MYFXMarketsの口コミ・評判。出金拒否の実態やスプレッドについて解説

myfxmarketsの特徴まとめ。評判やメリット・デメリットを解説

今回は、MYFX Markets(マイエフエックスマーケット)の評判やメリット・デメリットについて解説します。

MYFX Marketsは、2014年にサービスを開始した海外FX業者です。
以前はサービスに不安を感じる点があったといわれていましたが、現在では信頼性が高く使い勝手の良い業者に変わってきています。

中でも、ドル円0.2pipsほどと低スプレッドな点が魅力のため、スキャルピングを考えているトレーダーにはおすすめできる業者の1つです。

利用者の口コミも交えて解説しているので、口座開設を検討している方は参考にしてください。

今回のポイント
  • FSAライセンスを保有し、透明性の高いNDD方式を採用
  • 利用者からは出金拒否に関する悪い評判は見当たらない
  • スプレッドは海外FXの中でもトップクラスに狭い(ドル円0.2pipsほど)
  • スキャルピング向きプラットフォーム「cTrader」に対応
  • 常設のボーナスキャンペーンはなし

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

MYFX Marketsの口座別の特徴一覧

MYFX Marketsの口座別の特徴一覧

MYFX Marketsでは、次の3つの口座が用意されています。

MT4
スタンダード口座
MT4
プロ口座
cTrader
プロ口座
最大レバレッジ 500倍 500倍 500倍
スプレッド ドル円1.2pips ドル円0.2pips ドル円0.2pips
取引手数料 無料 往復0.7pips/ロット 往復0.7pips/ロット
ロスカット水準 証拠金維持率が20%以下 証拠金維持率が20%以下 証拠金維持率が20%以下
最小取引枚数 0.01lot(1,000通貨)~ 0.01lot(1,000通貨)~ 0.01lot(1,000通貨)~
初回最低入金額 なし なし  なし
追証 不明 不明 不明
金融商品 ・FX通貨ペア
・CFD商品
・貴金属
・仮想通貨
・FX通貨ペア
・CFD商品
・貴金属
・仮想通貨
FX通貨ペア
プラットフォーム MT4 MT4 cTrader
スキャルピング 制限なし 制限なし 制限なし
EA(自動売買) 制限なし 制限なし 制限なし

3つの口座で大きく違うのは取引コストです。

  • スタンダード口座→取引コストはスプレッドだけ
  • プロ口座→スプレッドとは別に取引手数料が発生

スタンダード口座の取引コストはスプレッドのみのため、コストを計算しやすいです。

一方で、プロ口座は取引手数料が発生しますが、手数料を加えてもスタンダード口座よりもスプレッドが狭い傾向にあります。

MYFX Marketsのプロ口座なら取引手数料を加えてもドル円で1.0pips以下と、海外FXの中でもトップクラスにスプレッドが狭いです。

また、プロ口座はスキャルピング向きとされる「cTrader」というプラットフォームにも対応しているため、スキャルピングでコツコツ稼いでいく方はプロ口座を検討してください。

MYFX Marketsの口コミ・評判

MYFX Marketsの口コミ・評判

口コミを見る限り、評価は一長一短といったところでしょうか。

約定力の高さやスプレッドの狭さに関しては評判が良いと見て取れます。

一方で、「出金完了までに時間がかかる」といった声もあります。
着金までに時間がかかる場合がある点は留意しておきましょう。

MYFX Marketsの信頼性・安全性について

運営会社はライセンスを取得。信託保全もあり

myfxmarketsの運営会社はライセンスを取得。信託保全もあり

MYFX Marketsは「AXIS INC.」が運営しており、この運営会社はセントビンセント・グレナディーン金融庁(FSA)のライセンスを持っています
(登録番号:24078IBC2017)

未登録業者ではないため、一定の信頼はおけると考えていいでしょう。

また、MYFX Marketsでは、信託口座で顧客の資金を管理しています。

お客様の資金はすべて弊社の信託口座で管理されます。お客様に安心してお取引頂けるよう外部監査、厳正な内部手続きと規制による資金安全管理を徹底しております。

(引用:MYFX Markets「MYFX Marketsについて」

信託口座管理による信託保全とは、顧客資金を信託銀行の口座で管理することです。
信託銀行に資産管理を任せているため、万が一MYFX Marketsが倒産してもあなたの資産は守られます

さらに、外部監査の適用と厳選な内部手続きも行われているため、安全性の高い資産管理が行われていると見て取れます。

出金拒否に関する悪い評判・口コミはなし

myfxmarketsは出金拒否に関する悪い評判・口コミはなし

MYFX Marketsには出金拒否に関する情報がありますが、出金拒否の原因は規約違反などが考えられます

実際、利用者からの口コミでは「出金できた」という声ばかりで、「出金拒否された」という悪い評判は見受けられません。

ライセンスも取得して信託保全もあり信頼性は高い業者といえるため、出金拒否を心配しすぎる必要はないでしょう。

透明性のある「NDD方式」の可能性が高い

myfxmarketsは透明性のある「NDD方式」の可能性が高い

MYFX Marketsは、透明性の高い「NDD(ノーディーリングデスク)方式」という注文方式を採用している可能性が高いです。

NDD方式とは、トレーダーの注文がインターバンク市場に直接通される注文方式のことです。
(NDD方式とは対照的に、トレーダーの注文を一度FX業者が決済してインターバンクに通すことを「DD方式」と呼びます)

注文がインターバンクに直接通されているため、トレーダーが不利になるようなこともなく、約定拒否も起こりにくいといわれています。

そんなNDD方式をMYFX Marketsが採用している可能性が高いのは、LP(リクイデティ・プロバイダー)を開示しているからです。

NDD方式では、カバー先であるLPを通じてインターバンクにみなさんの注文を通すため、LPを開示しているということはNDD方式であると考えていいでしょう。

NDD方式の仕組みやDD方式との違いを詳しく見る↓

MYFX Marketsの8つのメリット

MYFX Marketsを利用する上でのメリットが、以下の8つです。

  • スプレッドが狭い〈ドル円は0.2pips〉
  • 最大レバレッジは500倍
  • ロスカット水準は証拠金維持率が20%以下
  • 取引プラットフォームはMT4・cTraderに対応
  • 入出金はbitwalletからビットコインにまで対応
  • 初回最低入金額に制限がない
  • 日本人スタッフによるサポート対応
  • トレード手法に制限がない

メリット①:スプレッドが狭い〈ドル円は0.2pips〉

myfxmarketsはスプレッドが狭い〈ドル円は0.2pips〉

MYFX Marketsの魅力の1つがスプレッドの狭さでしょう。

特にプロ口座は、低スプレッドが特徴の他社と肩を並べるほどスプレッドが狭いです。

MYFX Markets
(プロ口座)
Titan FX
(Zeroブレード口座)
AXIORY
(ナノ口座)
Tradeview
取引手数料 往復0.7pips/ロット 往復0.7pips/ロット 往復0.6pips/ロット 往復0.5pips/ロット
USD/JPY 0.2pips 0.33pips 0.5pips 0.1pips
EUR/USD 0.1pips 0.74pips 0.3pips 0.2pips
AUD/USD 0.7pips 0.52pips 0.6pips 0.5pips
EUR/JPY 1.0pips 0.74pips 0.7pips 0.7pips
GBP/JPY 1.8pips 1.45pips 1.7pips 0.5pips
GBP/USD 0.9pips 0.527pips 0.9pips 0.6pips
AUD/JPY 1.2pips 1.12pips 0.9pips 0.5pips

表の通り、手数料抜きで1.0pips以下の通貨ペアも多く、中でもドル円やユーロドルといったメジャー通貨は海外FXの中でもトップクラスにスプレッドが狭くなっています。

スキャルピングといった短期売買を考えている方は、MYFX Marketsのプロ口座は有力候補といえるでしょう。

MYFX Marketsのスプレッドの狭さを評価する口コミ

MYFX Marketsの利用者からは、スプレッドに対する良い評判も見受けられます

「実際に利用するとスプレッドが広がりやすい」という業者もありますが、MYFX Marketsはスプレッドの狭さを実感しやすいといえます。

FXのスプレッドの意味、取引手数料との違いについて詳しく見る↓

メリット②:最大レバレッジは500倍

MYFX Marketsの最大レバレッジは500倍に設定されています。
最大レバレッジ25倍の国内業者と比べて、最大で20分の1の必要証拠金で同等のポジションを持つことが可能です。

他社と最大レバレッジを比べても、平均かそれ以上の倍率となっています。

最大レバレッジ
MYFX Markets 500倍
iFOREX 400倍
LAND-FX 500倍
Titan FX 500倍
AXIORY 400倍
Tradeview 200倍
XM 888倍

FXのレバレッジの仕組みや危険性もあわせてチェックする↓

メリット③:ロスカット水準は証拠金維持率が20%以下

また、強制ロスカットの水準は証拠金維持率が20%以下となっています。

ロスカット水準は低めの設定のため、高いレバレッジをかけても強制決済まで余裕を持って取引しやすいです。

ロスカットの仕組み、強制決済の対処法を詳しく見る↓

メリット④:取引プラットフォームはMT4・cTraderに対応

myfxmarketsは取引プラットフォームはMT4・cTraderに対応

MYFX Marketsのプラットフォームは定番のMT4だけでなく、プロ口座であればスキャルピング向きといわれる「cTrader」にも対応しています。

cTraderの特徴
  • 板情報を見ることができる
  • 複数のポジションを一括で同時決済できる
  • リクオートが起こりにくい
  • 操作が簡単で使いやすい
  • ワンクリックで決済注文が可能
  • 約定や決済がスムーズ

cTraderは操作が簡単といわれているため、これからスキャルピングを始める方にもおすすめのプラットフォームの1つです。

複数のポジションを一括決済できる点や、ワンクリックで決済できる点は、スキャルピングトレーダーにとっては嬉しいポイントではないでしょうか。

プロ口座で短期売買を考えている方は、cTraderの利用を検討してください。

cTraderの評判、メリット・デメリットを詳しく見る↓

MT4の評判、メリット・デメリットを詳しく見る↓

メリット⑤:入出金はbitwalletからビットコインにまで対応

MYFX Marketsで利用できる入出金方法が以下の通りです。

手数料 入金反映時間 出金反映時間
bitwallet 入金:無料
出金:無料
即時 不明
銀行 入金:無料
出金:25ドル
1〜3営業日 不明
ビットコイン 入金:無料
出金:-
即時 不明
USDT 入金:無料
出金:-
即時 不明
クレジットカード
(Mastercard、VISA)
入金:無料
出金:無料
即時 不明

銀行送金やクレジットカードといった定番の方法から、オンラインウォレットのbitwalletビットコインにも対応しています。

bitwallet対応の海外FX口座を別に持っているなら、bitwalletがいいでしょう。
資金管理をbitwalletに一本化することができます。

なお、MYFX Marketsの出金方法は、入金時と同じ方法で行われます
たとえば、クレジットカードで入金した場合はクレジットカードへ出金されるというわけです。

そのため、入金額以上を出金する場合は、銀行送金やbitwalletがおすすめです。
※クレジットカードへの出金は返金扱いとなるため、入金額以上を出金できません。

bitwalletやビットコイン入出金  の特徴・注意点もあわせて読む↓

メリット⑥:初回最低入金額に制限がない

MYFX Marketsは、スタンダード口座とプロ口座ともに、初回最低入金額に制限がありません

一般的な海外FX業者では「初回は最低1万円以上から入金が必要」などと決まっています。
しかし、MYFX Marketsはそういった制限がないため、無理のない金額から入金することが可能です。

極端なたとえですが、1円からでも10円からでも初回入金できます。

「初回から何万円も入金するのに抵抗がある」という方は、MYFX Marketsで条件に合う金額から入金して始めるのもいいでしょう。

メリット⑦:日本人スタッフによるサポート対応

myfxmarketsは日本人スタッフによるサポート対応

MYFX Marketsの公式サイトは、完全日本語化されているため利用しやすいです。
「よくある質問」も日本語記載のため、わからないことがあればサッと調べることができます。

日本人スタッフによるライブチャット・LINE・メール・電話でのお問い合わせに対応しており、お客様に安心してサービスをご利用していただけます。

(引用:MYFX Markets

また、MYFX Marketsでは、日本人スタッフよるサポート体制を整えており、万が一の時でも安心して問い合わせることが可能です。

問い合わせ方法

十分な日本語対応がされているMYFX Marketsなら、FX初心者の方でも利用しやすいと思います。

メリット⑧:トレード手法に制限がない

MYFX Marketsは、基本的にはトレード手法に制限がありません

EA、スキャルピング、ヘッジングなど、ほとんど全ての手法をご利用頂けます。

(引用:MYFX Markets「よくある質問」

公式サイトに記載されている通り、EAを使ったシステムトレードからスキャルピングトレードまで認められています。

MYFX Marketsの2つのデメリット

MYFX Marketsを利用する前に、以下2つのデメリットは把握しておきましょう。

  • 口座開設ボーナスといったキャンペーンがない
  • 追証に関する記載がない

デメリット①:口座開設ボーナスといったキャンペーンがない

MYFX Marketsでは、ボーナスキャンペーンが常設されていません
新規口座開設で付与される「口座開設ボーナス」などもないため、自己資金で始めることになります。

期間限定でボーナスキャンペーンを実施していることはあるため、ボーナスを利用したい方は定期的に公式サイトをチェックしておくといいでしょう。

ボーナスを活用してオトクに海外FXを始めたい方は以下をチェック↓

デメリット②:追証に関する記載がない

myfxmarketsは追証に関する記載がない

多くの海外FXでは、追証なしのゼロカットシステムが採用されています。

追証とは、残高を上回った損失分をトレーダーに請求することです。
追証なしのゼロカットシステムがあれば、損失が残高を超えてもマイナス残高をゼロにリセットしてくれて、損失は残高までとなります。

MYFX Marketsでは、この追証に関する記載が公式サイトにありません
追証があるのかないのか不明のため、通常以上にリスク管理が必要です。

借金なしになる追証なしゼロカットの仕組みを詳しく知る↓

まとめ

MYFX Marketsはライセンスを取得し信託保全もあるため、信頼性が高いFX業者といえるでしょう。

注文方式もインターバンクに直結のNDD方式のため、透明性の高いトレードが期待できます。

MYFX Marketsのメリット
  • スプレッドが狭い〈ドル円は0.2pips〉
  • 最大レバレッジは500倍
  • ロスカット水準は証拠金維持率が20%以下
  • 取引プラットフォームはMT4・cTraderに対応
  • 入出金はbitwalletからビットコインにまで対応
  • 初回最低入金額に制限がない
  • 日本人スタッフによるサポート対応
  • トレード手法に制限がない
MYFX Marketsの注意点
  • 口座開設ボーナスといったキャンペーンがない
  • 追証に関する記載がない

また、海外FX業者の中でも上位に位置するほどスプレッドが狭いのも魅力です。

スキャルピング向きのプラットフォームにも対応しているため、スキャルピングトレーダーにはおすすめできる業者の1つといえるでしょう。

初回最低入金額に制限もないため、無理のない金額から始めてはどうでしょうか。

MYFX Marketsの基本情報

【会社情報】

詳細
所在地 First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building James Street, Kingstown ST. VINCENT AND THE GRENADINES
ライセンス セントビンセント・グレナディーン金融庁(FSA)ライセンス
(登録番号:24078IBC2017)
サービス開始 2014年
資産管理 分別管理(信託保全あり)
日本語対応 あり
サポート・問い合わせ

【口座情報】

MT4
スタンダード口座
MT4
プロ口座
cTrader
プロ口座
最大レバレッジ 500倍 500倍 500倍
スプレッド ドル円1.2pips ドル円0.2pips ドル円0.2pips
取引手数料 無料 往復0.7pips/ロット 往復0.7pips/ロット
ロスカット水準 証拠金維持率が20%以下 証拠金維持率が20%以下 証拠金維持率が20%以下
最小取引枚数 0.01lot(1,000通貨)~ 0.01lot(1,000通貨)~ 0.01lot(1,000通貨)~
初回最低入金額 なし なし  なし
追証 不明 不明 不明
金融商品 ・FX通貨ペア
・CFD商品
・貴金属
・仮想通貨
・FX通貨ペア
・CFD商品
・貴金属
・仮想通貨
FX通貨ペア
プラットフォーム MT4 MT4 cTrader
スキャルピング 制限なし 制限なし 制限なし
EA(自動売買) 制限なし 制限なし 制限なし
※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。