FXのハイレバレッジなら、少ない資金でも大きな金額を動かすことができます

以下の表で、レバレッジ毎に《ドル円・ユーロ円・ポンド円で1万通貨のポジションを持つのに必要な証拠金》をまとめてみました。

レバレッジ ドル円
(100円)
ユーロ円
(130円)
ポンド円
(150円)
25倍 40,000円 52,000円 60,000円
50倍 20,000円 26,000円 30,000円
100倍 10,000円 13,000円 15,000円
200倍 5,000円 6,500円 7,500円
400倍 2,500円 3,250円 3,750円
500倍 2,000円 2,600円 3,600円
800倍 1,250円 1,625円 1,875円
1,000倍 1,000円 1,300円 937円
2,000倍 500円 650円 468円

たとえば、国内FXの最大レバレッジ25倍では、1万通貨でも40,000円の証拠金が必要となります。

一方、海外FXのハイレバレッジで400倍を想定すると、1万通貨のエントリーの必要証拠金はわずか2,500円です。
2,500円で100万円相当のトレードを行うことができるというわけです。

②大きな利益を狙いやすくなる

海外FXのように高いレバレッジをかけるほどリターンは大きくなります

【国内FXの最大レバレッジ25倍の場合】

国内FXの場合、投資金10万円だとドル円で最大でも約23,000通貨のポジションを持つのが限界でしょう。

10pipsを抜いたとして2,300円の利益、100pipsを抜いたとしても23,000円しか利益が出ません。


【海外FXの最大レバレッジ400倍の場合】

海外FXでレバレッジ400倍をかけると、投資金10万円でも最大36万通貨ほどのポジションは持てるでしょう。

10pipsを抜いたとして36,000円の利益、100pipsを抜いたとすると36万円の利益が出ることになります。

リターンが大きい分、リスクも大きくなってしまうためハイレバレッジトレードは注意が必要です。

ですが、上述した通り、海外FXには追証なしのゼロカットシステムがあるため、ゼロカットシステム採用の業者ならマイナス損失を抱えることはありません

③強制ロスカットまでの許容pipsが大きくなる

海外FXのように高いレバレッジをかけることで、必要証拠金は少なくなります。

必要証拠金が少なくなると証拠金維持率が上がるため、強制ロスカットされにくくなるというのもハイレバレッジのメリットの1つです。

【条件】

  • 口座残残高:10万円
  • ドル円:100円
  • エントリー枚数:5万通貨
  • ロスカット水準:証拠金維持率が20%以下
    ※スプレッドは加味しない

■実効レバレッジ100倍

  • 5万通貨のエントリーをするための必要証拠金は50,000円
  • 口座残高が10万円から5万円になると証拠金維持率は100%

⇒口座残高が12,500円(含み損87,500円)になると強制ロスカット

強制ロスカットまでの許容pipsは175pips(87,500円÷50,000通貨)

 

■実効レバレッジ400倍

  • 5万通貨のエントリーをするための必要証拠金は12,500円
  • 口座残高が10万円から12,500円になると証拠金維持率は100%

⇒口座残高が2,500円(含み損97,500円)になると強制ロスカット

強制ロスカットまでの許容pipsは195pips(97,500円÷50,000通貨)

 

■実効レバレッジ800倍

  • 5万通貨のエントリーをするための必要証拠金は6,250円
  • 口座残高が10万円から6,250円になると証拠金維持率100%

⇒口座残高が1,250円(含み損98,750円)になると強制ロスカット

強制ロスカットまでの許容pipsは197pips(98,750円÷50,000通貨)

上記の通り、レバレッジが高くなるほど強制ロスカットまでの許容pips数が大きくなっていきます。

ポジション量を調整すれば、レバレッジが高い方が強制ロスカットされにくくなるといえるでしょう。

海外FXのハイレバレッジのデメリット・危険性

海外FXのハイレバレッジ取引のデメリットは、ポジション量の管理ができないと損失がでやすいということでしょう。

高いレバレッジをかけるほど動かせる金額と利益が出た際のリターンが大きくなります。

しかし、逆行を考えてポジション量をコントロールできていないと損失も大きくなるため注意が必要です。

レバレッジごとの損失

投資金10万円・ドル円100円のレートの場合

  • 【レバレッジ1倍】1,000通貨→ドル円99円で1,000円の損失
  • 【レバレッジ25倍】25,000通貨→ドル円99円で12,500円の損失
  • 【レバレッジ400倍】400,000通貨→ドル円99円で40万円の損失

このように、海外FXで400倍のレバレッジをかけた取引だと、1円動いただけで国内FX(レバレッジ25倍)よりも30倍以上の損失が出てしまいます。

高いレバレッジをかけたトレードには、大きなリスクが潜んでいることも覚えておきましょう。

海外FXのハイレバレッジトレードのまとめ

高いレバレッジに惹かれて海外FXに興味を持った方は、ハイレバレッジのリスクにも気をつけて利用しましょう。

ハイレバレッジのメリット
  • 少額資金でも大きな金額でトレード可能
  • 大きな利益を狙いやすくなる
  • 強制ロスカットまでの許容pipsが大きくなる
ハイレバレッジのデメリット

ポジション量の管理ができないと大きな損失がでやすい

ハイレバレッジトレードなら、少ない資金で大きな金額を動かすことが可能です。
また利益が出た時のリターンも大きく、一攫千金を狙えるチャンスもあるといえるでしょう。

その反面、損失も大きくなるため、ポジション量の管理が大切です。

これから海外FXを始める方は以下のページを参考に、ハイレバレッジを提供する海外FX業者を探してください。

↓ボーナスキャンペーンを活用したい方は、こちらをチェック。