Tradeview(トレードビュー)の評判!メリットと欠点を15項目から解説

スキャルピングトレーダー必見。Tradeviewを徹底解剖

Tradeviewは、2004年に設立されたブローカーです。
運営歴は15年と、FX業者の中ではかなり老舗の部類に入ります。

近年になって公式HPの日本語対応を進めるなどをして、日本人からの認知度を徐々に上げてきています。

実のところTradeviewは知る人ぞ知る海外FX業者で、優良ブローカーの一つです。

ドル円平均0.2pipsという低スプレッド透明性の高いNDD方式採用といった申し分のないスペックを誇っています。
※ILC口座のスプレッドです。

今回は、Tradeviewを利用するメリットと注意点を解説していきます。

「Tradeviewのスペックは?どんな使い方がいい?」
「Tradeviewって信頼できる海外FX業者?」

このような疑問を持っている方は参考にしてください。

今回のポイント
  • Tradeviewは中上級者向けのスキャルピング業者
  • ドル円平均0.2pipsで手数料は往復0.5pipsと低コスト
  • スキャルピング向きプラットフォーム「cTrade」が利用可能
  • 《ライセンス取得、信託保全あり、FPAで高評価》と信頼性バツグン
  • 最低入金額10万円、最小取引単位1万通貨で敷居が高い

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

Tradeviewは「中上級者のスキャルピングトレーダー」には最高クラスの業者

結論からいうと、Tradeviewは『それなりにFXの経験がある中上級者のスキャルピングトレーダー』にとってベストな業者といえます。

Tradeviewのポイント
  • スプレッドはドル円0.2pips
  • 取引手数料は「往復0.5pips/lot」と安い
  • 最大レバレッジ200倍(ロスカット水準100%)×追証なし
  • エクイニクスのサーバーを利用した安定した高速約定
  • 取引制限一切なし
  • MT4のみならずcTraderの利用も可能

最大レバレッジこそ200倍と少々もの足りないものの、そのほかのスペックは最高クラスです。

取引コストは取引手数料込みで《ドル円平均0.6pips/ユーロドル平均0.7pips》と、国内FXに匹敵する安さで取引できます。

ただしロスカット水準が100%なためにフルレバレッジエントリーはできず、ある程度の証拠金がないと大きなポジションが持ちにくいのはネックです。

主に100倍〜150倍のレバレッジでの運用になるため、他の海外業者に比べて『少ない投資金でアクティブなハイレバレッジトレードをしたい』という方には不向きです。

また最低入金額は10万円で最小取引単位は1万通貨からと、初心者の方には取引のハードルが若干高い仕様になっています。

このような特徴から、Tradeviewはある程度経験のある中上級者のスキャルピングトレーダーにおすすめの業者です。

Tradeviewの強み・取引する12のメリット

①スプレッドの狭さが海外FXトップクラス!取引手数料も安い

Tradeviewの「ILC口座(Innovative Liquidity Connector口座)」は、海外FXの中でトップクラスに狭いスプレッドを誇っています

以下の画像は、Tradeviewのリアルタイムスプレッドからのものです。

Tradeviewのスプレッド出典:Tradeview

USD/JPYが0.2pipsEUR/USDが0.1pipsなど、全体的にかなり狭いスプレッドを提供しているのがわかります。

TradeviewのILC口座は、ECN口座のため取引手数料が必要です。
※電子取引所を利用し、私設取引所に直結して取引を行う口座タイプ。

その取引手数料もTradeviewでは「往復0.5pips/lot」と、格安な設定になっています。

海外FX業者 取引手数料
Tradeview 0.5pips
Axiory 0.6pips
Titan FX 0.7pips
XM 1.0pips

見ての通り、その他の海外FX業者と比べても安い手数料で取引できるのがわかります。

ECN口座では《スプレッド+取引手数料》が実際の取引コストとなるため、実際に上で掲載したリアルタイムスプレッドと取引手数料を足すと以下のようなコスト計算になります。

通貨ペア スプレッド+取引手数料
USD/JPY 0.6pips
EUR/JPY 1.2pips
EUR/USD 0.7pips
GBP/USD 1.1pips
AUD/USD 1.0pips
USD/CHF 1.1pips
USD/CAD 1.1pips

取引量の多いUSD/JPYとEUR/USDで、それぞれ0.7pipsと0.6pipsという国内業者とも遜色ない取引コストです。

利用者からの口コミでも「Tradeviewはスプレッドが低くて良い」と評判です。

短いスパンでコツコツ稼いでいきたいトレーダーにとっては、この低コストという特徴だけでTradeviewに惹かれるのではないでしょうか。

②安定した強固な約定力でサクサク決済できる

Tradeviewの約定力は、かなり優秀です。
実際に使わないとわからない部分ではありますが、クリックした瞬間に約定するイメージです。

利用者からもTradeviewの約定に関する口コミが見つかりました。


利用者からも「約定力は一番高い」「約定力ならおすすめ」と高評価です。

スリップによる隠れコストが発生する確率が低いため、上述した低スプレッドそのままに取引できます。

Tradeviewの約定力が強固な理由

Tradeviewの約定力が強固なのは、エクイニクス(EQUINIX)のニューヨークデータセンター(NY4)に自社サーバーを設置しているからです。

エクイニクスは、世界中の大手金融機関も利用する世界最大のデータセンターです。
海外FX業者でいうと、Titan FXやLAND-FXなども利用しています

高スペックのサーバーを利用することで接続遅延(レイテンシー)を限界まで留め、安定した高速約定を実現しているというわけです。

③完全NDD方式で取引制限一切なし

TradeviewはNDD方式を採用しています。

NDD方式では、トレーダーとインターバンクの取引の間に業者のディーラーが介入しません。
注文を呑まれて利益が相反しないので、非常に透明性が高い取引方法です。

またNDD方式では、業者のキャッシュポイントがスプレッドになります。
トレーダーが取引すればするほど業者も儲かる仕組みなので、取引に関する制限が一切ありません

スキャルピングもEAを利用したシステムトレードも無制限というわけです。

NDDの証明として提携LPを公開している

TradeviewはNDDの証明として、提携リクイディティプロバイダー(LP)を公開しています

LPは市場の流動性を保つために、トレーダーの注文の受け皿になってくれる機関です。
NDDにおいてはLPがトレーダーの注文を受けてくれることで、スムーズな約定が実現されています。

つまり提携LPなしのNDD業者は約定力が低い可能性があるというわけです。

Tradeviewは50以上のLPを抱えており、それを公開しているTradeviewは本物のNDD業者といえます。

④ゼロカットシステム採用で追証なし

Tradeviewはゼロカットシステムを採用しています。

仮に口座残高がマイナスになっても、マイナス分の追証を請求されることはありません
マイナス分はTradeviewが肩代わりしてくれます。

「どれだけ負けても損失は投資額まで」というリスクが限定された環境で、安心してハイレバレッジトレードができます。

⑤取引プラットフォームはMT5やcTradeも利用できる

Tradeviewでは、3種類の取引プラットフォームが用意されています。

【MT4】

言わずと知れた世界的な取引プラットフォームです。
対応しているEAの数やテクニカルチャートの数が圧倒的に多く、自分好みにカスタマイズしやすいのが特徴です。

裁量取引・システムトレードどちらのトレーダーでも扱いやすい万能のプラットフォームとなっています。


【MT5】

MT4のアップデート版です。
MT4よりも《動作スピードの速さ・機能の充実性・チャート分析のしやすさ》が優れており、人気が高まっています。

これから海外FXを始める裁量トレードがメインの方は、MT4よりもMT5がおすすめです。


【cTrader】

ECN口座専用の取引プラットフォームです。

板情報がデフォルトで見れる・ワンクリック注文可能・複数ポジションの同時決済》などの特徴があり、スキャルピングトレーダーに最もおすすめのプラットフォームです。
ただしMT4のEAと互換性がないため、MT4のEAを使いたい人には向いていません。

中でもTradeviewのプラットフォームでおすすめなのが「cTrader」です。
ECN専用の取引プラットフォームなだけあり、TradeviewのILC口座と非常に相性が良いです。

特に複数ポジションの同時決済はとても便利で、ほぼタイムラグなしで同時決済が期待できます。

ただしEAなどの自動売買に関してはMT4のほうが種類も多く使いやすいため、EA中心のトレードをする方はMT4が良いでしょう。

⑥入出金方法が豊富。入金手数料は無料

Tradeviewでは、主要となる入出金方法に幅広く対応しています。

入出金方法
  • 銀行送金
  • クレジットカード(VISA、Mastercard)
  • bitwallet
  • STICPAY
  • bitpay

など

入金に関しては、全ての入金方法で手数料無料となっています。
また入金スピードは銀行送金で1〜3営業日、クレジットカードや電子決済系で即日です。

⑦ケイマン諸島の金融ライセンス(CIMA)取得で信頼性がかなり高い

Tradeviewは、ケイマン諸島の金融ライセンス(CIMA)を取得しています。

実はこのケイマン諸島は、とてもすごい国であることを知っていますか。
銀行総資産1.5兆(日本円で約160兆円)、世界の50の銀行のうち40が支店を構えるという金融大国です。

これだけの金融大国のライセンスを取得していることもあり、信頼性も別格でしょう。

その証拠に、FAFT(金融作業部会)という“マネーロンダリングやテロ資金などの不正なお金の流れの取り締まりで、アメリカに次ぐ第5位にランクインしています。

厳格なライセンスとして知られるイギリスのFCAよりも上の順位です。

“○○諸島”というと、規制の甘いオフショアライセンスを想像してしまいがちですが、ケイマン諸島はまったくの別物というわけです。

⑧最大35,000$までの信託保全。管理方法は分別管理

Tradeviewは、最大35,000$(400万相当)までの信託保全があります。

トレーダーの資金は「GC PARTNERS」という会計機関で分別管理されています。

Tradeviewは金融規制法に基づきお客様の口座資金を銀行に信託、自社資本と完全区分し、独立した会計機関であるGC PARTNERSにより分別管理がされております。

(引用:Tradeview

Tradeviewが倒産してしまった場合でも、確実に35,000$までは口座資金は返還されるので安心です。

もし口座残高が35,000$を超えて不安な場合は、残高が35,000$以下になるよう出金するようにしておくと良いでしょう。

⑨世界最大の口コミサイト「FPA(Forex Peace Army)」で高評価

Tradeviewは、世界最大のFX口コミサイト「FPA」で非常に高い評価を受けています

Tradeviewのfpaでの評価出典:FPA

上記画像の通り、FPAでのTradeviewの評価は星4以上です。
FPAでは平均して“星3”あれば十分に優良業者といえる水準のため、4点を超えているTradeviewは高評価の業者と考えていいでしょう。

口コミを見ていると、スプレッドや約定力などの取引スペック面はもちろん、入出金のスムーズさを評価しているものも多く見られました。

世界中のトレーダーから評価されているといっても過言ではないため、業者としての信頼性はかなり高いといえます。

⑩口座開設がカンタン5分でできる

Tradeviewの口座開設フォームは以前まで英語も多く、煩雑でわかりづらい仕様でした。

しかし口座開設フォームも日本語対応化が進み、現在では非常にわかりやすくなっています。
同時に入力項目も少なくなったため、かなり口座開設のハードルが下がっています。

英語がまったくできない方でも5分もあれば口座開設できるので、海外FX特有の口座開設時の煩わしさがありません。

⑪FX通貨ペアのみならず豊富な金融商品を取引できる

Tradeviewは取引できる金融商品の品ぞろえが非常に多いです。

  • FX通貨ペア:36種
  • 株式:37種
  • ETF:27種
  • 株式インデックス:7種
  • 資源、貴金属:5種

このように合計107種もの金融商品を取引できます。

ただしFX通貨ペアと株式・ETFなどのCFD商品は、同一口座で取引することができません
「TradeviewStocks」という別アカウントを開設する必要があります。

他の海外業者ではFX口座と同じ口座でCFDも取引できるため、このあたりは惜しい部分といえます。

Tradeviewで取引可能なFX通貨ペア(36種類)

EUR/USD USD/CHF USD/JPY USD/CAC EUR/JPY

EUR/CAD CHF/JPY CAD/JPY GBP/USD EUR/GBP

GBP/JPY NDZ/USD GBP/CHF AUD/USD AUD/JPY

EUR/AUD NZD/JPY GBP/CAD GBP/AUD AUD/NZD

AUD/CHF AUD/CAD USD/TRY USD/NOK EUR/TRY

EUR/CHF GBP/NZD USD/MXN USD/SGD USD/ZAR

EUR/CZK USD/CZK USD/PLN EUR/PLN USD/HUB

EUR/HUF

Tradeviewで取引可能な株式(37種類)
  • Alcoa (AA)
  • Apple Inc. (AAPL)
  • Applied Materials (AMAT)
  • Bank of America(BAC)
  • Bank of America(BAC)
  • Bristol Meyers Squibb(BMY)
  • Caterpillar(CAT)
  • Cisco Systems(CSCO)
  • ConocoPhillips(COP)
  • Delta Airlines(DAL)
  • eBay Inc(EBAY)
  • EMC Corp(EMC)
  • Exxon-Mobile(XOM)
  • Facebook(FB)
  • Ford Motor Company (F)
  • General Electric (GE)
  • General Motors Company(GM)
  • Goldman Sachs(GS)
  • Google Inc(GOOG)
  • Hewlett-Packard(HPQ)
  • Home Depot(HD)
  • IBM(IBM)
  • Intel Corp(INTC)
  • JPMorgan Chase(JPM)
  • Las Vegas Sands Corp(LVS)
  • McDonalds(MCD)
  • Microsoft Corp(MSFT)
  • Newmont Mining Corp(NEM)
  • Oracle Corp(ORCL)
  • Pfizer Inc(PFE)
  • Potash(POT)
  • Qualcomm Inc(QCOM)
  • Research in Motion(RIMM)
  • Symantec Corp(SYMC)
  • Target Corp(TGT)
  • United States Steel Corp(X)
  • Verizon Communications(VZ)
  • Yahoo Inc(YHOO)
Tradeviewで取引可能なETF(27種類)
  • DIAMONDS TRUST ETF
  • ISHARES BARCLAYS TIPS BOND
  • ISHARES BRAZIL INDEX ETF
  • ISHARES COHEN & STEERS RM INDEX FD
  • ISHARES DOW JONES US REAL EST ETF
  • ISHARES FTSE/XINHUA CHINA 25 ETF
  • ISHARES MSCI EAFE INDEX ETF
  • ISHARES MSCI EMG MARKETS ETF
  • ISHARES MSCI KOKUSAI ETF
  • ISHARES MSCI MEXICO
  • ISHARES MSCI PAC X-JP ETF
  • ISHARES NASDAQ BIOTECH ETF
  • ISHARES S&P 500 ETF
  • ISHARES S&P EUROPE 350 ETF
  • ISHARES S&P GLOBAL 100 ETF
  • ISHARES S&P GLOBAL ENRGY ETF
  • ISHARES S&P GSCI COMMOD ETF
  • ISHARES S&P SMALLCAP 600 ETF
  • ISHARES SOUTH AFRICA INDEX ETF
  • ISHARES SOUTH KOREA INDEX ETF
  • ISHARES TAIWAN INDEX ETF
  • POWERSHARES FTSE EX-JPN ETF
  • POWERSHARES GLOBAL CLEAN ENRGY ETF
  • POWERSHARES GLOBAL WATER ETF
  • SPDR TRUST ETF
  • VANGUARD SMALL-CAP ETF
  • VANGUARD TOTAL STKMKT ETF
Tradeviewで取引可能な株式インデックス(7種類)
  • Germany 30 Index/EUR
  • US DJ 30 Index/USD
  • Europe 50/EUR
  • France 40 Index/EUR
  • US NASQ 100 Index/USD
  • US SP 500 Index/USD
  • UK FTS 100 Index/GBP
Tradeviewで取引可能な資源・貴金属(5種類)
  • ダイヤモンド
  • 原油
  • 天然ガス

⑫日本語サポートが平日24時間体制

Tradeviewの日本語による問い合わせ受付は、平日24時間となっています。

サポートはメール対応が用意されており、わからないことがあればいつでも問い合わせで確認することができます。

Tradeviewの弱み・取引する3つのデメリット

①ボーナスキャンペーンが一切ない

Tradeviewは、スプレッドを極限まで削ることで顧客に還元しています
XMやGEMFOREXのようなボーナスキャンペーンは一切開催されていません

すべて自己資金での勝負になります。

もしもボーナスがもらえる業者を希望しているなら、条件別でおすすめ業者を厳選した以下ページを参考にしてください。

②最低入金額が10万円、最小取引単位が1万通貨と高め

TradeviewのILC口座の最低入金額は10万円からとなっています。
他の海外業者が高くても1〜2万円からと考えると、かなり高めの設定です。

1回の取引あたりの最小取引単位も1万通貨からに設定されています。
他の海外業者だと1,000通貨から取引できるところがほとんどなので、こちらも高めの設定です。

最低入金額の高さ・最小取引単位の大きさを考えると、海外FX初心者の方は手が出しづらいかもしれません。

③最大レバレッジ200倍×ロスカット水準100%

Tradeviewは最大レバレッジ200倍ロスカット水準100%に設定されています。
※初期設定だと最大100倍ですが、口座開設後に申請すれば200倍に変更できます。

他の海外FX業者が最大レバレッジの平均は400〜500倍、ロスカット水準は20〜30%程度なのを考えると、レバレッジは少々控えめでロスカット水準は辛めなのがわかります。

ロスカット水準が100%である以上、200倍フルレバレッジでの勝負ができないために、大きなポジションを持つにはそれなりに潤沢な口座資金が必要です。

少ない証拠金からハイレバレッジでアクティブにトレードしたい方にはあまり向いていません。

レバレッジ別のロスカット水準100%での勝負ライン
  • 証拠金:10万円
  • 通貨ペア:ドル円100円
  • スプレッド:1.0pips
  • ロスカット水準:100%
ポジション枚数
(実行レバレッジ)
スプレッド
(円換算)
ポジション保有時の
証拠金維持率
ロスカットまでの
許容pips
20万通貨
(実行レバレッジ200倍)
2,000円 99%以下 0.0pips
(即強制ロスカット)
15万通貨
(実行レバレッジ150倍)
1,500円 131.3%以下 15.6pips
10万通貨
(実行レバレッジ100倍)
1,000円 198%以下 49.0pips

海外FX業者で人気No.1の「XM」はロスカット水準20%。豪華ボーナスもあるのでチェックしてみてください⬇︎

冒頭で述べた通り、Tradeviewは15年以上運営を続けてきたというのも納得の実力でした。

Tradeviewのメリット
  • ドル円平均0.6pipsと低スプレッド。取引手数料も安い
  • 世界最大のデータセンター利用で安定した強固な約定力
  • 完全NDD方式で取引制限一切なし
  • ゼロカットシステム採用で追証なし
  • 取引プラットフォームはMT5やcTradeも利用できる
  • bitwalletから銀行送金まで幅広い入出金方法に対応
  • ケイマン諸島の金融ライセンス(CIMA)取得で信頼性がかなり高い
  • 最大35,000$までの信託保全。管理方法は分別管理
  • 世界最大の口コミサイト「FPA(Forex Peace Army)」で高評価
  • 口座開設は5分ほどで可能
  • FX通貨ペアのみならず株式やETFも豊富
  • 日本語サポートが平日24時間体制
Tradeviewのデメリット
  • ボーナスキャンペーンが一切ない
  • 最低入金額が10万円、最小取引単位が1万通貨と高め
  • 最大レバレッジ200倍×ロスカット水準100%

スプレッドは海外FXの中でもトップクラスに狭く、NDD方式で取引制限はありません。
スキャルピング向きのプラットフォーム「cTrader」が用意され、申し分ないほどのスキャルピング環境が整っています

中上級者のスキャルピングトレーダーは一度利用してみてはどうでしょうか。

Tradeviewの詳細情報まとめ

Tradeviewの会社情報
正式名称
Tradeview Ltd
所在国
Cayman Islands
所在地
Grand Cayman, KY1-1002;103 S Church Street. Harbour Place, 4th floor, Cayman Islands
金融ライセンス
CIMA/Cayman(No. 585163)
事業開始年
2004年
顧客資金の管理
分別管理、35,000$までの信託保全あり
公式サイト日本語化
完全日本語化
サポート体制
メール
日本語でのメール問い合わせ
japanesesupport@tvmarkets.com
電話番号(国際電話)
+1-345-945-6271
Tradeviewの入出金情報
入金方法
クレジットカード(VISA、Mastercard)
銀行送金
電子決済サービス(STICPAY、bitwallet など)
入金から口座反映までのスピード
クレジットカード→即日
銀行送金→1〜3営業日
電子決済サービス→即日
入金手数料
無料
出金手数料
クレジットカード→無料
海外銀行送金→3,000円〜4,000円程度
電子決済サービス→電子決済サービスでかかる手数料
出金依頼から指定口座へ着金までのスピード
1~3営業日ほど
※銀行送金は最大1週間、クレジットカードは最大1ヶ月
ILC口座の詳細
最大レバレッジ
200倍
追証について
ゼロカットシステム対応、追証なし
平均スプレッド
◎ ドル円0.1pips、ユーロドル0.1pips
取引ツール
MetaTrader 4、MetaTrader 5、cTrader
取引手数料
往復0.5pips/lot
ボーナス
なし
口座通貨
USD、EUR、GB、JPY
商品
FX:36種類、株式:37種類、ETF:27種類、株式インデックス:7種類、資源・貴金属:5種類
最低入金額
100,000円
両建て取引
同一口座内での両建て取引は可能。他口座・他業者との両建て取引は禁止。
最低取引量
0.1LOT(10,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率100%