海外FXの強制ロスカットとは?計算方法やロスカット水準比較、ゼロカットとの違い

海外FXのロスカットは強制ロスカットのこと。意図しない損切りを回避するポイント

海外FXに興味を持っている方の中には、「強制ロスカット」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は、FXのロスカットの概要やロスカット水準の計算方法について解説していきます。
ゼロカットやマージンコールとの違い、ロスカットを回避するポイントについても触れていきます。

海外FX業者のロスカット水準も表で比較しているため、これから口座開設する方も参考にしてください。

→ロスカット水準の比較表を先に見る

今回のポイント
  • ロスカットとは証拠金維持率の低下で強制決済されるシステムのこと
  • ロスカット水準が高いと取引で損失が確定しやすい
  • 低レバレッジや追加入金でロスカット対策できる

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

海外FXの強制ロスカットとは?

海外FXでよく聞くロスカットとは、保有しているポジションが一定の水準まで達すると強制決済されるシステムのことです。

一定のラインまで損失が出てしまうと、システムが強制的に損切りしてくれるイメージです。
顧客の損失を最小限に抑えるために、海外FXではロスカットが設けられています。

そして、ロスカットされる水準(ロスカット水準)は、証拠金維持率で表します

証拠金維持率とは?計算方法について

証拠金維持率とは、有効証拠金に対しての必要証拠金の割合のことです。

有効証拠金とは含み益や含み損を加えた口座残高のことで、必要証拠金はエントリーに必要な証拠金を意味します。

証拠金維持率は、以下の計算式で算出できます。

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

※必要証拠金=ポジション量÷レバレッジ


【例】口座残高10万円で必要証拠金が1万円、含み損が5万円発生している場合

→(10万円-5万円)÷1万円×100=証拠金維持率は500%

海外FXの公式サイトでは、ロスカット水準は「証拠金維持率が○%を下回ったらロスカット」というように記載されています。

ゼロカットやマージンコールとの違い〈ロスカットまでの流れ〉

海外FXには、ロスカットによく似たシステムの「ゼロカット」「マーシンコール」があります。

それぞれの違いが以下の通りです。

  • 【強制ロスカット】
    →証拠金維持率が一定ラインを超えたら強制決済されるシステム
  • 【マージンコール】
    →証拠金維持率が一定ラインを超えると、ロスカット前に行われる警告アラート
  • 【ゼロカット】
    →マイナス残高(追証)をゼロにリセットしてくれるシステム

マージンコールも、ロスカットのように証拠金維持率が一定水準まで下がると通知されます。

あくまで警告アラートのため強制決済はされず、強制ロスカットの水準が近いことを通知するシステムです。

たとえば、証拠金維持率が20%以下の時にロスカットされる場合、マージンコールは証拠金時率が50%以下とロスカット水準よりも高めに設定されています。
マージンコールの通知がきたら、強制ロスカットに注意しましょう。

ゼロカットは、残高を超える損失が出た際に、マイナス残高をリセットしてゼロにしてくれるものです。

相場が大きく変動するタイミングでは、強制ロスカットが間に合わず損失が残高を超える場合もあります
こういった際にゼロカットシステムが執行され、損失は残高までとなり追証が発生しないというわけです。

まとめると、ロスカットやマージンコール、ゼロカットは以下の順番で行われます。

  1. 証拠金維持率が低下
  2. マージンコール
  3. さらにロスカット水準まで証拠金維持率が低下
  4. 強制ロスカット
  5. ロスカットが間に合わない場合はゼロカット
参考動画

以下の動画でも、FXの強制ロスカットの仕組み・特徴について詳しく解説されているので、参考にしてはどうでしょうか。

海外FX17社のロスカット水準を一覧で比較

海外FX業者のロスカット水準を比較したものが以下の表です。

※業者名をクリックするとFX業者の詳細を見ることができます。

強制ロスカット水準 最大レバレッジ
FBS 証拠金維持率が20%以下 3,000倍
HotForex 証拠金維持率が20%以下
※マイクロ口座のみ証拠金維持率が10%以下
1,000倍
GEMFOREX 証拠金維持率が20%以下 1,000倍
IS6FX 証拠金維持率が50%以下 1,000倍
Milton Markets 証拠金維持率が50%以下 1,000倍
BigBoss 証拠金維持率が20%以下 999倍
XM 証拠金維持率が20%以下 888倍
Titan FX 証拠金維持率が20%以下 500倍
FXGT 証拠金維持率が50%以下 500倍
LAND-FX 証拠金維持率が30%以下 500倍
Tradeview 証拠金維持率が100%以下 500倍
Tickmill 証拠金維持率が30%以下 500倍
iFOREX 証拠金維持率が0%以下 400倍
AXIORY 証拠金維持率が20%以下 400倍
MYFX Markets 証拠金維持率が20%以下 400倍
IFC Markets 証拠金維持率が10%以下 400倍
FxPro 証拠金維持率が50%以下 200倍

海外FXのロスカット水準は、証拠金維持率が20%以下というのが平均的と見て取れます。
中でもiFOREXは、証拠金維持率が0%以下でロスカットのため、ギリギリまでポジションを保有することが可能です。

そして、海外FXのロスカット水準は、国内FX業者と比べても低い水準となっています。

国内FX業者 強制ロスカット水準 最大レバレッジ
DMM FX 証拠金維持率が50%以下 25倍
GMOクリック証券 証拠金維持率が50%以下 25倍
SBI FXトレード 証拠金維持率が50%以下 25倍

国内FXよりも強制決済に対して余裕を持って取引できるのは、海外FXのメリットといえます。

国内FXにはない海外FXの特徴を知りたい方は下記ページをチェック↓

強制ロスカットに関する3つのポイント

海外FXのロスカットで覚えておきたいポイントが次の3つです。

  • 強制ロスカットでマイナス残高を予防できる
  • ロスカット水準が高いと強制決済で負けやすい
  • ポジションを保有し続けられない

ロスカットは損失が残高を超える前に執行されるため、マイナス残高を防ぐのに効果的といえます。

しかし、ロスカット水準の高い海外FX業者だと、ロスカットで強制的に損失が確定しやすくなるのはデメリットです。

また、ロスカットされるとポジションを保有し続けられないため、ポジションを長期保有する手法を行っている方は強制決済に気をつけましょう。

①強制ロスカットでマイナス残高を予防できる

強制ロスカットは、証拠金維持率が一定水準まで低下すると執行されるシステムです。
損失が残高を超える前に強制決済されるため、損失でマイナス残高になるのを防ぐことができます

海外FXではゼロカットで追証が発生する可能性は極めて低いですが、残高がゼロになるのを防ぐことができるため海外FX初心者の方には役立つシステムではないでしょうか。

②ロスカット水準が高いと強制決済で負けやすい

強制ロスカットは「損失が確定する水準」です。

つまり、ロスカット水準が高いということは、損切りされて負ける可能性が高いと考えることもできます。

ロスカット水準ごとの、ロスカットまで許容できるpipsを比較したものがこちらです。

ロスカット水準別の許容範囲

【条件】

  • 価格:1ドル100円
  • レバレッジ:500倍
  • 入金額:10万円
    (注文数は50万通貨)

■A社(ロスカット水準が証拠金維持率20%以下)

  • 口座残高:10万円
  • 必要証拠金:10万円

→含み損が8万円になるとロスカット

8万円÷50万通貨=0.16円=ロスカットまで16pipsまで耐えることが可能

 

■B社(ロスカット水準が証拠金維持率50%以下)

  • 口座残高:10万円
  • 必要証拠金:10万円

→含み損が5万円になるとロスカット

5万円÷50万通貨=0.1円=ロスカットまで10pipsまで耐えることが可能

このように、証拠金維持率が20%以下のロスカット水準だと、ドル円が0.16円下落するまではロスカットを回避できます。
一方、証拠金維持率が50%以下のロスカット水準だと、上記の例の場合ではドル円が0.1円下落するとロスカットされます。

こういった点から、リスク管理ができるのであれば、ロスカット水準が低い方が余裕を持った取引が可能です。

③ポジションを保有し続けられない

ロスカットが執行されてしまうと、ポジションが強制的に決済されます。

「ポジションを持ち続けて値上がりを待つ」という手法がありますが、ロスカットされてしまうと値上がり前に強制決済されてしまうリスクがあります。

長期的にポジションを保有する手法を考えている方も、ロスカットには注意が必要です。

強制ロスカットを回避する2つの対策

ロスカットによる意図しない決済を防ぐなら、以下の2つのポイントを意識するといいでしょう。

  • レバレッジをかけすぎない
  • マージンコールがきたら追加入金で残高を増やす

高いレバレッジは証拠金維持率を高めるのに役立ちますが、一方で損失も拡大するため、大きな含み損によるロスカットを招きかねません。

また、追加入金して残高を増やすと証拠金維持率が高まるため、追加入金もロスカット回避に効果的です。

対策①:レバレッジをかけすぎない

高いレバレッジをかけると、価格が少し動くだけで大きな損失が発生します。

ロスカットを避けるのであれば、資金に余裕がない限りはレバレッジをかけすぎないようにしましょう。

レバレッジによるロスカットのリスク

【条件】

  • ロスカット水準:証拠金維持率が20%以下
  • 残高:20万円
  • 注文数:10万通貨

■レバレッジ100倍で取引する場合

  • 必要証拠金は10万円
  • 残高8万円でロスカット

ドル円が1円動くと10万円の損失が発生
→含み損を引いても残高は10万円あるのでロスカットを回避可能

 

■レバレッジ500倍で取引する場合

  • 必要証拠金は2万円
  • 残高4,000円でロスカット

ドル円が1円動くと50万円の損失が発生
→残高20万円を超えるためロスカット

高いレバレッジをかけると必要証拠金を少なくできるため、証拠金維持率を高めることが可能です。
しかし、損失も大きくなりやすいため、予測とは反対に相場が動くとロスカットされやすくなります。

そのため、資金に余裕がない方やFX初心者の方はレバレッジのかけすぎには注意しましょう。

初心者におすすめのレバレッジのかけ方、レバレッジ取引のリスクもあわせて読む↓

対策②:マージンコールがきたら追加入金で残高を増やす

証拠金維持率は、必要証拠金に対する口座残高の割合のため、追加入金で残高を増やすことでロスカットを防ぐことができます

追加入金をするのは、マージンコールが来たタイミングに行うといいでしょう。

追加入金によるロスカット回避の例

【条件】

  • 口座残高:10万円
  • 必要証拠金:5万円
  • 証拠金維持率が20%以下(残高1万円以下)で強制ロスカット
  • 証拠金維持率が50%以下(残高2万5,000円以下)でマージンコール

■追加入金しない場合

含み損が2万5,000円相当を超えても追加入金しない
→9万円相当まで含み損が拡大すると残高は1万円になりロスカット

 

■マージンコールで追加入金した場合

マージンコールが来たタイミングで、5万円を追加入金
→9万円相当まで含み損が拡大しても残高は6万円(10万円+5万円-9万円)のためロスカットは回避

今のポジションを持ち続けていたい方は、追加入金でロスカットを回避してください。

まとめ

海外FXのロスカットは、証拠金維持率が一定の水準に達すると強制決済されるシステムです。

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金※×100

※必要証拠金=ポジション量÷レバレッジ

あなたの損失を最小限に止めるシステムですが、意図しないタイミングで決済されて取引を終了されるのは留意すべき点です。

意図しないタイミングの強制ロスカットを防ぐなら、今回解説した2つのポイントで対策してください。

強制ロスカットの対策
  • レバレッジをかけすぎない
  • マージンコールがきたら追加入金で残高を増やす

ロスカット水準が高いと損切りされやすいといえるため、海外FX業者を選ぶ際はロスカット水準にも注目して選ぶといいでしょう。

ボーナスやスプレッドなどで比較!おすすめの海外FX口座はこちら↓