海外FXのNDD方式とは?DD方式との違いとメリット・デメリットを解説

NDD方式はインターバンク直結。DD方式よりも透明性が高い

今回は、海外FXの注文方式である「NDD方式」について解説します。

海外FX業者の多くがNDD方式を採用しているといわれており、海外FX業者を調べるにあたり目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

「DD方式もあるけど何が違う?」「トレーダーにとって有利なの?」といった疑問を持っている方は参考にしてください。

今回のポイント
  • NDD方式はインターバンク直結型の注文方式
  • NDD方式はSTP方式とECN方式に分かれる
  • NDD方式なら透明性が高くスリッページの少ない取引ができる
  • NDD方式はスプレッドが広くなりやすい

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

海外FXのNDD方式とは?

NDD(ノンディーリングデスク)方式とは、海外の注文方式の1つです。
その名の通り、FX業者のディーラーが取引を行う「ディーリングデスク」を置かない注文方式です。

インターバンク直結方式とも呼ばれ、NDD方式ではトレーダーの注文がインターバンクに直接流れて銀行などの金融機関とマッチングします。
※インターバンクとは、FXの注文が集まる場所のことです。

冒頭で述べた通り、海外FX業者の多くがNDD方式を採用しているといわれています。

NDD方式とDD方式との違い

海外FXの注文方式には、NDD方式の他に「DD(ディーリングデスク)方式」というものがあります。

この2つの注文方式の違いが以下の通りです。

  • NDD方式
    トレーダーの注文がインターバンクに直接流れる
  • DD方式
    トレーダーとインターバンクの間にFX業者のディーラーが入り、FX業者がカバー先を決める

インターバンク直結なのがNDD方式の特徴でしたが、DD方式ではトレーダーとインターバンクの間にFX業者が介入します。

NDD方式では自動的にインターバンクに流れてマッチングするため、取引に人の手が入ることはありません。
しかし、 DD方式ではFX業者がカバー先を決めるため、どことマッチングするかは業者次第です。

こういった点から、NDD方式の方が透明性が高いといえます。

NDD方式を採用する海外FX業者の仕組み

NDD方式を採用する海外FX業者は、取引コストであるスプレッドが利益になるといわれています。

そのため、NDD方式を採用する海外FX業者ではトレーダーが取引をするほどに利益が出る仕組みになっているというわけです。

NDD方式は、スプレッドがFX業者の収益になっているので、どうしてもNDD方式の方がスプレッドは広くなります。

(引用:GEMFOREX

一方で、 DD方式採用の海外FX業者はトレーダーと業者で利益相反になる構造のため、トレーダーの損失が業者の利益になります

トレーダーが取引で負けるほどにFX業者の利益が出る仕組みです。

NDD方式には手数料形態で2種類に分かれる

FXのNDD方式は、以下のように2種類に分けられます。

  • STP方式
    →FX業者を経由してトレーダーの注文がインターバンクに流れる
  • ECN方式
    →FX業者を介することなくトレーダーの注文がインターバンクに流れる

STP方式の口座ではFX業者を経由しますが、業者の手が入ることはありません。
手数料を上乗せしてインターバンクに流すために経由しているだけです。

そのため、STP方式の口座のスプレッドは取引手数料が上乗せされた状態となります。

一方で、ECN方式の口座は、FX業者を経由することなく注文がインターバンクに流れます。
STP口座と違い、低スプレッドですが取引手数料が別途発生する仕組みが特徴です。

スプレッド徴収の仕組みが違うだけで、どちらもNDD方式であることには変わりありません。

ECN口座のメリット・デメリットを詳しく見る↓

NDD方式のFX業者の3つのメリット

NDD方式の海外FX業者のメリットが次の3つです。

  • 透明性の高い取引ができる
  • 約定がスムーズ
  • 約定拒否やスリッページが少ない

NDD方式ではFX業者が介入しないため、透明性が高く約定しやすいのが魅力といわれています。

また、インターバンク内で自動でマッチングするためスリッページなども少ないと考えれます。

①透明性の高い取引ができる

上述した通り、NDD方式ではFX業者の手が入りません。

トレーダーにとって有利なレートと自動でマッチングする仕組みのため、フェアで透明性の高い取引ができます。

②約定がスムーズ

約定とは、FX取引の売買が成立することです。

NDD方式ではインターバンクに直接注文が流れてマッチングするため、約定力が高くスムーズに売買が成立するといわれています。

NDD方式の方が圧倒的に約定力が高く、安心して取引をすることができるのもメリットの一つです。

(引用:GEMFOREX

約定力にこだわるなら、NDD方式であることは重要なポイントでしょう。

③約定拒否やスリッページが少ない

NDD方式ではFX業者の手が入らないため、約定拒否やスリッページはほとんど起こらないといわれています。
※注文時と売買成立時の価格差

インターバンクへ流れたトレーダーの注文は、システム処理によって自動マッチングするからです。
ディーラーによる意図的なスリッページもありません。

NDD方式の海外FX業者なら、狙い通りの注文で取引しやすいでしょう。

NDD方式の海外FX業者のデメリット

NDD方式のデメリットが、スプレッドが広めという点です。

上述した通り、NDD方式の海外FX業者はスプレッドで利益を上げています。
そのため、DD方式よりもスプレッドが広い傾向にあるというわけです。

とはいえ、Titan FXやTradeviewといった海外FX業者は、NDD方式でも狭いスプレッド設定となっています。

  • Titan FXドル円0.33pips(+往復の手数料0.7pips)
  • Tradeviewドル円0.1pips(+往復の手数料0.5pips)

NDD方式採用でスプレッドを抑えるなら、上記のような業者を検討するといいでしょう。

まとめ

海外FXのNDD方式は、トレーダーの注文がインターバンクに直接流れる注文方式のことです。

FX業者のディーラーが間に入らないため、透明性と約定力の高い取引が期待できます。

NDD方式のメリット
  • 透明性の高い取引ができる
  • 約定がスムーズ
  • 約定拒否やスリッページが少ない
NDD方式のデメリット
  • スプレッドが広くなりがち

不利な約定拒否やスリッページを避けるなら、NDD方式採用の海外FX業者を検討してください。

FX業者の公式サイトに「ディーリングデスクを置かない・STP・ECN」といった表記があればNDD方式であると見て取れます。