XMのZero(ゼロ)口座は手数料が高い?スプレッド・ボーナスについて解説

ドル円0.1pipsと低スプレッド。XMZero口座のメリット・デメリット

XMの口座タイプの中でも、特にスプレッドが狭いのがXM Zero口座(ゼロ口座)です。

XMの他の口座と比べて、ドル円だと1.5pipsものスプレッド差があります
※XM Zero口座はドル円0.1pips、スタンダード口座ではドル円1.6pipsです。

今回は、そんなXM Zero口座のスプレッドがどのくらい低いのか、他の口座とどう違うのかについて解説していきます。

ボーナス対応や最低入金額にデメリットもあるため、口座開設を検討している方は参考にしてください。

今回のポイント
  • XM Zero口座のスプレッドはドル円で平均0.1pips
    ※取引手数料抜き
  • 1ロットごとに往復1.0pipsの取引手数料が発生する
  • 最低入金額は5ドルから
  • 口座開設3,000円ボーナスは対象だが、入金ボーナスは対象外
  • CFD商品や株式指数は取引できない

\今なら口座開設で3,000円ボーナス/

(ライセンス取得済み・全世界500万人以上が利用)

本サービスで配信する情報は、外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、証券やその他金融商品の売買の推奨や引受けを勧誘する目的としたものではありません。 本サービスは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したものではありません。

また、本サービスは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。海外移住者向けに作成しております。

本サービスに掲載された情報ついては充分な注意を払っておりますが、正確性または完全性を保証するものではなく、また掲載した資料を使用した場合に生じた損失については、その損失が特定の法律や規制のもとで生じたものでない限り、いかなる結果について一切の責任を負いかねます。

XM Zero口座と他の口座タイプとの違い

XM Zero口座と、その他の口座のスペックを比較したものがこちらです。

スタンダード口座 マイクロ口座 XM Zero口座
最大レバレッジ 888倍 500倍
ボーナス ・口座開設3,000円ボーナス
・100%+20%入金ボーナス
・XMロイヤルティプログラム
・口座開設3,000円ボーナス
平均スプレッド
(ドル円)
1.6pips 0.1pips
取引手数料 無料 往復1.0pips/ロット
1ロットの大きさ 10万通貨 1,000通貨 10万通貨
最小取引通貨量 1,000通貨
(0.01ロット)
10通貨
(0.01ロット)
1,000通貨
(0.01ロット)
最大取引枚数 50ロット 100ロット 50ロット
取扱商品 ・FX通貨ペア:57種類
・貴金属:4種類
・CFD商品:8種類
・エネルギー:5種類
・株式指数:14種類
・FX通貨ペア:57種類
・貴金属:2種類
最低入金額 5ドル(500円相当)

XM Zero口座の大きな特徴の1つが、スプレッド(取引コスト)の狭さです。

スタンダード口座とマイクロ口座がドル円平均で1.6pipsなのに対し、XM Zero口座はドル円平均0.1pipsで取引手数料を加えても1.1pipsしかかかりません。

一方で、一部のボーナスに対応していない点や、最低入金額が1万円からという点はデメリットといえます。

短期売買で取引コストを抑えたい方資金に余裕のあるFX経験者の方に、XM Zero口座は向いているといえるでしょう。

XMの口座タイプ3種類の違いを詳しく知りたい方はこちら↓

XM Zero口座の4つのメリット

XM Zero口座(ゼロ口座)を利用するメリットが次の4つです。

  • 平均スプレッドが狭い
  • 取引手数料は必要経費として計上できる
  • 口座開設3,000円ボーナスが無料で提供
  • 最低入金額が5ドル(500円相当)から

メリット①:平均スプレッドが狭い【一覧比較】

XM Zero口座のメリットの1つがスプレッドの狭さです。

XM Zero口座のメジャー通貨ペアの平均スプレッド一覧

通貨ペア 平均スプレッド
EUR/USD 0.1pips
USD/JPY 0.1pips
GBP/USD 1.1pips
USD/CHF 0.5pips
USD/CAD 0.6pips
AUD/USD 0.4pips
NZD/USD 0.8pips

XM Zero口座と他社とのスプレッド比較

通貨ペア XM
XM Zero口座
Titan FX
(Zeroブレード口座)
AXIORY
(ナノスプレッド口座)
HotForex
(ゼロスプレッド口座)
USD/JPY 0.1pips 0.33pips 0.5pips 0.1pips
EUR/JPY 0.4pips 0.74pips 0.7pips 0.8pips
GBP/JPY 1.2pips 1.45pips 1.7pips 1.4pips
AUD/JPY 1.2pips 1.12pips 0.9pips 1.0pips
EUR/USD 0.1pips 0.2pips 0.5pips 0.1pips
GBP/USD 0.3pips 0.57pips 0.5pips 0.4pips
AUD/USD 0.4pips 0.52pips 0.6pips 0.8pips

XM Zero口座は、ドル円で平均0.1pipsと低スプレッドになっています。
国内FXと並ぶほどスプレッドが狭いと見て取れます。

XMの口座タイプ別・銘柄ごとのスプレッド一覧比較もあわせて読む↓

〈往復1.0pips/ロット〉の取引手数料が発生する

XM Zero口座では、スプレッドとは別に取引手数料が発生します

取引手数料は、1ロット(10万通貨)の片道取引につき5ドルです。
pipsに換算すると〈5ドル÷10万通貨=0.5pips相当〉になるため、注文と決済で1ロットにつき往復1.0pipsの取引手数料が発生することになります。

取引手数料
XM
XM Zero口座
往復1.0pips/ロット
Titan FX
(Zeroブレード口座)
往復0.7pips/ロット
AXIORY
(ナノスプレッド口座)
往復0.6pips/ロット
HotForex
(ゼロスプレッド口座)
往復0.8pips/ロット

上記の表の通り、XM Zero口座の取引手数料は他社の低スプレッド口座よりも高いといえます。
スプレッドが狭いにもかかわらず、取引手数料が高いのは惜しいポイントではないでしょうか。

また、取引手数料が差し引かれるタイミングはプラットフォームによって異なります。

  • MT4
    取引の新規注文時に注文分と決済分の手数料がまとめて口座から差し引かれる
  • MT5
    新規注文時と決済注文時ごとに手数料が口座から差し引かれる

XM Zero口座の実質のスプレッドは、《スプレッド+往復の取引手数料》になると覚えておきましょう。

メリット②:取引手数料は必要経費として計上可能

前述で触れたXM Zero口座の取引手数料は、確定申告に際に必要経費として計上することができると考えられます。

XM Zero口座の取引手数料は損益から差し引かれるのではなく、口座から差し引かれる仕組みだからです。

考え方として、取引手数料が利益や損失とは別に計算されている証券会社や口座の場合には、必要経費として利益や損失から差し引くことができます。

(引用:日本FX会計株式会社「FX税金の確定申告でスプレッドや手数料は経費になる?税理士が解説」

このように、損益から取引手数料が差し引かれない場合は、取引手数料も必要経費として計上できるとのことです。

ただし、スプレッドは経費として計上することはできません

XMの口座タイプの中で、XM Zero口座だけが取引手数料を経費にできるのはメリットの1つです。
スタンダード口座やマイクロ口座はスプレッドに手数料が含まれているため、取引手数料を経費にできないからです。

FX収入の節税対策としてもXM Zero口座は効果的といえるでしょう。

確定申告で取引手数料を経費に計上するなら、手続きの前に年間取引報告書をMT4またはMT5よりダウンロードしておきましょう。

メリット③:口座開設3,000円ボーナスが無料で提供

XM Zero口座では、新規口座開設で口座開設3,000円ボーナスが無料で提供されます。

口座開設ボーナスとは、新規で口座を開設して本人確認書類を提出することで付与されるボーナスのことです。
口座を有効化するとボーナスが反映されているため、自分の資金を使うことなくXMを試すことができます

低スプレッドの口座タイプは「ボーナスなし」のものが多いため、新規開設するだけでボーナスが付与されるのは大きなメリットでしょう。

XM Zero口座が気になっている方は、まずは口座開設ボーナスで試してはどうでしょうか。

XMのボーナス最新情報、ボーナス消滅条件を詳しく見る↓

メリット④:最低入金額が5ドル(500円相当)から

XM Zero口座の最低入金額は5ドル(500円相当)からとなっています。
海外FX初心者の方でも、少額から取引することが可能です。

XM Zero口座の最低入金額は以前までは100ドル(1万円相当)でしたが、現在は5ドル(500円相当)となっています。

\今なら口座開設で3,000円ボーナス/

(ライセンス取得済み・全世界500万人以上が利用)

XM Zero口座の3つのデメリット

低スプレッドが魅力のXM Zero口座ですが、次のようなデメリットもあります。

  • 入金ボーナスなどには対応していない
  • 最大レバレッジが500倍に制限される
  • FX通貨ペアと貴金属以外の取引商品に対応していない

デメリット①:入金ボーナスに対応していない

口座開設ボーナスはXM Zero口座でも適用されますが、次のボーナスキャンペーンは対象外となっています。

  • 100%入金ボーナス+20%入金ボーナス
  • XMTradingロイヤルティプログラム

スタンダード口座とマイクロ口座では、最大50万円のボーナスを受け取ることができる入金ボーナスが用意されています。
しかし、XM Zero口座は入金ボーナス対象外のため、ボーナスをつかって証拠金を増やすことはできません。

また、取引するごとにポイントが貯まるXMTradingロイヤルティプログラムも対象外です。
(貯まったポイントはボーナスに交換可能です)

こういった点から、XM Zero口座は自己資金に余裕がありボーナスを重視していないトレーダー向けの口座といえるでしょう。

デメリット②:最大レバレッジが500倍に制限される

XMのスタンダード口座とマイクロ口座の最大レバレッジが888倍なのに対して、XM Zero口座の最大レバレッジは500倍となっています。

500倍以上のハイレバレッジ取引をしたい方にとっては物足りないかもしれません。

ですが、国内FX業者と比べると十分なレバレッジといえるでしょう。

デメリット③:FX通貨ペアと貴金属以外の取引商品に対応していない

XM Zero口座は、56種類のFX通貨ペアと貴金属しか取引することができません

XMのスタンダード口座とマイクロ口座では、コモディティ(CFD商品)や株式指数、エネルギーといった取引商品が揃っています。

XM Zero口座は、スタンダード口座・マイクロ口座よりも取引商品が少ないのは惜しいポイントといえるでしょう。

CFD商品や株式指数などで取引したい方は、スタンダード口座かマイクロ口座を検討する必要があります。

XMでは最大8口座まで追加開設できるため、FX通貨ペア以外を取引するための口座を別でつくるのもいいでしょう。

XM Zero口座の取引商品一覧

【FX通貨ペア56種類】

  • AUD/CAD
  • AUD/CHF
  • AUD/JPY
  • AUD/NZD
  • AUD/USD
  • CAD/CHF
  • CAD/JPY
  • CHF/JPY
  • CHF/SGD
  • EUR/AUD
  • EUR/CAD
  • EUR/CHF
  • EUR/DKK
  • EUR/GBP
  • EUR/HKD
  • EUR/HUF
  • EUR/JPY
  • EUR/NOK
  • EUR/NZD
  • EUR/PLN
  • EUR/RUB
  • EUR/SEK
  • EUR/SGD
  • EUR/TRY
  • EUR/USD
  • EUR/ZAR
  • GBP/AUD
  • GBP/CAD
  • GBP/CHF
  • GBP/DKK
  • GBP/JPY
  • GBP/NOK
  • GBP/NZD
  • GBP/SEK
  • GBP/SGD
  • GBP/USD
  • NZD/CAD
  • NZD/CHF
  • NZD/JPY
  • NZD/SGD
  • NZD/USD
  • SGD/JPY
  • USD/CAD
  • USD/CHF
  • USD/DKK
  • USD/HKD
  • USD/HU
  • USD/JPY
  • USD/MXN
  • USD/NOK
  • USD/PLN
  • USD/RUB
  • USD/SEK
  • USD/SGD
  • USD/TRY
  • USD/ZAR

【貴金属】

  • GOLD
  • SILVER

XM Zero口座に関する口コミ・評判

【良い口コミ】スプレッドの狭さが高評価

XM Zero口座の利用者からは、やはりスプレッドの狭さに対する評判が良かったです。
「取引手数料が別途発生するが、それでもスプレッドは狭いためメリットは大きい」という声もあります。

また、スプレッドが変動しやすいタイミングでも大きく広がらなかったというのもポイントでしょう。

このような口コミから、XM Zero口座はスプレッドの狭さとその安定性に関して評判が良いと見て取れます。

【悪い口コミ】取引手数料の高さが目につく

XM Zero口座の悪い口コミでは、取引手数料の高さに関する声が多かったです。
往復1.0pips/ロットと他社よりも高いため、他社と比べるとどうしても取引手数料の高さが目立ってしまうのでしょう。

前述の良い口コミでは「取引手数料を加味してもスプレッドの狭さはメリット」とあったため、合計取引コストで考えるとコストが高すぎることはないという見方もできるかもしれません。
(ドル円の場合で、合計取引コストは1.1pipsです)

スプレッドと取引手数料のバランスを確かめるためにも、口座開設3,000円ボーナスで一度お試ししてはどうでしょうか。

\今なら口座開設で3,000円ボーナス/

(ライセンス取得済み・全世界500万人以上が利用)

XM Zero口座が向いている人

ここまで解説してきたメリット・デメリットから、XM Zero口座は次のような人に向いていると考えられます。

  • スキャルピングがしたい人
  • ボーナスよりも取引コストの安さを重視する人
  • 少額から低スプレッドの環境で取引を始めたい人

XM Zero口座の平均スプレッドはドル円で0.1pipsなのに対し、XMのスタンダード口座やマイクロ口座はドル円で1.6pipsとなっています。
XMでスキャルピングをするならXM Zero口座一択といえるでしょう。

口座開設ボーナスしか適用されませんが、その分スプレッドが狭いため低コスト重視の人にも向いています。

また、XM Zero口座は低スプレッド口座では珍しく最低入金額が5ドル(500円相当)からとなっています。

入金額を調整しやすいため、少額から取引を始めたい方も利用しやすくなっています。

まとめ

XM Zero口座は、XMの中でもスプレッドの低い口座です。

ドル円で平均0.1pips(取引手数料抜き)と海外FXの中でもトップクラスに低スプレッドのため、取引コストを抑えて取引できます。

スタンダード口座 マイクロ口座 XM Zero口座
最大レバレッジ 888倍 500倍
ボーナス ・口座開設3,000円ボーナス
・100%+20%入金ボーナス
・XMロイヤルティプログラム
・口座開設3,000円ボーナス
平均スプレッド
(ドル円)
1.6pips 0.1pips
取引手数料 無料 往復1.0pips/ロット
1ロットの大きさ 10万通貨 1,000通貨 10万通貨
最小取引通貨量 1,000通貨
(0.01ロット)
10通貨
(0.01ロット)
1,000通貨
(0.01ロット)
最大取引枚数 50ロット 100ロット 50ロット
取扱商品 ・FX通貨ペア:57種類
・貴金属:4種類
・CFD商品:8種類
・エネルギー:5種類
・株式指数:14種類
・FX通貨ペア:56種類
・貴金属:2種類
最低入金額 5ドル(500円相当)

レバレッジが最大500倍までや最低入金額が1万円というデメリットもありますが、短期売買には向いている口座といえます。

口座開設3,000円ボーナスは受け取ることができるため、まずはボーナスで試すのもいいでしょう。

\今なら口座開設で3,000円ボーナス/

(ライセンス取得済み・全世界500万人以上が利用)

【画像あり】XMの口座開設の流れ・必要書類を見る↓