Tradeview(トレードビュー)の口コミ・評判!出金拒否やスプレッドは?

スキャルピングトレーダー必見。Tradeviewを徹底解剖

Tradeviewは、2004年に設立されたブローカーです。
運営歴は15年以上と、FX業者の中では老舗の部類に入ります。

近年になって公式HPの日本語対応を進めるなどをして、日本人からの認知度を徐々に上げてきています。

Tradeviewは、ドル円平均0.2pipsという低スプレッド透明性の高いNDD方式採用といった申し分のないスペックを誇っています。
※ILC口座のスプレッドです。

今回は、Tradeviewを利用するメリットと注意点を解説していきます。

「Tradeviewのスペックは?どんな使い方がいい?」
「Tradeviewって信頼できる海外FX業者?」

このような疑問を持っている方は参考にしてください。

今回のポイント
  • Tradeviewは中上級者向けのスキャルピング業者
  • ドル円平均0.2pipsで手数料は往復0.5pipsと低コスト
  • スキャルピング向きプラットフォーム「cTrade」が利用可能
  • 《ライセンス取得、信託保全あり、FPAで高評価》と信頼性あり
  • 最低入金額10万円、最小取引単位1万通貨で敷居が高い

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

Tradeviewは〈中上級者のスキャルピングトレーダー〉に適した業者

Tradeviewは〈中上級者のスキャルピングトレーダー〉に適した業者

結論からいうと、Tradeviewは〈FXの経験がある中上級者のスキャルピングトレーダー〉にとってベストな業者といえます。

Tradeviewのポイント
  • スプレッドはドル円0.2pips
  • 取引手数料は「往復0.5pips/lot」と安い
  • 最大レバレッジ200倍で追証なし
  • エクイニクスのサーバーを利用した安定した高速約定
  • MT4のみならずcTraderの利用も可能
  • 透明性の高いNDD方式

最大レバレッジこそ200倍と少々もの足りないものの、そのほかのスペックは高いです。

取引コストは取引手数料込みで《ドル円0.7pips・ユーロドル0.6pips》と、国内FXに匹敵する狭さで取引できます。
また、スキャルピング向きとされるcTrader対応や、安定した約定力もスキャルピングトレーダーにおすすめできる理由です。

ただし、ロスカット水準が100%のためにリスク管理に慎重になる必要があり、ある程度の証拠金がないと大きなポジションが持ちにくいのは欠点でしょう。

さらに、最低入金額は1,000ドルからのため、初心者の方には取引開始のハードルが高い仕様になっています。

Tradeviewの10のメリット

Tradeviewを利用するメリットが次の10項目です。

  • ケイマン諸島の金融ライセンス(CIMA)を取得
  • 出金拒否に関する口コミなし
  • スプレッドはドル円0.2pipsほどと狭い
  • 安定した強固な約定力でサクサク決済できる
  • NDD方式で透明性の高い取引が可能
  • ゼロカットシステム採用で追証なし
  • 取引プラットフォームはMT5やcTradeも利用できる
  • 入出金方法が豊富。入金手数料は無料
  • 会計機関による資金管理体制
  • 世界最大の口コミサイト「FPA(Forex Peace Army)」で高評価

①ケイマン諸島の金融ライセンス(CIMA)を取得

tradeviewはケイマン諸島の金融ライセンス(CIMA)を取得

Tradeviewは、ケイマン諸島の金融ライセンス(CIMA)を取得しています。
(登録番号:585163)

実はこのケイマン諸島は、とてもすごい国であることを知っていますか。
世界第5位の金融センターで、約1兆9,000億ドルの預金があるといわれています。
※参考:BLJ法律事務所「ケイマン諸島の法制度の概要」

世界第5位の金融センターに認可されたFX業者ということもあり、Tradeviewは一定の信頼性・安全性があると考えていいでしょう。

安全性の高い海外FXの選び方もあわせて読む↓

②出金拒否に関する口コミなし

tradeviewは出金拒否に関する口コミなし

海外FX口座を利用する上で出金拒否は不安視されがちですが、Tradeviewでは悪質な出金拒否に関する口コミは見当たりません。

利用者からも「出金拒否されたことはない」という声があります。

前述した通り大手金融庁のライセンスを取得していることもあり、悪質な出金拒否をされる可能性は低いと考えていいでしょう。

③スプレッドはドル円0.2pipsほどと狭い

tradeviewはスプレッドはドル円0.2pipsほどと狭い

Tradeviewの「ILC口座」は、海外FXの中でトップクラスに狭いスプレッドを誇っています

以下の画像は、Tradeviewのリアルタイムスプレッドです。

Tradeviewのスプレッド出典:Tradeview

ドル円が0.2pipsユーロドルが0.1pipsなど、全体的にかなり狭いスプレッドを提供しているのがわかります。

ただし、TradeviewのILC口座は、ECN方式のため取引手数料が必要です。
※電子取引所を利用し、私設取引所に直結して取引を行う口座タイプ。

その取引手数料もTradeviewでは「往復0.5pips/lot」と、安めの設定になっています。

海外FX業者 取引手数料
Tradeview 0.5pips
Axiory 0.6pips
Titan FX 0.7pips
XM 1.0pips

見ての通り、その他の海外FX業者と比べても安い手数料で取引できるのがわかります。

ECN口座では《スプレッド+取引手数料》が実際の取引コストとなるため、実際に上で掲載したリアルタイムスプレッドと取引手数料を足すと以下のようなコスト計算になります。

通貨ペア スプレッド+取引手数料
USD/JPY 0.7pips
EUR/JPY 0.9pips
EUR/USD 0.6pips
GBP/USD 1.1pips
AUD/USD 0.9pips
USD/CHF 1.0pips
USD/CAD 1.2pips

メジャーなドル円で合計0.7pips・ユーロドルで合計0.6pipsと、国内業者と遜色のない取引コストといえるでしょう。

利用者からの口コミでも「Tradeviewはスプレッドが低くて良い」と評判です。

短いスパンでコツコツ稼いでいきたいトレーダーにとっては、この低コストという特徴だけでTradeviewに惹かれるのではないでしょうか。

④安定した強固な約定力でサクサク決済できる

tradeviewは安定した強固な約定力でサクサク決済できる

Tradeviewの約定力は高いと想定できます。
利用者からも「約定力は一番高い」「約定力ならおすすめ」と高評価だからです。

約定力が高いといえるため、低スプレッドを活かしたスキャルピングもしやすいでしょう。

Tradeviewの約定力が強固な理由

Tradeviewの約定力が強固なのは、エクイニクス(EQUINIX)のニューヨークデータセンターにサーバーを設置しているからだと考えられます。

EQUINIXは、AmazonやGoogleとも提携している世界的に有名なデータセンターです。
海外FX業者でいうと、Titan FXやLAND-FXなども利用しています。

高スペックのサーバーを利用することで接続遅延を抑えて、安定した高速約定を実現しているのでしょう。

⑤NDD方式で透明性の高い取引が可能

tradeviewはNDD方式で透明性の高い取引が可能

TradeviewはNDD方式を採用しています。

NDD方式では、トレーダーの注文がインターバンクに直接流れます。
間にFX業者が入らないため注文を呑まれて利益が相反することがなく、非常に透明性が高い取引方法です。

また、インターバンクに直接流れた注文は自動でマッチングするため、出金拒否といったトラブルも少ないといわれています。

NDDの証明として提携LPを公開している

TradeviewはNDDの証明として、リクイディティプロバイダー(LP)と連携していることが記載されています。

We offer some of the tightest spreads in the market through our close relationships with a number of different LP’s.

【訳】さまざまなLPとの緊密な関係を通じて、市場で最もタイトなスプレッドのいくつかを提供しています。

(引用:Tradeview「よくある質問」

LPは市場の流動性を保つために、トレーダーの注文の受け皿になってくれる機関です。
NDDにおいてはLPがトレーダーの注文を受けてくれることで、スムーズな約定が実現されています。

つまり提携LPなしのNDD業者は約定力が低い可能性があるというわけです。

⑥ゼロカットシステム採用で追証なし

Tradeviewはゼロカットシステムを採用しています。

Tradeview, through our trading platforms, provides an automated risk management system that ensures that our clients’ account balances will never go negative.

Tradeviewは、当社の取引プラットフォームを通じて、クライアントの口座残高が決してマイナスにならないことを保証する自動化されたリスク管理システムを提供します

(引用:Tradeview「Fund Safety」

仮に口座残高がマイナスになっても、マイナス分の追証を請求されることはありません
マイナス分はTradeviewが負担してくれます。

追証なしのゼロカットの仕組みを詳しく知る↓

⑦取引プラットフォームはMT5やcTradeも利用できる

tradeviewは取引プラットフォームはMT5やcTradeも利用できる

Tradeviewでは、3種類の取引プラットフォームが用意されています。

【MT4】

言わずと知れた世界的な取引プラットフォームです。
対応しているEAの数やテクニカルチャートの数が圧倒的に多く、自分好みにカスタマイズしやすいのが特徴です。

自動売買やテクニカル分析を行うトレーダーに適しているプラットフォームとなっています。

→今すぐMT4の評判、メリット・デメリットを見る


【MT5】

MT4のアップデート版です。
MT4よりも《動作スピードの速さ・機能の充実性・チャート分析のしやすさ》が優れており、人気が高まっています。

これから海外FXを始める裁量トレードがメインの方は、MT4よりもMT5がおすすめです。

→今すぐMT5の評判、メリット・デメリットを見る


【cTrader】

ECN口座専用の取引プラットフォームです。

板情報がデフォルトで見れる・ワンクリック注文可能・複数ポジションの同時決済》などの特徴があり、スキャルピングトレーダーに最もおすすめのプラットフォームです。

→今すぐcTraderの評判、メリット・デメリットを見る

中でもTradeviewのプラットフォームでおすすめなのが「cTrader」です。
ECN専用の取引プラットフォームなだけあり、TradeviewのILC口座と非常に相性が良いです。

特に複数ポジションの同時決済はとても便利で、ほぼタイムラグなしで同時決済が期待できます。

ただしEAなどの自動売買に関してはMT4のほうが種類も多く使いやすいため、EA中心のトレードをする方はMT4が良いでしょう。

⑧入出金方法が豊富。入金手数料は無料

Tradeviewでは、主要となる入出金方法に幅広く対応しています。

入出金方法
  • 銀行送金
  • クレジットカード
    (VISA、Mastercard)
  • bitwallet
  • STICPAY
  • bitpay

など

入金に関しては、全ての入金方法で手数料無料となっています。
また入金スピードは銀行送金で1〜3営業日、クレジットカードや電子決済系で即日です。

⑨会計機関による資金管理体制

Tradeviewでは、トレーダーの資金は「GC PARTNERS」という会計機関で分別管理されています。

Tradeviewは金融規制法に基づきお客様の口座資金を銀行に信託、自社資本と完全区分し、独立した会計機関であるGC PARTNERSにより分別管理がされております。GC PARTNERSはヘッジファンド、ブローカー・ディーラー、ファンド・オブ・ファンズの資産やCTA・CAPなどの口座に対し財務会計、管理事務を提供しています。

(引用:Tradeview

この通り、第三者機関に資産管理と財務会計などを任せているため、顧客の資金が悪用される可能性は低いといえるでしょう。

⑩世界最大の口コミサイト「FPA(Forex Peace Army)」で高評価

Tradeviewは、世界最大のFX口コミサイト「FPA」で非常に高い評価を受けています

Tradeviewのfpaでの評価出典:FPA

上記画像の通り、FPAでのTradeviewの評価は星4以上です。
FPAでは平均して“星3”あれば十分に優良業者といえる水準のため、4点を超えているTradeviewは高評価の業者と考えていいでしょう。

口コミを見ていると、スプレッドや約定力などの取引スペック面はもちろん、入出金のスムーズさを評価しているものも多く見られました。

世界中のトレーダーから評価されているといっても過言ではないため、業者としての信頼性はかなり高いといえます。

Tradeviewの4つのデメリット・注意点

Tradeviewを利用する前に知っておきたいデメリットや注意点が以下の4つです。

  • ボーナスキャンペーンを実施していない
  • 最低入金額が1,000ドルと高い
  • 最大レバレッジは200倍まで
  • ロスカット水準は証拠金維持率が100%以下

①ボーナスキャンペーンを実施していない

Tradeviewでは、口座開設ボーナスや入金ボーナスといったキャンペーンは実施されていません
完全に自己資金で取引にのぞむことになります。

ボーナスを提供していない分、スプレッドを狭く設定できているのでしょう。

ボーナスキャンペーンで海外FXを試したい方は、XMやGEMFOREXをチェックしてみてください。

口座開設3,000円ボーナス実施。全世界500万人以上が利用↓

口座開設1万円ボーナス実施。スタッフの半数が日本人スタッフ↓

②最低入金額が1,000ドルと高い

tradeviewは最低入金額が1,000ドルと高い

TradeviewのILC口座の最低入金額は、1,000ドル(10万円相当)からとなっています。
他の海外業者が高くても1〜2万円相当からと考えると、高めの設定です。

1回の取引あたりの最小取引単位も1万通貨からに設定されています。
他の海外業者だと1,000通貨から取引できるところがほとんどのため、こちらも高めの設定です。

最低入金額の高さ・最小取引単位の大きさを考えると、海外FX初心者の方は手が出しづらいかもしれません。

③最大レバレッジは200倍まで

Tradeviewの最大レバレッジは200倍となっています。
※初期設定だと最大100倍ですが、口座開設後に申請すれば200倍に変更できます。

他の海外FX業者の最大レバレッジはの平均400〜500倍となっているため、Tradeviewは平均よりも低い水準です。

最大レバレッジ25倍の国内FXと比べると十分なレバレッジですが、海外FXならではのハイレバレッジ取引を希望する方だと物足りなさを感じるかもしれません。

ハイレバレッジ取引のメリット・デメリットもあわせて読む↓

④ロスカット水準は証拠金維持率が100%以下

tradeviewはロスカット水準は証拠金維持率が100%以下

Tradeviewのロスカット水準は証拠金維持率が100%以下となっています。

海外FXのロスカット水準の平均が証拠金維持率が20%以下の時と考えると、厳しい水準といえるのではないでしょうか。
必要証拠金と有効証拠金(口座残高-含み損)が同額になると強制ロスカットされるというわけです。

仮に、必要証拠金10万円・残高10万円でエントリーしたとすると、エントリーした瞬間に強制ロスカットされる可能性は大いにあります。

ロスカット水準が高いため、徹底したリスク管理が必要となります。

まとめ

冒頭で述べた通り、Tradeviewは15年以上運営を続けてきたというのも納得の実力です。

Tradeviewのメリット
  • ケイマン諸島の金融ライセンス(CIMA)を取得
  • 出金拒否に関する口コミなし
  • スプレッドはドル円0.2pipsほどと狭い
  • 安定した強固な約定力でサクサク決済できる
  • NDD方式で透明性の高い取引が可能
  • ゼロカットシステム採用で追証なし
  • 取引プラットフォームはMT5やcTradeも利用できる
  • 入出金方法が豊富。入金手数料は無料
  • 会計機関による資金管理体制
  • 世界最大の口コミサイト「FPA(Forex Peace Army)」で高評価
Tradeviewのデメリット
  • ボーナスキャンペーンを実施していない
  • 最低入金額が1,000ドルと高い
  • 最大レバレッジは200倍まで
  • ロスカット水準は証拠金維持率が100%以下

スプレッドは海外FXの中でもトップクラスに狭く、NDD方式で取引制限はありません。
スキャルピング向きのプラットフォーム「cTrader」が用意され、申し分ないほどのスキャルピング環境が整っています

中上級者のスキャルピングトレーダーは一度利用してみてはどうでしょうか。

【画像あり】Tradeviewの口座開設方法・必要書類も詳しく見る↓

Tradeviewの基本情報

【会社情報】

詳細
所在地 Grand Cayman, KY1-1002;103 S Church Street. Harbour Place, 4th floor, Cayman Islands
ライセンス ケイマン諸島の金融ライセンス
(登録番号:585163)
サービス開始 2004年
資産管理 分別管理
日本語対応 公式サイトは日本語化
サポート
  • ライブチャット
  • メール
※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。