FXのレバレッジとは?かけ方や仕組みを知ってリスクを減らそう

FXでレバレッジをかけるのは危険?設定目安や計算方法まで解説

FXでは「レバレッジ」をかけて取引することができます。

レバレッジをかけた取引は、リターンが大きなることがメリットの1つです。
しかし、レバレッジの仕組みを理解しておかないと、逆に大きな損失を生む危険性もあります

今回は、FXのレバレッジの仕組みや倍率のかけ方、リスクについて解説していきます。

今回のポイント
  • レバレッジとは投資額以上のお金を運用できるシステム
  • 国内FXのレバレッジは最大25倍までに規制されている
  • レバレッジをかけるとリターンが大きくなるが、損失も拡大する
  • 高いレバレッジをかけるとロスカットのリスクが高まる

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

FXのレバレッジとは?仕組みと計算方法

レバレッジとは「てこ」という意味で、FXではレバレッジをかけると投資した金額以上の資金を運用することができます
てこの原理の仕組みと同じで、少ない力(投資額)で大きなもの(資金)を動かすことができるというわけです。

たとえば、10万円の必要証拠金で10倍のレバレッジをかけたとすると、100万円分の取引を行うことができます

また、取引時にどのくらいのレバレッジがかかっているかは、以下の計算で算出することが可能です。

レバレッジの計算方法

取引金額÷投資資金=レバレッジ


●投資資金100万円、取引金額100万円の場合
→100万÷100万=レバレッジ1倍

●投資資金10万円、取引金額100万円の場合
→100万÷10万=レバレッジ10倍

●投資資金50万円、取引金額1,000万円の場合
→1,000万÷50万=レバレッジ20倍

それだけでなく、レバレッジをつかって取引金額に必要な証拠金を算出することもできます。

取引金額÷レバレッジ=必要証拠金


【例】20倍のレバレッジをかけて、1,000万円の取引を行う場合

1,000万÷20万=必要証拠金は50万円

国内FXと海外FXで最大レバレッジが異なる

レバレッジの最大倍率は、国内FXと海外FXで異なります。

  • 国内FX:最大25倍までに規制
  • 海外FX:レバレッジ上限に規制なし

海外FXには規制がないため、100倍〜1,000倍と高いレバレッジをかけることも可能です。

一方、国内FXは、2011年の金融商品取引業に関する改正でFXのレバレッジが25倍までに定められました

改正府令により、外国為替証拠金取引(FX)のレバレッジが 2010年8月より最大50倍、2011年8月より最大25倍に規制される。

(引用:大和総研「FXレバレッジ規制「最大25倍」の意味」

国内FXを利用する場合、レバレッジは最大で25倍までとなるため覚えておきましょう。

レバレッジなし(倍率1倍)の取引も可能

レバレッジなしの状態でFX取引を行うことも可能です。

レバレッジがないというのは、正確にはレバレッジ1倍の状態となります。
レバレッジを1倍にすれば、投資資金と同じ金額の取引をすることができるというわけです。

後述で解説するようにレバレッジをかけることにはリスクも伴うため、慣れるまではレバレッジなしというのも1つの手でしょう。

FXでレバレッジかけるメリット2つ

FXでレバレッジをかけることのメリットが次の通りです。

  • リターンが大きくなる
  • 必要証拠金が少なくなる

メリット①:リターンが大きくなる

レバレッジをかけるメリットの1つが、トレードに勝てば大きな利益を獲得できる可能性があるという点です。

レバレッジをかけると投資額以上のお金を動かせるため、その分リターンが大きくなるというわけです。

レバレッジによる利益の違い

【レバレッジなしの場合】

  • 1ドル:100円
  • レバレッジ:なし(1倍)
  • 投資額:10万円
  • 取引量:1万通貨

↓1ドルが110円に変動

取引金額10万円が11万円になる=1万円の利益


【レバレッジ25倍の場合】

  • 1ドル:100円
  • レバレッジ:25倍
  • 投資額:10万円
  • 取引量:1万通貨

↓1ドルが110円に変動

取引金額250万円が275万円になる=25万円の利益

このように、レバレッジなしとレバレッジ25倍で比べると、同じ投資額でも利益は25倍も違ってきます。

メリット②:必要証拠金が少なくなる

レバレッジの倍率が高いほど必要証拠金も少なくなります

レバレッジと必要証拠金の関係性

【レバレッジなしの場合】

  • 1ドル:100円
  • レバレッジ:なし(1倍)
  • 投資額:10万円
  • 取引量:1万通貨

→取引金額は10万円


【レバレッジ25倍の場合】

  • 1ドル:100円
  • レバレッジ:25倍
  • 投資額:10万円
  • 取引量:1万通貨

→取引金額は250万円

上記の例の場合、レバレッジなしでは必要証拠金10万円で10万円分の取引しかできません。

しかし、25倍のレバレッジをかけることで、同じ必要証拠金10万円でも250万円分の取引ができます

レバレッジをかけることで、資金効率が良くなると考えられます。

FXでレバレッジかけるデメリット2つ

FXのレバレッジはメリットばかりではなく、以下のようなデメリットも考えられます。

  • 損失が大きくなる
  • 証拠金維持率が低下してロスカットされやすくなる

リターンが大きくなるということは、その分損失も拡大します。

また、強制ロスカットもされやすくなるため、高いレバレッジをかける際は証拠金維持率に注意を払いましょう。
※証拠金維持率が低下した際に、残高を超える損失を防ぐために強制的に決済されるシステムです。

デメリット①:損失も大きくなる

レバレッジをかけるとリターンが大きくなるということは、それだけ損失が大きくなるリスクもあります

たとえば以下の場合、レバレッジ25倍で勝てば25万円の利益ですが、値動きが逆行してしまうと25万円の損失が発生する可能性もあります。

【レバレッジなしの場合】

  • 1ドル:100円
  • レバレッジ:なし(1倍)
  • 投資額:10万円
  • 取引量:1万通貨

↓1ドルが110円に変動

取引金額10万円が11万円になる=1万円の利益


【レバレッジ25倍の場合】

  • 1ドル:100円
  • レバレッジ:25倍
  • 投資額:10万円
  • 取引量:1万通貨

↓1ドルが110円に変動

取引金額250万円が275万円になる=25万円の利益

また、相場の急変動でロスカットが間に合わないと、損失が残高を上回り追証が発生する危険性も考えられるでしょう。
※残高を超えたマイナス分の損失が請求させることです。

デメリット②:証拠金維持率が低下してロスカットされやすくなる

レバレッジをかけると、証拠金維持率が低下するためロスカットされるリスクも高くなります

証拠金維持率が100%以下でロスカットの場合

※ロスカット水準となる証拠金維持率は、【純資産÷必要証拠金×100=証拠金維持率(%)】で計算できます。

【レバレッジ5倍】

  • 口座残高:500万円
  • 投資資金:25万円

500万円÷125万円×100=証拠金維持率は400%

→ロスカットされない


【レバレッジ25倍】

  • 口座残高:500万円
  • 投資資金:25万円

500万円÷500万円×100=証拠金維持率は100%

→ロスカットされる

上記の例の場合、レバレッジを25倍に設定すると取引を開始した直後に強制ロスカットされかねません

高いレバレッジをかける際は、証拠金維持率に気をつけましょう。

残高に資金を多めに預けておく

レバレッジによるロスカットのリスクを抑えるためには、残高に必要証拠金よりも多めの資金を入れておくのがいいと考えられています。

口座残高が多くなるほど、証拠金維持率が高くなるからです。

相場の変動が起きて証拠金維持率が低下してきたら、残高に追加入金するのもいいでしょう。

ロスカットの仕組み・対策を知っておけば強制決済を回避しやすいです↓

FXのレバレッジのかけ方。初心者は何倍がおすすめ?

FX初心者の方であれば、一般的にレバレッジは3倍の設定が望ましいといわれています。
レバレッジ3倍であれば、証拠金不足によるロスカットのリスクを抑えられるとされているからです。

一般的に初心者の場合は、実効レバレッジを3倍程度にとどめておけば、そう容易く証拠金不足に追い込まれることはないと言われています。

(引用:FX初心者は少額から始めよう!失敗しないための運用方法を解説

最大でも10倍までをレバレッジ設定の目安にするといいでしょう。

レバレッジ25倍のような高い倍率はリスクも拡大するため、初心者の方にはおすすめできないといえます。

レバレッジを後から変更できるFX会社もあるため、そういった業者の口座を使っているならはじめは低めに設定し、慣れてきたらレバレッジを上げてはどうでしょうか。

固定レバレッジの場合は「実効レバレッジ」で調整

レバレッジが最大の25倍に固定されているFX会社もあります。
レバレッジが固定されている業者であれば、「実効レバレッジ」でコントロールするといいでしょう。

通常のレバレッジ(証拠金倍率)は必要証拠金の計算などに使う倍率で、実効レバレッジは実際に取引にかけるレバレッジのことです。

レバレッジが25倍に設定されていても、ポジション量を控えることでレバレッジを低くすることができます。

  • レバレッジが25倍に固定
  • 必要証拠金は50万円

→50万円分の取引を行ったとすると実効レバレッジは1倍
→1,250万円分の取引を行ったとすると実効レバレッジは25倍

固定レバレッジは、一般的には“ポジションを最大まで建てる時の上限”ということになります。
固定されたレバレッジで取引しないといけないわけではありません。

レバレッジが固定されているなら、実効レバレッジで倍率をコントロールしてください。

まとめ

FXのレバレッジは、大きな利益を生む可能性はありますが、同じくらい大きなリスクが潜んでいます。

レバレッジをかけるメリット
  • リターンが大きくなる
  • 必要証拠金が少なくなる
レバレッジをかけるデメリット
  • 損失が大きくなる
  • 証拠金維持率が低下してロスカットされやすくなる

FX初心者の方であれば、まずはレバレッジ3倍から始めてはどうでしょうか

証拠金維持率や実効レバレッジに注目すれば、レバレッジによるリスクは抑えられるでしょう。
上手にレバレッジをコントロールして、取引にのぞんでください。