FXのpipsとは?1ピップスいくら?損益の計算方法と1日の獲得目安

pipsは通貨の共通単位。獲得pipsから損益計算もできる

FXでは「pips(ピップス)」という用語がよく出てきます。

「○pipsの利益が出た」「スプレッドは○pips」といった表現をしますが、どういう意味なのか・どうのように活用するのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はFXで用いるpipsの意味や計算方法について解説します。

pipsに関する知識を深めて、FXトレードのスキルを高めていきましょう。

今回のポイント
  • pipsは通貨の共通単位
  • 円絡みだと、1pipsは0.01円
  • 取引で獲得したpipsから損益を計算できる
  • pipsを損切りの目安にするのはおすすめしない

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

FXのpips(ピップス)の意味とは?

FXの用語であるpips(ピップス)とは、通貨の共通単位・最小単位を意味します。

そもそも、pipsは「percentage in point」の頭文字を取った用語で、複数形になることでpipsと呼ばれます。

FXではドル/円のように単位の異なる通貨ペアを取引しますが、各通貨の単位で値動きなどを表すと正確な単位で比較できません。
pipsを用いることで、値動き・利幅・スプレッド(取引コスト)を共通の単位で表すことができるというわけです。

pipsの用途例

【値動きの場合】

ドル/円が100.00円から100.05円になった場合
→5pipsの値動き


【スプレッドの場合】

ドル/円のスプレッドが1.0pips
→1ドルにつき1銭の取引コストが必要

1pipsはいくら?ピップスの数え方

1pipsがいくらかどうかは、円絡みかそうでないかで変わります。

  • 円絡みの通貨ペア(ドル/円など)
    1pips=1銭=0.01円
  • 円絡みではない通貨ペア(ドルストレートの場合)
    1pips=100セント=0.0001ドル

ドル/円といった円を含む通貨ペアの場合、1pipsは0.01円となります。
つまり、1円は100pipsです。

たとえば、ドル/円で価格が10pips下がったとすると、0.1円値段が動いたと捉えることができます。

一方で円を含まない通貨ペアの場合は、数値が変わります。
ユーロ/ドルといったドルストレートの場合、1pipsは0.0001ドルになるので間違えないようにしましょう。

ただし、後述で解説しますが取引量に応じて1pipsの損益は変わります
上記の数値は、値動きやスプレッドを把握するための目安にしてください。

参考動画

FXのpipsの仕組みや1pipsがいくらなのか、以下の動画でもわかりやすく解説されています。

pipsと銭の違い

売値と買値の差であるスプレッドはpipsで表記されることが多いですが、取引画面によっては「銭」で表されることもあります。

pipsと銭の表記の違いが以下の通りです。

  • pips=円を含まない通貨ペアのスプレッド単位(ユーロ/ドルなど)
  • 銭=円を含む通貨ペアのスプレッド単位(ドル/円など)

日本円を含まない通貨ペアの場合はpips表記され、日本円を含む通貨ペアのスプレッドは銭に表す場合があります。
〈スプレッド:1銭〉と表示されていれば、スプレッドは1.0pipsというわけです。

pips表記と銭表記の違いを知っておくことで、取引コストを正確に把握することができるでしょう。

スプレッドの意味や仕組みついて知りたい方は下記ページをチェック↓

pipsによる損益の計算方法

pipsを用いることで、FX取引の損益を計算することができます。

pipsをつかった損益の計算式が以下の通りです。

獲得pips(値幅)×取引量=損益


たとえば、ドル/円が100.00円の時に1万通貨の注文を入れたとします。
その後、100.05円になった時に決済したとすると、5pipsを獲得したことになります。

→0.05×1万=500円

1万通貨の取引で5pipsを獲得したとすると、500円の利益になるというわけです。

上記の例の場合、5pipsで500円の利益なので、1pipsに換算すると1pips=100円の利益となります。
このようにして、1pipsあたりの損益を計算することができます。

仮に、10万通貨の取引で5pipsを獲得したとすると、1pipsあたり1,000円の利益になるというわけです。

つまり、取引量が多くなる程に1pipsあたりの損益も大きくなります

損益を簡単に把握するなら、pipsと取引量を使った計算で損益を把握するといいでしょう。

FXで1日に獲得するpipsの目安・目標は?

前述の通り、取引量が分かっていれば1pipsあたりの損益を把握することが可能です。
そのため、獲得pipsを目標にしたり1日あたりの利益の目安にしようと考える方もいるでしょう。

しかし、1日に獲得できるpipsの数はその日の相場の動きや取引スタイルなどに左右されるため、1日に目標とすべき獲得pipsを断言することはできません

トレーダーの口コミからも、その日ごとに目標のpipsを変えたり獲得pipsは“あくまで目安”と捉えていたりしているのが分かります。

pipsを目標に置くなら、その日の相場の動きやあなたの取引スタイルから決めるといいでしょう。

取引量ごとの獲得pipsによる利益一覧

以下では、FXの取引量ごとに応じた獲得pipsとその利益を一覧でまとめました。

獲得pipsを1日の損益の目安にしようと考えている方は、参考にしてください。

1,000通貨あたりの利益

獲得pips 利益
1pips 10円
5pips 50円
10pips 100円
50pips 500円
100pips 1,000円

1万通貨あたりの利益

獲得pips 利益
1pips 100円
5pips 500円
10pips 1,000円
50pips 5,000円
100pips 10,000円

10万通貨あたりの利益

獲得pips 利益
1pips 1,000円
5pips 5,000円
10pips 10,000円
50pips 50,000円
100pips 100,000円

100万通貨あたりの利益

獲得pips 利益
1pips 10,000円
5pips 50,000円
10pips 100,000円
50pips 500,000円
100pips 1,000,000円

FXのpips(ピップス)に関する注意点

FXのpipsの注意点は、pipsを損切りの目安にしない方がいいということです。

損益計算で解説したように、pipsの損益は取引量によって変動するからです。

10pipsで損切りと決めていた場合

  • 1,000通貨の取引→100円の損失
  • 1万通貨の取引→1,000円の損失
  • 10万通貨の取引→1万円の損失

このように同じ獲得pipsでも、取引量によって損切りラインとなる損失額が異なります。
1,000通貨の取引と1万通貨の取引では、損失は10倍も違います。

そのため、pipsを損切りの目安にしていると、想像以上に大きな損失を抱えるかもしれません。

特にFX初心者の方はpipsを目安にするのではなく、許容できる損失額から損切りラインを決めるといいでしょう。

まとめ

FXで用いるpips(ピップス)は、通貨の共通単位で値動きやスプレッドの値を表すことができるものです。
通貨の単位が異なる通貨ペアでも、pipsがあれば共通単位で把握できます。

1pipsの数え方
  • 円絡みの通貨ペア(ドル/円など)
    →1pips=1銭=0.01円
  • 円絡みではない通貨ペア(ドルストレートの場合)
    →1pips=100セント=0.0001ドル

1pips=0.01円と覚えておくと、値動きやスプレッドを把握しやすいでしょう。

また、pipsから損益を簡単に計算することもできます。

獲得pips(値幅)×取引量=損益

あなたの取引スタイルに応じた獲得すべきpips数を決めて、その日の利益目標の指標として役立てるのもいいでしょう。