FXのMT4(メタトレーダー4)とは?5つのメリット・2つのデメリットを解説

FXでは「MT4(メタトレーダー4)」という取引ツールの名を目にすることが多いですが、FX未経験の方だと馴染みがないかもしれません。

「MT4とは?」「どんなことが出来るの?」という方のために、今回はFXのMT4の特徴についてメリット・デメリットにわけて解説します。

MT4は高機能で拡張性が高い取引ツールにもかかわらず、無料で利用できるのが特徴です。

実際に利用しているトレーダーからの口コミ・評判も紹介しているので参考にしてください。

今回のポイント
  • MT4は全世界4,000万人以上が利用する取引プラットフォーム
  • MT4はMT5よりもEAやカスタムインジケーターの種類が豊富
  • スマートフォンでも利用可能
  • 機能性や拡張性が高い分、初心者だと使うのが難しい部分もある

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

FXのMT4(メタトレーダー4)とは?

FXのMT4(MetaTrader4)とは、MetaQuotes Softwareという会社が提供している電子取引プラットフォームです。

そもそも、FX取引を行うためには、取引プラットフォームをインストールする必要があります。
MT4も取引プラットフォームの1つなので、インストールすることでMT4の環境で取引することが可能です。

また、MT4は世界的に主流とされる取引ツールといわれており、2014年の時点で全世界4,000万人以上が利用しています。
※参考:XBRIDGE

詳しくは後述で解説しますが、MT4は自動売買ツール(EA)やカスタムインジケーターが豊富な点が世界的に人気である理由でしょう。

MT5(メタトレーダー5)との違い

MT4に似た取引ツールにMT5があります。

MT5もMetaQuotes Softwareが開発した取引プラットフォームで、MT4の後継版とされています。

MT4 MT5
動作スピード 標準 速い
対応自動売買ツール
(EA)
多い 少ない
対応カスタムインジケーター 多い 少ない
注文機能 少ない 多い
ワンクリック注文 対応 対応
時間足 9種類 21種類
板情報機能 なし あり
指標カレンダーの閲覧 可能 不可

MT4は、MT5よりもEAやカスタムインジケーターの種類が豊富な点が特徴です。

一方で、動作スピードや各種情報の閲覧機能はMT5の方が優れているといえます。

そして、同じ会社が開発した取引ツールですが、互換性がない点には注意してください。
MT5を使っていても、MT4へ設定を引き継ぐことはできません。

FX初心者におすすめ!最新ツールMT5の評判・特徴をチェック↓

「もっと詳しく違いを知りたい」という方は、11項目で比較解説している下記ページをチェック↓

MT4利用者からの評判

実際にMT4を利用している方の口コミがこちらです。

トレーダーからは「使いやすい」という声が多いですが、一方で「難しい」と感じる方もいるようです。

後述で解説しますが、MT4は豊富な機能が備わった取引ツールです。
便利で自由度が高いというのはメリットである反面、慣れないと使いにくいと感じるかもしれません。

FXでMT4を利用するメリット5つ

FXでMT4を利用するメリットが次の5つです。

  • 無料で利用できる
  • EA(自動売買ツール)が豊富
  • 豊富なカスタムインジケーターで細かな分析が可能
  • スマートフォンでも利用可能
  • 海外FXなら多くの業者で対応している

MT4は豊富な機能が備わっていますが、無料で利用することが可能です。
自動売買ソフトやテクニカル分析に役立つインジケーターがMT5より豊富に提供されているのも特徴でしょう。

専用アプリもあるため、スマートフォンを使って外出先でも取引することができます。

メリット①:無料で利用できる

MT4は世界中のトレーダーから人気の高いプラットフォームですが、完全無料で利用できます
無料でインストールでき、月額料金といった使用料もかかりません。

無料だからといって機能が制限されていることもないため、豊富な機能を誰でも利用できるのはメリットでしょう。

メリット②:EA(自動売買ツール)の種類が多い

MT4では、対応するEA(自動売買ツール)が豊富のため、あなたに合った自動売買プログラムを取り入れることが可能です。

EAとは〈ExpertAdviser〉の略で、自動売買のためのプログラムソフトのことです。
MT4をはじめとする取引プラットフォームにEAを組み込むことで、自動売買ができます。

MT4やMT5のEAは「MQL5」というサイトで提供されており、提供数は以下の通りとなっています。

  • MT4:7,000種類以上
  • MT5:2,100種類以上

MT4では、MT5の3倍以上も多くEAが提供されています
MT5は登場したばかりということもあり、まだ対応するEAの数が少ないのでしょう。

EAを使った自動売買を考えている方であれば、MT4の方が選択肢が多いためおすすめといえます。

メリット③:豊富なカスタムインジケーターで細かな分析が可能

EAだけでなく、カスタムインジケーターの種類もMT4は豊富です。

インジケーターとは、チャートに表示するサポートツールのことです。
インジケーターを活用すれば「これまでのトレンド傾向の線」「売れすぎ・買われすぎを視覚化した線」などをチャートに表示できます。

これにより、細かなテクニカル分析ができるようになるというわけです。

カスタムインジケーターも前述で紹介した「MQL5」で提供されており、提供数は以下の通りです。

  • MT4:7,700種類以上
  • MT5:3,300種類以上

インジケーターの数も、MT4の方がMT5より2倍以上も多いのがわかります。

売買のタイミングを分析するためにインジケーターを取り入れたい方も、MT4が使いやすいといえるでしょう。

メリット④:スマートフォンでも利用可能

MT4はパソコン上での利用だけでなく、専用アプリをダウンロードすることでスマートフォンやタブレットでも利用できます

mt4はアプリでも利用可能出典:App Store

パソコンのプラットフォームよりも機能は制限されますが、注文や決済、最低限のインジケーターのカスタマイズといった機能は使うことができます。

スマホアプリ対応のMT4なら、外出先でも手軽にFX取引が可能です。

メリット⑤:海外FXなら多くの業者で対応している

海外FX業者の多くがMT4に対応しているといわれています。
一方で後継版のMT5は登場して間もないこともあり、未対応のFX業者が多い印象です。

また、MT4対応のFX業者を複数利用している場合、プラットフォームをMT4に一本化できるのもメリットでしょう。
業者ごとに取引プラットフォームを切り替える必要がありません。

参考動画

MT4の特徴については以下の動画でも詳しく解説されているので、あわせて参考にしてください。

FXでMT4を利用するデメリット2つ

MT4のデメリットが以下の2つです。

  • 初心者は慣れるまで使いにくい
  • MT5より劣る部分もある

デメリット①:初心者は慣れるまで使いにくい

上述の口コミでも触れた通り、MT4は初心者の方だと自分に合った設定にしたり使いこなしたりするのが難しいといわれています。

また、詐欺目的の悪質なソフトを販売する業者もいるため、機能の拡張には注意が必要です。

利用を考えているFX業者でデモ口座を利用できるなら、デモ口座でMT4を練習するのもいいでしょう。

デメリット②:MT5より劣る部分もある

動作スピードや時間足、板情報の閲覧機能などはMT5よりも劣ります

MT5はMT4の後継版だけあり、動作がスムーズなのでしょう。
MT5利用者からの口コミからも「速い」という声が見て取れます。

スムーズな動作性や裁量取引に必要な機能性を重視する方は、MT5が向いているかもしれません。

まとめ

MT4は全世界で4,000万人以上のトレーダーが利用している、代表的な取引プラットフォームです。
多くのトレーダーが利用している定番ツールだけあり、高機能と高い拡張性が特徴です。

MT4のメリット
  • 無料で利用できる
  • EA(自動売買ツール)が豊富
  • 豊富なカスタムインジケーターで細かな分析が可能
  • スマートフォンでも利用可能
  • 海外FXなら多くの業者で対応している
MT4のデメリット
  • 初心者は慣れるまで使いにくい
  • MT5より劣る部分もある

EAやカスタムインジケーターが豊富に揃っているため、MT4は自動売買を考えている方細かくテクニカル分析をしたい方には適した取引プラットフォームといえるでしょう。

人気の高いベーシックなプラットフォームでFXを始めたい方は、MT4対応のFX業者を検討してはどうでしょうか。

対応プラットフォームやボーナスなどで比較!おすすめ海外FX口座をチェックする↓

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。