TitanFX(タイタンFX)の口コミ・評判!出金拒否やメリットについて解説

スキャルピングにおすすめ。気になるTitanfxの14の特徴

Titan FX(タイタンFX)という海外FX業者について、口座開設のメリットや注意点を解説していきます。

利用者の口コミも交えながら特徴をお伝えしていくので、実際の使い心地が気になる方は参考にしてください。

はじめにお伝えしておくと、Titan FXはスプレッドの狭さやレバレッジの高さが魅力です。
ボーナスがない・運営歴が浅いといった点もありますが、ハイレバレッジでスキャルピングしたい方にはおすすめの海外FX業者です。

今回のポイント
  • Titan FXはハイレバレッジスキャルピングにおすすめ
  • ボーナスがない分、スプレッドが0.33pipsと狭い
    ※スプレッドは取引コストのことです。
  • NDD方式採用でストップ狩りなし
    ※海外FX会社のディーラーが損切りを意図的に行うこと。

\ドル円0.33pipsと低スプレッド/

※VFSCライセンス登録済み&透明性の高いNDD方式採用

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

Titan FXの特徴一覧

Titan FXの特徴一覧

Titan FXの特徴を一覧でまとめたものが以下の表です。

特徴
ライセンス バヌアツ共和国のライセンス
(登録番号:40313)
レバレッジ・ロスカット ・最大レバレッジ500倍で追証なし
・証拠金維持率が20%以下でロスカット
ボーナス なし
スプレッド ドル円で0.33pips
取引プラットフォーム MT4
MT5
入金・出金 ・クレジットカード
(JCB、VISA、Mastercard、AMERICAN EXPRESS)
・bitwallet
・STICPAY
・銀行送金
約定注文処理 ・NDD方式
・ミリ数秒以内に執行
日本語対応 会員ページ完全日本語化
取扱商品 ・FX通貨ペア
・仮想通貨
・エネルギー
・貴金属
・株価指数
・米国株式

Titan FXはボーナスキャンペーンを一切実施せずに、最良の取引環境を提供すること」に力を注いでいる海外FX業者といえます。

それだけあって《スプレッドの狭さ、約定スピードの速さ、注文処理の透明性》は、どれをとっても海外FXの中でトップクラスだといえるでしょう。

冒頭でお伝えしたように、「海外FXのハイレバレッジを活かして短期売買にチャレンジしたい」と思っているならおすすめできる海外FX業者のひとつです。

Titan FXの魅力・取引する10のメリット

①バヌアツ共和国の金融ライセンスを取得

Titan FXは、バヌアツ共和国の金融サービス委員会(VFSC)のライセンスを取得しています。
(登録番号:40313)

金融ライセンスを取得しているということで、一定の信頼性があると考えていいでしょう。

また、公式サイトでは、運営者の顔写真と経歴も記載しています。
運営者情報を細かく開示している点から、信頼性の向上に努める姿勢が伺えます。

②悪質な出金拒否に関する口コミがほとんどない

titanfxは悪質な出金拒否に関する口コミがほとんどない

Titan FXは2014年にサービスを開始した新興ブローカーですが、悪質な出金拒否に関する事例は極めて少ないです。

利用者からの口コミでも「出金拒否はなかった」「無事に出金できた」という声が多いです。

Titan FXなら、詐欺を疑う悪質な出金拒否をされる危険性は低いでしょう。

③ドル円0.33pipsとスプレッドが狭い

titanfxはドル円0.33pipsとスプレッドが狭い

Titan FXのスプレッドは、海外FXの中でもトップクラスに狭いのが特徴です。

Titan FXでは、Zeroスタンダード口座とZeroブレード口座の2種類の口座がありますが、特にZeroブレード口座はドル円で0.33pipsとなっています。

Zeroスタンダード口座 Zeroブレード口座
取引手数料 無料 往復0.7pips
(往復取引)
USD/JPY 1.33pips 0.33pips
EUR/JPY 1.74pips 0.74pips
EUR/USD 1.20pips 0.20pips
AUD/JPY 2.12pips 1.12pips
AUD/USD 1.52pips 0.52pips
GBP/JPY 2.45pips 1.45pips
GBP/USD 1.57pips 0.57pips

利用者やFX経験者からも、「スキャルピングをするなら手数料が安いTitan FXがいい」と高評価です。

Titan FXと他社のスプレッド比較

Titan FXのスプレッドがどれほど狭いのかをお伝えするために、他社口座のスプレッドと比較してみました。

Titan FXのZeroブレード口座と他社のスプレッド比較

Titan FX
Zeroブレード口座
AXIORY
ナノスプレッド口座
XM
ZERO口座
取引手数料 往復0.7pips/lot 往復0.6pips/lot 往復1.0pips/lot
USD/JPY 1.03pips
(0.33pips)
1.1pips
(0.5pips)
1.6pips
(0.6pips)
EUR/JPY 1.44pips
(0.74pips)
1.3pips
(0.7pips)
1.1pips
(0.1pips)
GBP/JPY 2.15pips
(1.45pips)
2.3pips
(1.7pips)
2.2pips
(1.2pips)
AUD/JPY 1.82pips
(1.12pips)
1.5pips
(0.9pips)
2.2pips
(1.2pips)
EUR/USD 0.90pips
(0.20pips)
1.2pips
(0.6pips)
1.1pips
(0.1pips)
GBP/USD 1.27pips
(0.527pips)
1.5pips
(0.9pips)
2.1pips
(1.1pips)
AUD/USD 1.22pips
(0.52pips)
1.5pips
(0.9pips)
2.0pips
(0.4pips)

※()内は手数料抜きのスプレッドです。

Titan FXのZeroスタンダード口座と他社のスプレッド比較

Titan FX
スタンダード口座
AXIORY
スタンダード口座
XM
スタンダード口座
iFOREX
USD/JPY 1.33pips 1.5pips 1.6pips 1.8pips
EUR/JPY 1.74pips 1.7pips 2.6pips 1.8pips
GBP/JPY 2.45pips 2.7pips 3.5pips 5.0pips
AUD/JPY 2.12pips 2.1pips 3.0pips 5.0pips
EUR/USD 1.20pips 1.3pips 1.6pips 1.8pips
GBP/USD 1.57pips 1.9pips 2.3pips 3.0pips
AUD/USD 1.52pips 2.1pips 1.8pips 3.0pips

どちらの口座も他社口座と比較すると狭いのがわかります。

スプレッド重視のトレーダーであればTitan FXのスプレッドの狭さはかなり魅力的ではないでしょうか。

TitanFXの金融商品ごとの詳しいスプレッド比較はこちらからチェック↓

④約定は数ミリ秒以内に執行される

titanfxは約定は数ミリ秒以内に執行される

Titan FXは約定は、数ミリ秒以内に執行されるため約定力は高いといえます。
※参考:Titan FX「Zero Pointテクノロジー:ゼロピップスプレッドとゼロレイテンシ」

Titan FXの約定が速いのは、サーバーなどの取引インフラである設備投資に力を入れているからです。

  • 最新技術を駆使した「Zero Pointテクノロジー」を採用
  • EQUINIX社データセンターにトレーディングサーバーを設置している

※金融機関で金融商品や投資戦略を分析する人のこと。

Titan FXでは、「Zero Pointテクノロジー」という最新技術を導入した取引環境を提供しています。

Zero Pointテクノロジーでは、1秒あたりに数百万回のデータ処理を行いトレーダーの注文と最適なレートで約定するそうです。

Titan FX ZP-ASM独自のシステムが、ダークプール(プライベート・リクイディティ)やパブリックプールを含めた、全ての可能なリクイディティプールのレートとマーケットのボリュームを、1秒あたり数百万回比較します。そしてお客様の注文決済に最良のリクイディティ・プロバイダが自動的に抽出されます。

また、サーバーを置いているEQUINIX社はAmazonやGoogleとも提携している大手データセンターです。
世界的に有名なデーターセンターにサーバーを置いているため、強固な約定が期待できます。

利用者からも「約定スピードが速い」という声があがっています。

⑤透明性の高いNDD方式採用

titanfxは透明性の高いNDD方式採用

取引に縛りがないのは、Titan FXが採用している注文処理方式が『NDD方式』だからです。

Titan FXの注文方式は「NDD方式」となっています。

NDD方式とは、トレーダーの注文がインターバンクに直接流れる注文方式のことです。
トレーダーとインターバンクとの間にFX業者が介入しないため、透明性が高いといわれています。

また、インターバンクに直接流れた注文は自動で金融機関などのカバー先と約定するため、約定拒否やスリッページも少ないと考えられているのもポイントです。

⑥最大レバレッジ500倍で追証なし

titanfxは最大レバレッジ500倍で追証なし

Titan FXで利用できるレバレッジは最大で500倍です。

5万円の資金があれば、最大2,500万円分の取引ができることになります。
(2,500万円分の取引なら、1円動いただけ25万円の損益が発生します)

海外FXの中では平均的なレバレッジではありますが、国内業者と比べると資金効率は段違いです。
国内FXではドル円1万通貨のポジションでエントリーするのに、約4万円の証拠金が必要です。

しかしTitan FXなら、たった2,000円の証拠金で十分というわけです。

利用者からも「レバレッジは十分」「レバ500倍の恩恵で資金が戻ってきた」という口コミもあり、物足りなさを感じることはないでしょう。

また、Titan FXでは、追証なしのゼロカットシステムも採用されています。
万が一、残高がマイナスとなったとしてもマイナス分をTitan FXが負担してくれるというわけです。

ハイレバレッジトレードを行ったとしても、基本的には損失は残高までとなります。

ハイレバレッジ取引のメリット・デメリット、ゼロカットの仕組みもあわせて読む↓

⑦ロスカット水準は証拠金維持率が20%以下

Titan FXでは強制ロスカットが執行されるのは、証拠金維持率が20%以下になった場合になります。

国内FXのロスカット水準は証拠金維持率が50%〜100%以下のため、国内FXよりも余裕を持って取引できるといえるでしょう。

ロスカットの仕組み、強制決済の対処法についても詳しく見る↓

⑧通貨ペアは70種類以上!仮想通貨から米国株式まで取引可能

Titan FXで取引できるFX通貨ペアは70種類以上もあります。

通貨ペアの種類だけでなく、仮想通貨や米国株式まで扱っているのもポイントです。

  • FX通貨ペア
  • 仮想通貨
  • エネルギー
  • 貴金属
  • 株価指数
  • 米国株式

株価指数や貴金属、米国株式も同一アカウントで取引することができます

海外FXでビットコイン取引をするメリット・デメリットもあわせて読む↓

⑨入出金方法はクレジットカードからbitwalletまで対応

Titan FXでは、次の入出金方法に対応しています。

手数料 入金反映時間 出金反映時間
クレジットカード
(VISA、Mastercard)
無料 不明 即時処理
※着金は1営業日以上かかる場合がある
クレジットカード
(JCB)
無料 即時 即時処理
※着金は1営業日以上かかる場合がある
クレジットカード
(AMERICAN EXPRESS)
無料 即時
bitwallet 無料 即時 即時
STICPAY 無料 即時 即時
銀行送金 無料 1時間〜1営業日 2〜3営業日以内

入金手数料・出金手数料ともにTitan FXでは無料となっています。
※各サービスで別途手数料が発生する場合があります。

また、クレジットカードは幅広いブランドに対応しているのもポイントです。
〈JCB、VISA、Mastercard〉といった主要ブランドだけでなく、AMERICAN EXPRESSにも対応しています。

「JCBだけ」「VISAだけ」といった海外FX業者が多いため、クレジットカード入金がメインの方には使いやすい環境でしょう。

くわえて、銀行送金以外の入金方法では、即時反映となっています。
入金してスムーズに取引を始めたい方は、クレジットカードやオンラインウォレットでの入金がおすすめです。

bitwalletSTICPAYは出金もスピーディーで、利用者からも「Titan FXは入出金が早い」といった評判が良いです。

Titan FXの各入金方法の特徴・注意点を詳しく見る↓

Titan FXの出金方法・出金できない原因を詳しく見る↓

⑩平日24時間のサポート体制

Titan FXでは、平日24時間体制でカスタマーサポートを提供しています。

万が一トラブルがあっても、平日なら時間帯を気にせず問い合わせすることが可能です。
また、公式サイトも日本語化されているため利用しやすいでしょう。

口コミからもTitan FXのサポートの手厚さが伺えます。

Titan FXのサポート体制の評価は高いため、海外FX初心者の方でも利用しやすいといえるでしょう。

Titan FXの絵銘柄ごとの取引時間について詳しく見る↓

\約定力や出金速度が高評価

※VFSCライセンス登録済み&透明性の高いNDD方式採用

Titan FXの4つのデメリット・注意点

①ボーナスキャンペーンを実施していない

titanfxはボーナスキャンペーンを実施していない

Titan FXは、XMやGEMFOREXのようなボーナスキャンペーンを実施していません
完全に自分が用意できる資金での勝負になります。

もし自己資金だけの勝負に不安がある方は、下記ページでボーナス対応の業者をチェックしてみてください。

ボーナスを活用して資金を増やした後、Titan FXに資金移動してからハイレバスキャルピングに挑戦してみるのもいいでしょう。

ボーナスを使いリスクを抑えて取引を始めたい方には、豪華なボーナスが用意されている「XM」や「GEMFOREX」がおすすめです。

口座開設3,000円ボーナスと100%入金ボーナスを用意⬇︎

口座開設10,000円ボーナスと期間限定ボーナスを用意⬇︎

②企業としての実績がまだ乏しい

Titan FXは、2014年設立の比較的新しい海外FXブローカーです。
これまで悪質な出金拒否などのトラブルは起こっていませんが、iFOREXのように20年以上も運営しているところと比べると実績は乏しいといえます。

金融ライセンスを取得していますが、実績はこれから期待すべき点でしょう。

安全性の高い海外FX業者の見分け方もあわせて読む↓

③初回最低入金額が一律で20,000円相当

Titan FXの初回最低入金額は、入金方法を問わず200ドル(20,000円相当)に設定されています。
2回目以降の入金からは、各入金方法ごとの最低入金額で入金できます。

XM(初回最低入金額500円)やGEMFROEX(初回最低入金額100円)と比べると、初回の入金ハードルが高く感じてしまいます。

「海外FXがはじめてで、まずは少額入金から始めたい」と考えている方は、XMやGEMFREOXといった初回入金額の低い業者もチェックしてみてはどうでしょうか。

④信託保全の取り決めはない

titanfxは信託保全の取り決めはない

Titan FXには、「倒産した際に第三者機関の指導のもと、顧客に資金を返還する」という信託保全の取り決めがありません。

万が一Titan FXが経営破綻してしまった際の資金返還は、Titan FX次第ということになります。

Titan FXでは、弊社とお客様との間に発生した決済額を割り出すため、日次残高調整を行なっています。Titan FXから顧客信託口座へ、または、顧客信託口座からTitan FXへの決済手続きを行い、残高照合を行います。Titan FXで分別管理をしているお客様からの預かり残高には、お客様の含み益も含まれます(合計有効証拠金)。

(引用:Our Policy: Banking Information and Funds Security)

肝心の顧客資金は、Titan FXの運営資金とは別の銀行に完全に分けて保管されています(=完全分別管理)。

さらに上述したバヌアツのサービス委員会の指導のもと、顧客資金を運営資金の補填には流用できないことになっています。

仮に倒産しても顧客資金は無傷のまま残っているので、そのまま返還される可能性は高いといえるでしょう。

ちなみに顧客資金の預け先は、オーストラリアのNAB(オーストラリアナショナル銀行)です。
NABはオーストラリアで150年以上の歴史を持つメガバンクで、日本の3大メガバンクよりもランクが高い銀行です。

2020年末に第三者機関に加盟

Titan FXは、2020年末に「The Financial Commission」という第三者機関に加盟しました。

titanfxがThe Financial Commissionに加盟出典:The Financial Commission

The Financial Commissionへの加盟により、トレーダーは最大2万ユーロ(260万円相当)の補償を受けることができます。

第三者機関へ新たに加盟した点は、安全性と信頼性を高めるポイントといえるでしょう。

Titan FXの口座タイプは2つ

Titan FXの口座タイプは2つ

上述でも触れた通り、Titan FXでは2つの口座タイプを開設することができます。

Zeroスタンダード口座 Zeroブレード口座
スプレッド
(ドル円)
1.33pips 0.33pips
取引手数料 無料 往復0.7pips/ロット
初回最低入金額 200ドル 200ドル
最小取引量 0.01ロット
(1,000通貨)
0.01ロット
(1,000通貨)
最大レバレッジ 500倍 500倍
取引制限 なし なし
基本通貨 ・日本円
・米ドル
・ユーロ
・シンガポールドル
・日本円
・米ドル
・ユーロ
・シンガポールドル

基本的なスペックは同じですが、スプレッドと取引手数料に違いがあります

Zeroスタンダード口座はスプレッドが平均的ですが取引手数料がかかりません。
一方で、Zeroブレード口座はスプレッドが狭いですが取引手数料が別途発生します。

海外FXがはじめての方は、コストを把握しやすいZeroスタンダード口座が適しているでしょう。

Zeroブレード口座は、「スキャルピングをしたい」「自動売買をしたい」というトレーダーにおすすめといえます。

\ドル円0.33pipsと低スプレッド/

※VFSCライセンス登録済み&透明性の高いNDD方式採用

まとめ

Titan FXは、ボーナスなしや運営歴の短さが欠点ですが、金融ライセンスを取得して運営しているため一定の信頼性がある業者といえるでしょう。

ドル円で0.33pipsとスプレッドは海外FXのなかでもトップクラスに狭く、最新テクノロジーによる高い約定力も魅力です。

Titan FXのメリット
  • バヌアツ共和国の金融ライセンスを取得
  • 悪質な出金拒否に関する口コミがほとんどない
  • ドル円0.33pipsとスプレッドが狭い
  • 約定は数ミリ秒以内に執行される
  • 透明性の高いNDD方式採用
  • 最大レバレッジ500倍で追証なし
  • ロスカット水準は証拠金維持率が20%以下
  • 通貨ペアは70種類以上!仮想通貨から米国株式まで取引可能
  • 入出金方法はクレジットカードからbitwalletまで対応
  • 平日24時間のサポート体制
Titan FXのデメリット
  • ボーナスキャンペーンが一切ない
  • 企業としての実績がまだ乏しい。出金拒否の事例はなし
  • 初回最低入金額が一律で20,000円
  • 信託保全の取り決めはない

取引コストを抑えた環境を希望する方やスキャルピングを考えている方は、Titan FXの口座開設を検討してください。

\ドル円0.33pipsと低スプレッド/

※VFSCライセンス登録済み&透明性の高いNDD方式採用

Titan FXの基本情報

【会社情報】

詳細
所在地 1st Floor, Govant Building, Kumul Highway Port Vila, Vanuatu
ライセンス バヌアツ金融ライセンス
(登録番号:40313)
サービス開始 2014年
資産管理 分別管理
日本語対応 公式サイトは日本語化
サポート

【口座情報】

Zeroスタンダード口座 Zeroブレード口座
スプレッド
(ドル円)
1.33pips 0.33pips
取引手数料 無料 往復0.7pips
初回最低入金額 200ドル 200ドル
最小取引量 0.01ロット
(1,000通貨)
0.01ロット
(1,000通貨)
最大レバレッジ 500倍 500倍
取引制限 なし なし
基本通貨 ・日本円
・米ドル
・ユーロ
・シンガポールドル
・日本円
・米ドル
・ユーロ
・シンガポールドル
※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。