海外FX業者でビットコインFXを取引するメリット・デメリット【おすすめ業者紹介】

最近では、ビットコイン(暗号資産)取引に対応した海外FX業者が増えてきました。

ですが、「わざわざ海外FX業者でビットコイン取引をする理由はあるの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そのように感じている方に向けて、今回は海外FX業者のビットコイン取引(ビットコインFX)に関するメリット・デメリットについて解説します。

ビットコイン取引ができる海外FX業者も紹介するので参考にしてください。

→ビットコイン取引対応の海外FX業者を先にチェック

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

ビットコインとは?

そもそも、ビットコインとはインターネット上で流通される暗号資産(仮想の通貨)のことです。
(海外FXで取引する場合は「ビットコインFX」と呼びます)

お金は本来どこかの国に管理されていますが、ビットコインのような暗号資産はどこの国にも属さない通貨として流通しています。
どこの国にも管理されていない通貨のため〈日本円→ドル〉といったように両替の必要がなく、国を問わず利用可能です。

暗号資産としてはビットコインが有名ですが、その他にも次のような暗号資産があります。

  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

また、ビットコインは円やドルといったように、「BTC」という単位で表記されます。

2020年10月の段階では1BTC=約136万円でしたが、2021年9月現在は1BTC=約549万円となっています。
1年間で300%以上も価格が上昇しているというわけです。

このように値動きが激しく、価格が高騰しやすいのもビットコインの特徴です。

ビットコインとビットコインFXの違い

海外FXでビットコインを取引する場合は、ビットコインFXと呼ばれます。

どちらもビットコインを取引することに変わりはありませんが、以下の点が異なります。

  • ビットコインFXはレバレッジをかけることができる
  • ビットコインFXは売りから注文できる

海外FXは高いレバレッジをかけて取引できるのが特徴です。
ビットコインFXも同じように、数十倍から数百倍のレバレッジをかけて取引できます。

海外FXで取引するビットコインFXなら、資金効率を良くして大きなリターンを期待できます
※レバレッジをかけると損失も拡大しやすくなります。

また、通常のビットコイン取引と違い、ビットコインFXは売りから注文可能です。

そのため、価格が下落するタイミングでも売り注文を入れることで利益を狙うことができます

海外FXでビットコイン(暗号資産)取引するメリット5つ

海外FX業者でビットコイン取引をするメリットが以下の5つです。

  • 追証なしのゼロカット適用で損失が最小限
  • 高いレバレッジをかけることが可能
  • FX取引のプラットホーム(MT4・MT5)で取引可能
  • ボーナス提供があればオトクに始めることができる
  • 売り注文から取引できる

海外FXでは追証なしのゼロカットシステムを採用している業者が多いため、損失のリスクを残高までに抑えることができます。

また、国内取引所よりも高いレバレッジをかけることができたり、FXと共通のプラットフォームで取引できる点も海外FX業者だからこそのメリットでしょう。

メリット①:追証なしのゼロカット適用で損失が最小限

海外FX業者の多くは、追証なしのゼロカットシステムを採用しています。
ゼロカットシステムがあれば、残高を超える損失が出てもマイナス分を業者が負担してくれるため、損失は残高までとなります。

ビットコインなどの暗号資産でもゼロカットシステムは適用されるため、損失によるマイナス残高のリスクを抑えて取引可能です。

ビットコインは値動きが激しいといわれているため、予期せぬ損失が発生する可能性もあるでしょう。

予期しない大きな変動によるリスクを最小限に抑えるためにも、追証なしのゼロカットシステムを採用している海外FXを選んでください。

メリット②:高いレバレッジをかけることが可能

海外FXの魅力の1つがハイレバレッジの取引ですが、ビットコイン取引でも高いレバレッジをかけることができます。
通常のFX通貨ペアよりも倍率は低くなりますが、それでも国内取引所の数倍〜数十倍のレバレッジをかけることが可能です。

ビットコイン取引対応の海外FX業者と、代表的な国内取引所のレバレッジを比較したものが以下の表です。

最大レバレッジ
iFOREX
(海外FX)
10倍
FXGT
(海外FX)
500倍
BigBoss
(海外FX)
20倍
GMOコイン
(国内取引所)
2倍
DMM Bitcoin
(国内取引所)
2倍
Coincheck
(国内取引所)
なし

国内取引所は、最大レバレッジが2倍に設定されているところが多いです。

一方で、海外FXは最大レバレッジ10倍以上の業者もあります。

国内取引所よりも高いレバレッジをかけることができるため、少ない証拠金で取引できるだけでなく、大きなリターンも期待できます
(高いレバレッジをかけると、損失も拡大するため注意してください)

メリット③:FX取引のプラットホーム(MT4・MT5)で取引可能

多くの海外FX業者が導入しているのが、「MT4」「MT5」というプラットフォームです。

海外FX業者でビットコインを取引する場合もプラットフォームは同じのため、FXと同じ環境で取引できます。

MT4やMT5の特徴が以下の通りです。

  • MT4→EAの種類が多く自動売買に向いている
  • MT5→テクニカル分析に役立つ機能が多く裁量取引に向いている

それぞれ特色が異なるため、あなたの取引スタイルにあったプラットフォーム対応の業者を選ぶといいでしょう。

メリット④:ボーナス提供があればオトクに始めることができる

海外FX業者のメリットの1つが、豪華なボーナスを提供している点です。

海外FXのボーナス例
  • 口座開設ボーナス(3,000円〜1万円など)
  • 入金ボーナス(付与率100%など)
  • キャッシュバックボーナス(取引量に応じたボーナスを提供)

ボーナスキャンペーンを実施している国内取引所もありますが、金額や付与率は海外FXの方が高い傾向にあります。
国内取引所のボーナスは、「口座開設で1,000円分のビットコインを付与」といったものが多いです。

自己資金に自信がない方は、ボーナスキャンペーンを実施しているかどうかもチェックしてください。

後述では、ビットコイン取引対応でボーナスキャンペーンのある海外FX業者を紹介しています。
→ビットコイン取引対応のおすすめ海外FX業者を先にチェック

メリット⑤:売り注文から取引できる

海外FXでは、売りと買いの両方の注文で取引できます。
ビットコインFXも同様で、海外FXなら売りから取引を始めることが可能です。

そのため、ビットコインを持っていないくても売り注文を入れることができます

また、通常のビットコイン取引では「安く買い高く売る」という手法ですが、ビットコインFXでは相場の下落時でも売り注文で利益を出すことが可能です。

海外FXでビットコイン(暗号資産)取引するデメリット2つ

メリットがある一方で、海外FX業者でのビットコイン取引には以下のようなデメリットがあります。

  • 土日祝日に取引できない可能性がある
  • 入出金に手間がかかる

デメリット①:土日祝日に取引できない可能性がある

ビットコイン取引の強みは、土日を含めて24時間取引できることです。

しかし、ほとんどの海外FX業者は土日・祝日は休業しているため取引できません

中には暗号資産だけ土日も取引できる業者はあるため、口座開設時は取引できる時間帯を確認しておきましょう。

デメリット②:入金・出金に手間がかかる

海外FX業者でビットコイン取引を行う際は、入出金方法が複雑です。

【入金手順】

  1. 暗号資産の取引所でビットコインを購入
  2. 暗号資産ウォレットから海外FX口座に送金

【出金手順】

  1. 海外FX口座から暗号資産ウォレットに送金
  2. 暗号資産の取引所でビットコインを売却
  3. 暗号資産の取引所から引き出す

上記のように、ビットコイン取引の場合は、海外FX口座へ直接入金したり、海外FX口座から直接出金したりできません
ビットコインの取引所を介して入出金する必要があります。

また、ビットコインは相場が変動しやすいため、ビットコインの購入額と入金額に差が出る恐れがある点も注意が必要です。

ビットコイン取引ができる海外FX業者3選

ビットコイン(暗号資産)取引に対応した海外FX業者は増えてきましたが、決して多くはありません。

以下ではビットコイン取引ができる海外FX業者を3社紹介するので、これから口座開設する方は参考にしてください。

【iFOREX】運営歴20年以上の老舗ブローカー

iforexのトップ画像出典:iFOREX

最大レバレッジ ビットコイン取引では10倍
スプレッド
(ビットコイン取引のコスト)
106ドル
ボーナス ・100%入金ボーナス
・25%ウェルカムボーナス
追証 なし
最小取引単位 0.01ロット

iFOREXは、運営歴20年を超える老舗の海外FX業者です。
長い運営歴と、英領バージン諸島の金融サービス委員会(FSC)にも登録されている点から信頼性の高い業者の1つです。

また、2段階の入金ボーナスが用意されてい点もポイントです。

初回入金1,000ドルまでは100%入金ボーナスが適用され、1,000ドルを超える入金に対しては5,000ドルまで25%に金ボーナスが適用されます。
入金ボーナスを活用すれば、最大2,000ドルのボーナスを獲得可能です。

入金ボーナスを活用して、証拠金を増やしながら取引を始めてはどうでしょうか。

\最大2,000ドルの入金ボーナス実施中/

※運営歴20年以上の老舗業者で日本語サポート対応

【FXGT】最大レバレッジは500倍まで可能

fxgtのトップ画像出典:FXGT

最大レバレッジ ビットコイン取引では500倍
スプレッド
(ビットコイン取引のコスト)
960円
ボーナス ・入金ボーナス
・口座開設ボーナス
※期間限定開催のため、時期によってキャンペーン内容は異なります。
追証 なし
最小取引単位 0.01ロット

FXGTは、取引量によって最大レバレッジが変動します。

  • 0〜1万ドル:最大レバレッジ500倍
  • 1万ドル〜5万ドル:最大レバレッジ200倍
  • 5万ドル〜10万ドル:最大レバレッジ100倍
  • 10万ドル〜20万ドル:最大レバレッジ50倍
  • 20万ドル以上:最大レバレッジ20倍

取引量1万ドルまでは、最大500倍のレバレッジでビットコインを取引可能です。
暗号資産取引で数百倍のレバレッジをかけることができる業者は、海外FX業者の中でも限られているでしょう。

また、期間限定で豪華なボーナスキャンペーンも実施しています。

付与率100%以上の入金ボーナスを実施している時期もあるため、効率よく証拠金を増やしながら取引できます。

【BigBoss】ボブ・サップが公式アンバサーダーに就任

bigbossの公式サイト出典:BigBoss

最大レバレッジ ビットコイン取引では20倍
スプレッド
(ビットコイン取引のコスト)
不明
ボーナス 1ロットごとに4ドル相当のボーナス
追証 なし
最小取引単位 0.01ロット

世界的ボクサー「ボブ・サップ」が公式アンバサダーを務めているのがBigBossです。
セントビンセント及びグレナディーン諸島にライセンス登録もしているため、信頼性が高い業者と見て取れます。

最大レバレッジは20倍となっており、国内取引所の約10倍ほどの倍率です。
(国内取引所の平均的な最大レバレッジは2倍です)

必要書類が提出不要で3分ほどで完了する「クイック口座開設」があるため、すぐに取引を始めたい方におすすめです。
※出金を行うまでには、身分証明書と住所証明書の提出が必要です。

まとめ

暗号資産対応の海外FX業者を利用すれば、FX取引だけでなくビットコイン取引も可能です。

国内取引所よりも高いレバレッジをかけることのできる点や、追証がない点は大きなメリットでしょう。

海外FX業者でビットコイン取引をするメリット
  • 追証なしのゼロカット適用で損失が最小限
  • 高いレバレッジをかけることが可能
  • FX取引のプラットホーム(MT4・MT5)で取引可能
  • ボーナス提供があればオトクに始めることができる
  • 売り注文から取引できる
海外FX業者でビットコイン取引をするデメリット
  • 土日祝日に取引できない可能性がある
  • 入出金に手間がかかる

「FXだけでなくビットコインも将来的には取引したい」という方は、ビットコイン取引対応の海外FX業者を検討してはどうでしょうか。