XMの口座開設方法4ステップ!必要書類と書類提出のやり方まで解説

スマホから簡単開設。XMの口座開設手順と必要書類

今回は海外FXの中でも人気の高い「XM」の口座開設方法を画像付きで解説していきます。
※画像は日本語訳ソフトをかけたものを使用しています。

XMは審査なしのため口座開設の所要時間は5分ほどでしょう。
スマートフォンからでもPCからでも、簡単に口座をつくれます。

またXMでは《3,000円の口座開設ボーナス》を実施しているため、このページを参考にしながら口座を開設して、ボーナスで海外FXを試してみてください。

\今なら口座開設で3,000円ボーナス/

(ライセンス取得済み・全世界350万口座突破)

↓XMのボーナス内容や信頼性といった特徴は下記ページで解説しています。

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

XMの口座開設の手順。画像付きで解説

まずは以下のリンクからXMの口座開設フォームへ移動してください。

→XMの新規口座開設フォームはこちら

①リアル口座の登録2分の1を埋める

登録フォームに移動したら、各項目を埋めていきます。

はじめの段階では、日本語での入力はエラーになってしまうので注意してください。
記述項目はすべて、半角アルファベットで入力します。

xm口座開設時の基本情報出典:XM

個人情報を入力したら、次は取引口座詳細でプラットフォームと口座タイプを選択してください。

xm口座開設時の口座選択出典:XM

MT4とMT5どっち?取引プラットフォームの選び方

XMのプラットフォームは、以下の基準で選ぶのがおすすめです。

  • 裁量取引メイン⇒MT5
  • 自動売買(EA)メイン⇒MT4

MT5は、MT4の正統な後継プラットフォームです。

動作スピードはMT4より向上しているためチャート分析がしやすく、気配値・ナビゲーターウィンドウがMT4より使いやすくなっているといった進化を遂げています。

MT4ほどEAやインジケーターは充実していませんが、裁量取引がメインならMT5のほうが扱いやすいでしょう。

一方で、MT4の最大の強みはEAとインジケーターの豊富さといえます。
EA・インジケーターを駆使したシステムトレードメインのトレーダーなら、MT4が適しています。

XMの口座タイプの選び方

XMの口座は、「スタンダード口座」または「マイクロ口座」がおすすめです。

スタンダード口座は、XMの口座タイプの中でバランスの良いスペックの口座です。

  • 最大レバレッジ888倍×追証なし
  • 新規口座開設ボーナスや100%入金ボーナスに対応
  • 500円から入金可能

このように初心者から上級者まで満足できるスペックではないでしょうか。

マイクロ口座は、スタンダード口座とスペックはほとんど同じですが、1ロットあたり1,000通貨と小ロットなのが大きな違いです。
ですが、注文数のハードルが低いため初心者向けの口座といえます。

海外FX初心者は「マイクロ口座」より本格的な取引をしたいトレーダーは「スタンダード口座」という選び方がいいでしょう。

「Zero口座」は、スプレッド特化型のECN口座です。
XMの口座の中でもスプレッドが狭いですが、他業者のほうがスペックが高い上に、新規口座開設ボーナスや入金ボーナスが対象外となってしまいます。

はじめてXMで口座開設する場合はあまりおすすめできません。

後から口座を追加して乗り換えられるため、まずはスタンダード口座やマイクロ口座を選び、スプレッドが気になるようなら「Zero口座」を追加するといいでしょう。

②リアル口座の登録2分の2を埋める

xm口座開設時の個人情報入力画面出典:XM

次に生年月日、所在地などを詳しく記入していきます。

xm口座開設時の住所入力画面出典:XM

住所は、提出予定の本人確認書類に記載されている住所と同じものを記入してください。
後で提出する必要書類と違う住所を入力すると、口座を有効化できません。

次に取引口座の詳細設定を選択していきます。

xm口座開設時の口座情報入力画面出典:XM

レバレッジは口座開設後に変更できるので、現在希望のレバレッジ倍率を選択しておいて問題ありません。

口座ボーナスの選択項目は、忘れずに「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」を選択しておきましょう。
「いいえ、ボーナスの受け取りを希望しません。」を選択すると、ボーナスが適用されなくなってしまいます。

xm口座開設時の投資家情報入力画面出典:XM

基本的には該当するステータスを選ぶだけですが、「投資額」の選択だけは気をつけてください。
投資額を20,000ドル以上にすると最大レバレッジが200倍にまで制限されてしまうからです。

200倍以上のレバレッジで取引したい場合は、〈0〜20,000〉を選択しましょう。

xm口座開設時のパスワード設定画面出典:XM

パスワードは、小文字・大文字・数字の3種類を使わなければならないので注意してください。
ここで設定したパスワードは、どこかにメモして控えておくといいでしょう。

パスワードの入力・チェックボックスにチェックを入れたら緑ボタンをクリックして、以下の画面が表示されれば仮開設完了です。

xmの仮登録完了画面出典:XM

③登録メールアドレス宛に届く専用メールをチェック

登録したメールアドレス宛に、XMからメールが届くので確認しましょう。

このメールは即時で届くため、もし受信フォルダに見当たらなければ迷惑メールフォルダを確認してください。
それでも見当たらない場合はメールアドレスが間違っている可能性が高いため、もう一度最初から登録し直しましょう。

メールが届いていたら、「Eメールアドレスをご確認下さい。」をクリックします。

このリンクは、24時間限定のリンクなので必ず24時間以内にクリックしましょう
24時間を超えてしまった場合は最初から登録し直しとなります。

xmの登録完了画面出典:XM

リンクをクリックすると、上記画面に移動してMT4またはMT5のログインIDが表示されます。

④再度メールボックスをチェックしてサーバー情報を確認

再度メールボックスを確認すると、XMから先ほど表示されたMT4・MT5のログインIDと、ログインするMT4・MT5のサーバー情報が記載されたメールが届いていると思います。

そのメールにある「会員ページへログインしよう」をクリックしてください。

リンク先で〈ID情報、サーバー情報、登録したパスワード〉を入力して、MT4・MT5やマイページへログインできれば口座開設は完了です。

【必要書類一覧】本人確認書類などはスマホ撮影で提出可能

XMのマイページにログインしたら、「こちらより口座を有効化する」をクリックして、必要書類のアップロード画面に移動します。
※XMの口座有効化に必要な書類は、サイト上に書類画像をアップロードして提出します。

提出に必要な書類が以下の2つです。

【身分証明書】

※いずれか一つを提出してください

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 身分証明書

【住所証明書】

  • 過去6ヶ月以内の公共料金の請求書(1点)
    ⇒電気、ガス、水道、電話、石油、インターネット、ケーブルテレビ、銀行口座の明細など

提出する必要書類は、スマートフォンなどで撮影した写真でもかまいません。
各種証明書の《名前、生年月日、現住所》は登録時の内容と同じでなければならないため、撮影前に確認しておきましょう。

また免許証といった書類に住所が記載されていても、書類一点だけの提出は認められていないそうです。
「身分証明書」と「住所確認書類」ごとに書類を用意しましょう。

ただし《運転免許証(身分証明書)+パスポート(住所証明書)》といったように、上記の身分証明書に該当する書類を「住所証明書」として提出することは可能です。

必要書類を専用ページよりアップロードできたら、口座が有効化されて取引をはじめられます。

「本人確認書類の提出なしで試したい」という方は、デモ口座でXMを体験↓

XMの口座開設の流れは以上です。

口座開設だけなら5分ほどで完了し、本人確認などの書類もスマートフォンで撮影してオンライン上で提出できます
海外のFXブローカーですが、口座開設はスムーズにできるでしょう。

またはじめに触れたように、XMでは現在「口座開設3,000円ボーナス」を実施しています。

今回解説した開設方法を参考に口座をつくり、ボーナスを受け取って海外FXを試してください。

\今なら口座開設で3,000円ボーナス/

(ライセンス取得済み・全世界350万口座突破)