TitanFX(タイタンFX)の評判まとめ!利用者の口コミとメリット・デメリットを解説

スキャルピングにおすすめ。気になるTitanfxの14の特徴

TitanFX(タイタンFX)という海外FX業者について、口座開設のメリットや注意点を解説していきます。

利用者の口コミも交えながら特徴をお伝えしていくので、実際の使い心地が気になる方は参考にしてください。

はじめにお伝えしておくと、TitanFXはスプレッドの狭さやレバレッジの高さが魅力です。
ボーナスがない・運営歴が浅いといった点もありますが、ハイレバレッジでスキャルピングしたい方にはおすすめの海外FX業者です。

今回のポイント
  • TitanFXはハイレバレッジスキャルピングにおすすめ
  • ボーナスがない分、スプレッドが0.33pipsと狭い
    ※スプレッドは取引コストのことです。
  • NDD方式採用でストップ狩りなし
    ※海外FX会社のディーラーが損切りを意図的に行うこと。

\ドル円0.33pipsと低スプレッド/

※VFSCライセンス登録済み&透明性の高いNDD方式採用

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

TitanFXの特徴一覧

まずはTitanFXの特徴にザッと目を通してみましょう。

特徴 評価
レバレッジ・ロスカット ・最大レバレッジ500倍で追証なし
・証拠金維持率が20%以下でロスカット
★★★★☆
ボーナス なし ☆☆☆☆☆
スプレッド ・スプレッドはかなり狭い
(ドル円で平均1.03pips)
★★★★★
取引プラットフォーム ・MT4に対応
・スマホやブラウザ版もOK
★★★★☆
信頼性・安全性 ・運営歴は浅い
(2014年設立)
・金融ライセンス登録あり
(バヌアツ共和国)
・完全分別管理
★★★☆☆
入金・出金 ・入金はbitwalletやクレジットカードに対応 ★★★★★
約定注文処理 ・NDD方式採用が濃厚
・サーバーが強靭で約定が速い
★★★★★
日本語対応 ・会員ページ完全日本語化
・日本語サポート完備
(ライブチャットや電話など)
★★★★★
取扱商品 ・通貨ペア63種類
・貴金属ペア6種類
・資源CFD3種類
・株価指数9種類
★★★★☆

TitanFXは、顧客が飛びつきそうなボーナスキャンペーンは一切実施せずに最良の取引環境を提供すること」に力を注いでいる海外FX業者です。

それだけあって《スプレッドの狭さ、約定スピードの速さ、注文処理の透明性》は、どれをとっても海外FXの中でトップクラスだといえます。

冒頭でお伝えしたように、「海外FXのハイレバレッジを活かして短期売買にチャレンジしたい」と思っているなら間違いなくおすすめできる海外FX業者のひとつです。

TitanFXの魅力・取引する10のメリット

①スプレッドが狭い!口座によってはドル円0.33pips

TitanFX一番の特徴は目を見張るほどの狭スプレッドです。
【スタンダード口座】【ブレード口座】の2種類の口座タイプが用意されていますが、どちらもスプレッドが狭く設定されています。

スタンダード口座 ブレード口座
取引手数料 なし 0.7pips
(往復取引)
ドル円 1.33pips
(平均値)
0.33pips
(平均値)
ユーロ円 1.74pips
(平均値)
0.74pips
(平均値)
ユーロドル 1.20pips
(平均値)
0.20pips
(平均値)
オージー円 2.12pips
(平均値)
1.12pips
(平均値)
オージードル 1.52pips
(平均値)
0.52pips
(平均値)
ポンド円 2.45pips
(平均値)
1.45pips
(平均値)
ポンドドル 1.57pips
(平均値)
0.57pips
(平均値)
スタンダード口座とブレード口座の違い

トレーダーに関係ある両者の違いは、コスト体系です。

  • スタンダード口座
    ⇒TitanFXのマージンが乗ったレートが表示される
    ⇒取引手数料無料
  • ブレード口座
    ⇒TitanFXのマージンが乗っかっていないリアルレートが表示される
    ⇒取引手数料が1ロットエントリーあたり片道取引で3.5ドル

ブレード口座ではエントリーとエグジット(決済)、それぞれで3.5ドル/lotの手数料が発生します。
つまり、利益確定までに7ドル/lotの手数料が必要です。

手数料をpipsに換算すると0.7pipsなので、トータルコストは「表示スプレッド+0.7pips」で算出できます。
(平均スプレッドが0.3pipsなら、0.3pips+手数料0.7pipsでトータルコストは1.0pipsとなります)

上記の表を見ればわかるように、取引手数料を加味してもブレード口座の方が低コストになります。
TitanFXで新規口座開設するならブレード口座がおすすめです。
※ちなみにスプレッドを除き、後述する最大レバレッジなどのスペックは両口座とも全く同じになっています。

利用者やFX経験者からも、「スキャルピングをするなら手数料が安いTitanFXがいい」と高評価でした。

TitanFXと他社のスプレッド比較

TitanFXのスプレッドがどれほど狭いのかをお伝えするために、他社口座のスプレッドと比較してみました。

【TitanFXブレード口座と他社ECN口座の取引コスト比較】

Titan FX
ブレード口座
AXIORY
ナノスプレッド口座
XM
ZERO口座
取引手数料 往復0.7pips/lot 往復0.6pips/lot 往復1.0pips/lot
USD/JPY 1.03pips
(0.33pips)
1.00pips
(0.40pips)
1.10pips
(0.10pips)
EUR/JPY 1.44pips
(0.74pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.60pips
(0.60pips)
GBP/JPY 2.15pips
(1.45pips)
2.30pips
(1.70pips)
2.10pips
(1.10pips)
AUD/JPY 1.82pips
(1.12pips)
1.50pips
(0.90pips)
2.00pips
(1.00pips)
EUR/USD 0.90pips
(0.20pips)
1.00pips
(0.40pips)
1.10pips
(0.10pips)
GBP/USD 1.27pips
(0.527pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.40pips
(0.40pips)
AUD/USD 1.22pips
(0.52pips)
1.20pips
(0.60pips)
1.60pips
(0.60pips)
取引コスト平均値 1.39pips 1.43pips 1.56pips

※()内は手数料抜きのスプレッドです。

【TitanFXスタンダード口座と他社STP口座のスプレッド比較】

TitanFX
スタンダード口座
AXIORY
スタンダード口座
XM
マイクロ・スタンダード口座
iFOREX
USD/JPY 1.33pips 1.5pips 1.6pips 1.8pips
EUR/JPY 1.74pips 1.7pips 2.6pips 1.8pips
GBP/JPY 2.45pips 2.7pips 3.5pips 5.0pips
AUD/JPY 2.12pips 2.1pips 3.0pips 5.0pips
EUR/USD 1.20pips 1.3pips 1.6pips 1.8pips
GBP/USD 1.57pips 1.9pips 2.3pips 3.0pips
AUD/USD 1.52pips 2.1pips 1.8pips 3.0pips

どちらの口座でも他社口座と比較すると狭いのがわかります。

スプレッド重視のトレーダーであればTitanFXのスプレッドの狭さはかなり魅力的でしょう。

②サーバーの設備投資に力を入れているだけあって約定が早い

TitanFXは約定がものすごく早く快適です。
平日深夜のゴールデンタイムの取引でもサクサク約定して、成行注文でもクリックとほぼ同時に注文が通るイメージです。

経済指標発表時など市場の流動性が下がる局面でも、リクオートで注文が通らないことはほとんどありません。
※約定を拒否してレートを再提示してくること。

利用者からも「約定スピードが速い」という声があがっています。

TitanFXの約定が速いのは、サーバーなどの取引インフラである設備投資に力を入れているからです。

TitanFXの取引インフラへの設備投資例

  • 高頻度取引のプロトレーダー(HFC)や金融機関のクオンツしか利用できなかったインフラを一般トレーダーに提供
  • 最も通信のレイテンシ(遅延)が小さいニューヨークのEQUINIX社データセンターにトレーディングサーバーを設置

※金融機関で金融商品や投資戦略を分析する人のこと。

世界中にネットワークを持つエクイニクスグローバルデータセンターを介して、Titan FXとリクイディティパートナーを接続することで、より最適化された取引環境をご提供することが可能となりました。Titan FXの超高速約定スピードで、リクイディティパートナーとTitan FX ECNのゼロ距離を実感して頂けます。

少し専門的な用語が並んでいますが「TitanFXなら、有名金融機関の投資部門やプロトレーダーと同等の環境で取引できる」と考えて差し支えありません。

こういった設備背景もあり、TitanFXではスムーズな売買が期待できます。

③スキャルピングなどの取引制限が一切なし。NDD方式採用

TitanFXでは、他の海外FX業者では敬遠されている、以下のような顧客有利なトレード手法もすべて許容されています。

  • 数秒間のうちにエントリーや決済を繰り返す秒単位のスキャルピング
  • EAを用いた自動売買でのスキャルピング
    ※自動売買プログラム
  • 100ロットを超えるような大ロットのスキャルピング

取引に縛りがないのは、TitanFXが採用している注文処理方式が『NDD方式』だからです。

NDD方式とは、トレーダーの注文にFX会社が一切介せず、すべてダイレクトにFX市場や提携している金融機関に流す注文方式のことです。
TitanFXはトレーダーとの取引で利益を狙うのではなく、注文の仲介で発生するスプレッドの中抜きで利益を上げるビジネスモデルにしています。

収益がTitanFX経由の取引量に依存するので、トレーダーのアクティブな取引を活性化させるために自由な取引を許していると考えられます。

市場とダイレクトに取引を行うTitanFXではトレーダーとの間で利益相反が発生しないため、ストップ狩りやレート操作などの不正行為はおさえられています

提携先のリクイディティプロバイダーを公開している

TitanFXは、提携先のリクイディティプロバイダー(LP)を公開しています。

※リクイディティプロバイダーとは

リクイディティプロバイダーは市場の流動性を保つために、海外FX業者と提携を結び、ブローカーに届く注文の受け皿となる機関のことです。
NDD方式では業者がトレーダーの注文に関与しないため、市場の流動性を保つLPの存在が必要不可欠です。

提携先のLPを公開している点で、かなり透明性の高い業者といえます。

④最大レバレッジ500倍で追証なし

TitanFXで利用できるレバレッジは最大で500倍です。

5万円の資金があれば、最大2,500万円分の取引ができることになります。
(2,500万円分の取引なら、1円動いただけ25万円の損益が発生します)

海外FXの中では平均的なレバレッジではありますが、国内業者と比べると資金効率は段違いです。
国内FXではドル円1万通貨のポジションでエントリーするのに、約4万円の証拠金が必要です。

しかしTitanFXなら、たった2,000円の証拠金で十分というわけです。

利用者からも「レバレッジは十分」「レバ500倍の恩恵で資金が戻ってきた」という口コミもあり、物足りなさを感じることはないでしょう。

追証なしのゼロカットシステムも採用されていて、マイナス残高のリスクがゼロのため心おきなくハイレバトレードに勤しめます。

⑤証拠金維持率が20%を割り込むまでロスカットされない

TitanFXでは強制ロスカットが執行されるのは、証拠金維持率が20%以下になった場合になります。

ロスカットの執行までが遅いので、トレーダーの成り行き注文や逆指値注文以外で意図せず損失が確定してしまうリスクが少ないです。

仮にフルレバレッジ500倍でエントリーしたとしても、数pips程度の動きでポジションが放棄されてしまうことはありません。

【5万円入金ドル円100円の時に25万通貨(フルレバ500倍)でエントリーした場合】

  • 証拠金維持率が20%になる含み損の大きさ
    →4万円
  • 25万通貨エントリーで4万円の含み損が発生する逆行pips
    →16pips

スプレッド差し引いても15pips(0.15円)の動きまでなら耐えられます

上記はフルレバレッジエントリーした場合なので、エントリー枚数を減らせばさらに余裕を持ってポジションを保持することができます。

⑥取引できる通貨ペアは60種類!貴金属から米国株式まで取引可能

TitanFXで取引できるFX通貨ペアは60種類あります。
(一般的な海外FX業者は30種類程度です)

種類が多いだけあって、他の業者では見ることのないマイナーな通貨ペアも取引できます。

TitanFXマイナー通貨ペアの例

  • USD/THB(タイバーツ)
  • NOK/JPY(ノルウェー・クローネ)
  • USD/SEK(スウェーデン・クローナ)

その他にも、株価指数や貴金属、米国株式も同一アカウントで取引することができます。

TitanFXで取引できる通貨ペア(60種類)

■メジャー通貨ペア

  • EUR/USD
  • GBP/USD
  • AUD/USD
  • USD/JPY
  • USD/CHF

■マイナー通貨ペア

  • AUD/CAD
  • AUD/CHF
  • AUD/NZD
  • AUD/SGD
  • EUR/AUD
  • EUR/CHF
  • EUR/GBP
  • GBP/AUD
  • GBP/CHF
  • NZD/USD

■円通貨ペア

  • AUD/JPY
  • CAD/JPY
  • CHF/JPY
  • CNH/JPY
  • EUR/JPY
  • GBP/JPY
  • MXN/JPY
  • NZD/JPY
  • THB/JPY
  • ZAR/JPY

■クロス通貨ペア

  • CAD/CHF
  • EUR/CAD
  • EUR/NZD
  • GBP/CAD
  • GBP/NZD
  • USD/CAD

■エキゾチック通貨ペア

  • CHF/SGD
  • EUR/CZK
  • EUR/SGD
  • EUR/ZAR
  • GBP/SGD
  • GBP/TRY
  • NZD/CAD
  • NZD/CHF
  • SGD/JPY
  • USD/CNH
  • USD/CZK
  • USD/MXN
  • USD/RUB
  • USD/SGD
  • USD/THB
  • USD/ZAR

■ヨーロッパ通貨ペア

  • EUR/NOK
  • EUR/PLN
  • EUR/SEK
  • EUR/TRY
  • GBP/NOK
  • GBP/SEK
  • NOK/JPY
  • NOK/SEK
  • SEK/JPY
  • USD/NOK
  • USD/PLN
  • USD/SEK
  • USD/TRY
TitanFXで取引できるエネルギー(4種類)
  • XBR/USD
  • XTI/USD
  • UKO/USD
  • USO/USD
TitanFXで取引できる株価指数(21種類)
  • CAN60
  • US500
  • US30
  • UK100
  • NAS100
  • JPN225
  • GER30
  • FRA40
  • EUSTX50
  • AUS200
  • EUSTX50
  • HK50
  • HSCEI
  • IND50
  • NETH25
  • SING30
  • SWISS20
  • TWFTSE
  • US2000
  • USDX
  • VIX
TitanFXで取引できる貴金属(11種類)
  • XAU/EUR
  • XAU/USD
  • XAG/EUR
  • XAG/USD
  • XPD/USD
  • XPT/USD
  • XAU/AUD
  • XAU/CHF
  • XAU/GBP
  • XAU/JPY
  • XAG/AUD
TitanFXで取引できる米国株式(65種類)
X

  • 21stCenturyFox
  • 3M
  • Adobe
  • Alibaba
  • Alphabet
  • Amazon
  • Amex
  • Apple
  • AT&T
  • BankofAmerica
  • BestBuy
  • BeyondMeat
  • Boeing
  • BookingHoldings
  • Carnival-US
  • Chevron
  • Cisco
  • Coca-Cola
  • Comcast
  • Costco
  • Disney
  • eBay
  • ExxonMobil
  • Facebook
  • Ford
  • GeneralElectric
  • Intel
  • Johnson&Johnson
  • JPMorgan
  • Macys
  • Mastercard
  • McDonalds
  • Microsoft
  • Moderna
  • Mondelez
  • Netflix
  • NIKE
  • PayPal
  • Pepsi
  • Pfizer
  • Procter&Gamble
  • QUALCOMM
  • ResMed-US
  • RoyalCaribbean
  • SonyCorp
  • Spotify
  • Starbucks
  • Sysco
  • Target
  • Tesla
  • TexasInstruments
  • TMobile
  • TripAdvisor
  • TrivagoAdr
  • Twitter
  • UBER
  • UnitedHealth
  • Visa
  • WalgreensBoots
  • Walmart
  • WellsFargo
  • WesternUnion
  • WynnResorts
  • YumBrands
  • Zoom

⑦bitwalletでの入金・出金にも対応!送金や着金スピードが早い

TitanFXはbitwalletというオンラインウォレット経由での出入金に対応しています。

bitwalletの特徴
  • 入金手続きは即時、出金手続きは即日で対応
  • 完全日本語対応
  • 口座維持手数料が無料

特に出金の早さは「Titan FXのbitwalletは入出金が早い」といった利用者の口コミからも見て取れます。

またTitanFXでは以前まで業者間の資金移動に対応していましたが、bitwalletの導入を受けて廃止しました。
《他海外FX業者⇒bitwallet⇒TitanFX》の流れで資金を移せば、手数料無料で1日以内に資金をTitanFXに移動できるようになったからです。

下記10業者はbitwalletに対応しているので、利用している業者があればTitanFXへスムーズに資金を移動させて取引をスタートできます。

bitwallet対応の海外FX業者一覧

こういった利点から、TitanFXを利用するならbitwalletはあわせて利用したいサービスとなっています。

【bitwalletを利用した入金の流れ】

  1. クレジットカード(VISA/Mastercard/AMERICAN EXPRESS/Diners Club/JCB/Discover)、銀行送金でbitwalletへ入金
  2. bitwalletからTitan FXに入金

bitwalletからTitan FXへの入金は手数料無料かつ、口座へ即時入金反映されます。

ただしクレジットカードからbitwalletに資金をチャージするタイミングで8〜8.5%の手数料が必要なので覚えておきましょう。
銀行送金で資金をチャージする場合は手数料無料です。


【bitwalletを利用した出金の流れ】

  1. TitanFXからbitwalletへ出金
  2. bitwalletから銀行口座へ出金

TitanFXからbitwalletへの出金は手数料無料かつ出金処理後に即時反映されます。
bitwalletから自分の受け取り銀行への出金では、海外送金で《4,800円+送金額の1%》の手数料が発生します。

⑧口座開設だけなら3分ほどで完了

TitanFXでは、口座開設の申し込み時には本人確認や現住所確認の書類を提出する必要がありません

Titan FX(タイタン FX)では、口座開設のお申込み時に証明書類の提出は不要ですが、本人確認が完了していない場合、入金手続きや取引ができません。

(引用:口座開設時に証明書類の提出は必要ですか?

氏名や住所、メールアドレスなど個人情報を入力し、パスワードを設定すれば口座開設は完了します。

ただし、入金や取引開始には本人確認書類の提出が必要です。
初回の入金までには、クライアントキャビネット(マイページ)から本人確認書類は提出しておきましょう。

⑨「ZuluTrade」が利用できる

TitanFXには「ZuluTrade」が導入されています。

ZuluTradeとは自動売買システムのことで、プロトレーダーのトレード手法を組み込んだEAを自分の口座に組み込むことで“プロトレーダーと全く同じ”トレードができるものです。

投資分析を取り入れたソーシャルトレードや、個人トレーダーが公開するポジションをコピーするコピートレードに似ています。

ZuluTradeを利用することで、初心者トレーダーでもプロ並みの取引ができるのはメリットの一つです。

またZuluTradeでは、次のような各種情報を事前に仕入れられます。

  • ZULUランキング:各種トレーダーの取引結果をランキングしたもの。これを見れば簡単に好みのトレーダーの戦略を見つけられる
  • ZULUガード:相乗りしているトレーダーの取引状況や特定のマージンレベルに達した時点での自動通知などを設定できる
  • 口座シミュレーター:相乗りしているトレーダーの戦略における損益を取引環境ごとに算出できる

あまり自己流の取引で利益を出せていない方やFX初心者の方は、まずはZuluTradeを使ってみてください。

⑩完全日本語対応で日本人によるサポートも手厚い

TitanFXは日本語で利用できる海外FX業者です。
公式HPでの情報収集から口座開設、入金・出金申請や取引まで、英語のスキルが求められる場面はありません

口コミからも日本のFX業者を利用するのとなんら遜色ない使いやすさといえます。

それだけでなく、日本人スタッフだけで構成させたサポートデスクもあり、平日なら24時間いつでも対応してもらえます。

  • ライブチャット
  • 電話
  • メール

上記の方法での問い合わせも可能なので、利用中に不明点が出てきても安心です。

\約定力や出金速度が高評価

※VFSCライセンス登録済み&透明性の高いNDD方式採用

TitanFXの弱み・取引するデメリット4つ

①ボーナスキャンペーンが一切ない

TitanFXは、XMやGEMFOREXのようなボーナスキャンペーンを実施していません
完全に自分が用意できる資金での勝負になります。

もし自己資金だけの勝負に不安がある方は、下記ページでボーナス対応の業者をチェックしてみてください。

ボーナスを活用して資金を増やした後、TitanFXに資金移動してからハイレバスキャルピングに挑戦してみるのもいいでしょう。

ボーナスを使いリスクを抑えて取引を始めたい方には、豪華なボーナスが用意されている「XM」や「GEMFOREX」がおすすめです。

口座開設3,000円ボーナスと100%入金ボーナスを用意⬇︎

口座開設10,000円ボーナスと期間限定ボーナスを用意⬇︎

②企業としての実績がまだ乏しい。出金拒否の事例はなし

TitanFXは、2014年設立の比較的新しい海外FXブローカーです。
今までの5年間で出金拒否などのトラブルは起こっていませんが、iFOREXのように20年以上も運営しているところと比べると実績は乏しいといえます。

とはいえ利用者からの口コミを見る限り出金拒否の事例も見受けられず、無事に出金できている人ばかりのようです。

金融ライセンスはバヌアツ共和国で取得

新興ブローカーの中には「ライセンス無登録でサービスを提供している」ところもあります。

しかしTitanFXは、バヌアツ共和国の金融サービス委員会(VFSC)でライセンス取得済みです。
イギリスやオーストラリアの金融委員会と比べると権威性は少し落ちるものの、ライセンス登録があることで一定の信頼性は担保されているといえます。

新興ながらもしっかりと運営されている海外FXブローカーといえます。

③初回最低入金額が一律で20,000円

Titan FXの初回最低入金額は、入金方法を問わず200ドル(20,000円相当)に設定されています。
2回目以降の入金からは、各入金方法ごとの最低入金額で入金できます。

XM(初回最低入金額500円)やGEMFROEX(初回最低入金額100円)と比べると、初回の入金ハードルが高く感じてしまいます。

「海外FXがはじめてで、まずは少額入金から始めたい」と考えている方は、XMやGEMFREOXといった初回入金額の低い業者もチェックしてみてはどうでしょうか。

④信託保全の取り決めはない

TitanFXには、「倒産した際に第三者機関の指導のもと、顧客に資金を返還する」という信託保全の取り決めがありません。

万が一TitanFXが経営破綻してしまった際の資金返還は、TitanFX次第ということになります。

Titan FXでは、弊社とお客様との間に発生した決済額を割り出すため、日次残高調整を行なっています。Titan FXから顧客信託口座へ、または、顧客信託口座からTitan FXへの決済手続きを行い、残高照合を行います。Titan FXで分別管理をしているお客様からの預かり残高には、お客様の含み益も含まれます(合計有効証拠金)。

(引用:Our Policy: Banking Information and Funds Security)

肝心の顧客資金は、TitanFXの運営資金とは別の銀行に完全に分けて保管されています(=完全分別管理)。

さらに上述したバヌアツのサービス委員会の指導のもと、顧客資金を運営資金の補填には流用できないことになっています。

仮に倒産しても顧客資金は無傷のまま残っているので、そのまま返還される可能性は高いといえるでしょう。

ちなみに顧客資金の預け先は、オーストラリアのNAB(オーストラリアナショナル銀行)です。
NABはオーストラリアで150年以上の歴史を持つメガバンクで、日本の3大メガバンクよりもランクが高い銀行です。

2020年末に第三者機関に加盟

Titan FXは、2020年末に「The Financial Commission」という第三者機関に加盟しました。

titanfxがThe Financial Commissionに加盟出典:The Financial Commission

The Financial Commissionへの加盟により、トレーダーは最大2万ユーロ(260万円相当)の補償を受けることができます。

第三者機関へ新たに加盟した点は、安全性と信頼性を高めるポイントといえるでしょう。

以上がTitanFXの強みや注意点でした。

実績や信頼性の部分で多少弱いところはありますが、現状は特にトラブルなく健全に運営されているので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。
ボーナスキャンペーンがない点も、スプレッドの狭さや設備投資を考えると納得できる範囲といえます。

繰り返しになりますが、平均スプレッド0.33pips約定スピードの速さからTitanFXはスキャルピング向きの海外FX業者です。

短期売買でコツコツ稼ぎを増やしたい方は、当記事を参考にまずはTitanFXでの口座開設を検討してみてください。

\ドル円0.33pipsと低スプレッド/

※VFSCライセンス登録済み&透明性の高いNDD方式採用

TitanFXの詳細情報まとめ

TitanFXの会社情報
正式名称
TI Securities Limited
所在国
バヌアツ共和国
所在地
1st Floor, Govant Building, Kumul Highway Port Vila, Vanuatu
金融ライセンス

VFSCNo.40313

事業開始年
2014年
顧客資金の管理
National Australia Bank 同国会社法(Corporations Act 2001)に基づき、信託金のすべてを返還
公式サイト日本語化
完全日本語化
サポート体制
日本語サポートあり。メール・電話・チャット
日本語でのメール問い合わせ
support@titanfx.com
電話番号
(+64) 9950-8902 (日本サポートは平日8時~21時)
TitanFXの入出金情報
入金方法
クレジットカード(VISA、Mastercard、AMERICAN EXPRESS)
国内銀行送金
bitwallet
STICPAY
ビットコイン
入金から口座反映までのスピード
クレジットカード→即時
国内銀行送金→着金後、即時~30分
bitwallet→即時
ビットコイン→即時~1時間程度
入金手数料
無料
出金手数料
クレジットカード→無料
国内銀行送金→無料
bitwallet→無料
ビットコイン→10万円以下の出金は一律1,000円、10万円以上の出金は出金額の1%
出金依頼から指定口座へ着金までのスピード
1営業日~3営業日(※5営業日ほどかかる場合もあり)
スタンダード口座の詳細
最大レバレッジ
500倍
取引方式
STP NDD
追証について
ゼロカットシステム対応、追証なし
平均スプレッド
◎ ドル円1.33pips,ユーロドル1.20pips,ユーロ円1.74pips
約定スピード
◎ 非常に速い。滑りなし。
取引ツール
MetaTrader 4
取引手数料
取引手数料なし
ボーナス
なし
口座通貨
JPY・USD・EUR・GBP・CHF・AUD・NZD・SGD・HKD
商品
FX:60種類、貴金属:11種類、エネルギー:4種類、株価指数:21種類、米国株式:65種類
最低入金額
20,000円($200)
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
マージンコール水準
証拠金維持率90%以下
ロスカット水準
証拠金維持率20%以下
1ポジションの最大保有数
制限なし
最大保有数
制限なし
ブレード口座の詳細
最大レバレッジ
500倍
取引方式
ECN NDD
追証について
ゼロカットシステム対応、追証なし
平均スプレッド
◎ ドル円0.33pips,ユーロドル0.20pips,ユーロ円0.74pips
取引手数料
1Lot往復7ドル
約定スピード
◎ 非常に速い。滑りなし。
取引ツール
MetaTrader 4
ボーナス
なし
口座通貨
JPY・USD・EUR・GBP・CHF・AUD・NZD・SGD・HKD
商品
FX:60種類、貴金属:11種類、エネルギー:4種類、株価指数:21種類、米国株式:65種類
最低入金額
20,000円($200)
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
マージンコール水準
証拠金維持率90%以下
ロスカット水準
証拠金維持率20%以下
1ポジションの最大保有数
制限なし
最大保有数
制限なし